ヴァルプルガの詩 感想【ネタバレON/OFF有】

乙女ゲーム

こんにちは、もちです!
いつも遊びに来て下さりありがとうございます。

今日は「ヴァルプルガの詩 」の感想を、作品紹介 → 個別ルート感想 → 個人的レビュー → 総評 → まとめの順に感想を書いていきたいと思います。

・ネタバレを含む部分は、「続きを読む」ボタンでワンクッション置かせて頂きます。

本日もよろしくお願い致します。

スポンサーリンク

作品紹介

ヴァルプルガの詩とは?

3Daisyさんより2015年に発売された女性向け恋愛ゲームです。
元々はPCで発売されましたが、後に追加要素を加えてVitaに移植されました。

中欧や北欧で行われる祭り「ヴァルプルギスの夜」をモチーフとして、吸血鬼や人狼といった人ならざる者達との恋愛を描かれており、人外好きさんにはたまらない作品です。

かくいう私も、人外×人ものの物語が大好きで、隙あらば好みのお話がないかなーと検索をかけてしまう程だったりします(重症

ちなみに3Daisyさんというメーカー名を拝見して「絶対階級学園」と同じメーカーさんだ!と勘違いしていたのですが、3Daisyさんという名前はDaisy2さんの作品である三国恋戦記のスズケンさんとトムさんが本作のメインスタッフという事で出てきたものだそうで、Daisy2さんとは無関係なのだと知り驚きました。
に、似ていますよね…/(^o^)\

ストーリー概要

塞ノ山を含む三山に囲まれた街、塞ノ市。
4月の半ば、新学期に少し遅れて、主人公のクラスに転校生がやってきた。
その時から──少女の平穏な暮らしは一変する。

迷い込んだ洋館で襲ってきた、美しい人外のモノ。
「最後のチャンスをやろう。俺の伴侶となるか、今この場で喰われるか、どちらか選べ」

彼女を救ったのは、人狼一族の双子の兄弟。
「アレに喰われるかオレ達に守られるか、どっちか選べ。それだけでいい」
「ちゃんと自覚しなよ。君はもう、境界線に踏み込んだんだ」

徐々に見えはじめる、優しい兄が抱えていた秘密。
「ヴァルプルギスナハト……。
中欧や北欧で4月30日に行われてる春と冬の境の祭りだよ。
死者と生者の境が弱まる夜と言われてる。
……そう、今夜だ」

明かされる謎と、戦いの果て──

引用元:https://www.prot.co.jp/psv/walpurga/index.html

Check

塞ノ市という平和な町に住む主人公の詩生は、迷い込んだ洋館で謎の青年と出会って以降、命を狙われるようになります。
詩生や町を守ろうとする人狼一族の双子や、兄と共に謎の青年と戦う術を探す内に彼らの事を知ったり、町に関する様々な謎も明らかになっていく…というお話です。

レビューをチェック

ヒロイン紹介

主人公:泉 詩生(主人公/名前変更可能)

私立坂上学園高等学校に通う高校2年生。前向きな性格。犬が苦手。自宅の家事一切を引き受けるしっかり者。趣味・特技:料理、おかし作り。

引用元: https://www.prot.co.jp/psv/walpurga/index.html

攻略キャラクターとおすすめ攻略順

攻略キャラクターは全部で4人。
特に縛りはありませんが、お話の盛り上がり的にはトラ→リュウ→蘇芳→謎の青年の順をおすすめします。

 

謎の青年CV:柿原 徹也さん
泉 蘇芳CV:平川 大輔さん
トラ/大神 虎丸CV:小野 友樹さん
リュウ/大神 龍丸CV:小野 賢章さん

 

個別ルート感想 (ネタバレON/OFFボタンあり)

トラ/リュウ CV:小野 友樹さん/小野 賢章さん

    

続きを読む

2人は昔から町を守っている人狼一族の長の名代です。

トラは一族の中でも強い力を持っていてやや直情的な性格ですが、お前は俺が守ってやる!といった感じで頼りになります。

リュウは戦う力はありませんが癒しの力があり冷静な性格。ひねくれておりことあるごとにトラと自分を比較して卑屈な発言をしたりしますが、本当は誰かに認めて欲しいと思っていました。

大筋の流れは同じで間のエピソードがそれぞれでちょこちょこ違う感じの内容でした。

詩生が小さい頃に狼姿の2人と出会って友達になっていましたが、トラが人間の姿を見せたため詩生は記憶を消されてしまっています。彼女が忘れてからも初めての友達として気にかけてくれていました。

正反対な2人ですが、それぞれに詩生を守ろうとしているのが伝わり良かったです。

ちなみにどちらか一方と仲良くしていながら最後にもう一方を選ぶと、仲良くしていた方が病んでバッドエンドになります。中途半端は良くないということですね( ;∀;)

リュウのエンディングが恐らく全エンド中1番平和で好きでした!あの「かまって」は反則ですよね…!(=´∀`)
トラのエンディングムービーは、恥ずかしさから少し笑ってしまいました(オイ

泉 蘇芳 CV:平川 大輔さん

続きを読む

詩生の兄ですが血の繋がりはありません。
正直妹のことを「姫」と呼ぶのが無理だと最初は思っていました(ごめんなさい
が、お話の方は正直1番面白かったです!

CV平川さんの穏やかに話しているのにどこか後ろ暗いヤンデレ感が恐くて素敵でした\(^o^)/(笑
闇のドロドロした感じなど、動くスチルが1番上手く使われていたように思います。

後半衝撃的な展開の後、詩生を軟禁しつつ狼達を根絶やしにしようとしていることが判明した時は、この展開はどうやって解決するんだろう…とハラハラしましたが、詩生の血を飲んだことであっさり力が無くなったのには( ゚д゚)となりました。

エンディングでは平和に暮らせるようになったものの、狼達の犠牲を考えるとこの町で暮らしていていいんだろうか…と思ってしまいました。

謎の青年 CV:柿原 徹也さん

続きを読む

本作は謎の青年のための作品といっても過言ではないと思います。

最初こそ行き違いがあり詩生の命を狙いますが、基本的にはどストレートに彼女一筋な様子が健気でした。

しかし謎の青年顔色悪すぎ!本人の√ではジークさんと並ぶと顔色悪い人達だなと何か笑ってしまいました。

彼は人間的な感情が理解できないので絶妙に詩生との会話が噛み合いません。が、逆にその少しずれた会話が良かったです。

言動は基本的に傲慢ですが、人間のことを理解しようとしてジークさん聞いてみたりするのが可愛すぎました。

お話としては青年がいると町に禍が発生してしまうので、各地を転々としながら一緒に居られる方法を探す事になるのですが、詩生の家族や友達を捨てられないし、青年の事も諦められないという悩みに結論は出ませんでしたね。

エンディングでは詳しくは語られませんが、詩生が失うことの辛さを知り、他の全てを捨てても志賀君を選んだのだと解釈する事にしました(笑

ストーリー内で気になった点(超ネタバレ)

続きを読む

残った謎の中で気になったのは、
・謎の青年の身体は蘇芳のお父さんの物だったと思うのですが見た目が違うのは何故?
・半分隠世に近付くと美味しい存在になるのは何故?という2点でした。

半分隠世…については、どちらの世界からも異物とみなされるから狙われるとかそういう話はありましたね。

お父さんの身体については青年パワーで変わったとしか(オイ
上記2点については、どこかで語られていたのに私が読み飛ばしているだけだったら申し訳ないですε-(´∀`; )
謎に関しては全員のルートで少しずつ新しい事実が出てくるのが面白いなと思いました。

個人的レビュー

ヴァルプルガの詩の好きなところ

システム面がかなり快適!

システム面は安定のプロトタイプ神ということで、選択肢スキップ有り・既読スキップのスピード変更もできたりと大変遊びやすかったです。

演出面が凝っている!

一部のスチルが動く演出は凝っていてすごいなと思いました。

糖度が高い!

糖度は高いを通り越してもはやエロいです。CEROは仕事するべき(オイ
よく規制されなかったなと思うレベルでした\(^o^)/

ヴァルプルガの詩に物申したいところ

お話が盛り上がりに欠ける

雰囲気はとても好きなのですが、正直に言いますとシナリオがあまり面白いと感じませんでした…ごめんなさい(爆

特に盛り上がりのないまま解決した‥?(´・ω・`)という感じで終わっていくのがどうも気になりました。

総評

ストーリー  : 3.5 out of 5 stars (3.5 / 5)
グラフィック : 3.8 out of 5 stars (3.8 / 5)
音楽     : 4 out of 5 stars (4 / 5)

システム   : 4 out of 5 stars (4 / 5)
ボリューム  : 4 out of 5 stars (4 / 5)

総合評価   : 3.8 out of 5 stars (3.8 / 5)

少し物足りなさを感じたストーリーでしたが、クリア後に解放されるサブストーリーで所々補完されている上、サブキャラほぼ全員分あるのが豪華だなと思いました!
特にジークさんのお話は本編で語られなかった彼の目的も分かり良かったです。

あとEDテーマは4人それぞれ同じメロディで別アレンジがされていて凝っているなと思いました。

プレイ時間は1ルート2〜3時間程でしょうか。共通部分が長いので2周目以降は割とサクッと終わると思います。

まとめ

最後に

ざっくりした感想ですが以上となります。

正直お勧めできるか?と聞かれたらうーん…といった感じですが、人外との恋愛をテーマにした作品が大好きなので、こういった作品がもっと増えてくれれば嬉しく思いますヽ(´▽`)/

本日もお付き合い下さりありがとうございました!

番外編:人外好きな方におすすめの作品

漫画編

・ストレンジ・ドラゴン 著者:石原ケイコさん
お姫様と龍という組み合わせにピンと来たら!(何
ほのぼのとしてお互いを大切に思っている2人の雰囲気がとても・・良いです。尊い。

・蜜夜婚 著者:大海とむさん

大弓の付喪神の白銀様と主人公との恋愛を描いた作品。大人向け。
落ち着いていて賢い主人公がとても良い子です。幸せになって頂きたい。

乙女ゲーム編

・幻奏喫茶アンシャンテ

不思議な喫茶店を舞台に人外達が繰り広げるファンタジーラブストーリー。
ハートフルなお話かと思いきや大分シリアスです。ここ最近のイチオシ作品。

↓ランキングに参加しているのでよろしければポチッと応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村
ゆるっとTwitterに生息しているので、お声がけ頂けると飛んで喜びます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました