ライザのアトリエ ~常闇の女王と秘密の隠れ家~ 感想プレイ日記1【ネタバレON/OFF有】

    こんにちは、モッチです!

    今日から『ライザのアトリエ』のプレイ日記を書いて行きたいと思います。

    基本的にはストーリー感想 → システムについての感想やツッコミの順で、ネタバレを含む部分は、「続きを読む」ボタンでワンクッション置かせて頂きます。

    宜しければお付き合い頂ければ幸いです。

    目次

    ライザのアトリエとは?

    簡単な作品紹介

    『ライザのアトリエ』は2019年9月26日にコーエーテクモゲームズさん(開発はガストさん)から発売された、アトリエシリーズの最新作です。

    機種はPS4・Switchの2種類で、後々PC版も販売されるそうです。

    ストーリーとしては、冒険に憧れるごく普通の女の子ライザが、錬金術との出会いをきっかけに、夢に向かって踏み出していくという内容になっています。

    尚、今作は恋愛要素なしと制作側から名言されています。(正確には恋愛要素はないけれど、多少甘酸っぱいものはあるかも…?とのこと)

    続いてはパーティメンバーの紹介です(*´ω`)

    キャラクター紹介

    ライザリン・シュタウト CV:のぐち ゆりさん

    平凡で特徴がないのが特徴の少女。
    奔放で男の子っぽいところもあり、正義感が強く、自分が正しいと思ったことは簡単には曲げない。
    ある「出会い」によって、“いつもの毎日”に変化が訪れる――

    引用元: https://www.gamecity.ne.jp/atelier/ryza/

    レント・マルスリンク CV:寺島 拓篤さん

    常識人の豪腕戦士
    ライザとタオの幼なじみ。とある事情で村では冷遇されており、いつか大きな手柄を立てて、村人を見返したいと思っている。

    調子がよい若者に見えがちだが、友情に厚く、お人好し。常識人としての感覚も持っており、破天荒なライザの行動を止めることもしばしば。

    引用元: https://www.gamecity.ne.jp/atelier/ryza/

    タオ・モンガルテン CV:近藤 唯さん

    いじめられっ子な本の虫
    ライザとレントの幼なじみ。家の地下書庫にあった難解な古書をつねに持ち歩き、独自の解読作業を続けている。そのため村人からは変わり者として扱われている。

    小心者で人付き合いも苦手だが、友達を見捨てるようなことはしない。また、執念にも似た知的好奇心があり、常人離れした集中力を持つ。

    引用元: https://www.gamecity.ne.jp/atelier/ryza/

    クラウディア・バレンツ CV:大和田 仁美さん

    村にやってきた、新しい友達
    ライザの住む村にやってきた商家のお嬢様。行商を営む父親と一緒に旅をしているため、親しい友達を作る機会に恵まれなかった。
    おっとりとした性格だが、引けない一線を秘めており、意外に度胸も据わっている。

    引用元: https://www.gamecity.ne.jp/atelier/ryza/

    アンペル・フォルマー CV:野島 裕史さん

    心身に傷を負った、流浪の錬金術士
    ラーゼンボーデン村を訪れた、流浪の錬金術士。
    遺跡に対して並々ならぬ探求心を持ち、村に住居を借りて日々調査を行っている。

    若い外見に反して不思議な貫禄があり、所作も大人びている。
    過去に起きたある事件により、高度な錬金術を扱えなくなっている。

    引用元: https://www.gamecity.ne.jp/atelier/ryza/

    リラ・ディザイアス CV:照井 春佳さん

    アンペルとともにラーゼンボーデン村を訪れた、流浪の女戦士。
    ミステリアスな外見と高い戦闘力を持ち、ライザたちに実践的な戦い方を教えてくれる。

    冷静沈着で、性格にも口調にも飾り気がなくぶっきらぼう。 ある目的のために、アンペルとクーケン島内の遺跡を調査しているようだが――?

    引用元: https://www.gamecity.ne.jp/atelier/ryza/

    割と早い段階で全員登場するので親しみが持ちやすいというか、程よくキャラクター達の背景が気になる作りになっていました(*´ω`)

    ストーリー感想【ネタバレON/OFF有】

    続きを読む

    普通の島で普通に暮らす普通の女の子ライザ。
    全てが普通の彼女は外の世界に憧れ、日常を打ち砕くべく幼馴染達と計画を練っていました。

    その日は外部から訪れる商人を見るため、対岸の島へ渡ることになります。

    ライザ達はイタズラ常習犯の問題児。『家族や街の護人に見つかると叱られる!』ということで、こっそり秘密の船を使い島を抜け出します。

    こうして初めての小さな冒険に乗り出すのでした(*´ω`)

    鉄砲玉娘と巻き込まれ幼馴染2人といった感じでしたねw
    1番小さいのに常識人なタオが1番苦労していそうです。

    森には魔物も出るのでチュートリアル戦闘をこなしながら進んでいきます。

    森の中ほどに差し掛かった頃、女の子の悲鳴が聞こえます。
    どうやらモンスターに襲われていた模様。

    無事助け出し送り届ける途中、今度は強い魔物に襲われます。

    かわいいのに強い…!
    いわゆる負け確定イベントですねε-(´∀`; )

    あわや全滅か?という危ないところを助けてくれたのは謎の2人組。

    アンペルと呼ばれた男性が使ったのは初歩的な錬金術でした。

    初めて見る錬金術にすっかり心奪われた様子のライザ。

    船着場には女の子(クラウディア)を探しに来た商人や護人が到着しており、こってり叱られますw

    アンペル達はクラウディアの父親でもある商人に、捜索を頼まれて追ってきていたんですね。

    街の偉い人。この作品に登場するおじ様は基本的に悪そうな顔をしています(失礼
    孤島の街では資源が限られるので、水を持っている家が偉いとのこと。

    ライザ達を目の敵にする露骨に嫌な奴等も出てきました。

    綺麗な街ですが、住む環境としてはあまり良くなさそう(

    身の程知らずの恥さらしと噂されて落ち込むライザですが、アンペルとリラが街に家を借りたと聞き、錬金術の話を聞こうとすぐに立ち直ります。

     

    アンペルとリラの住む家を、3人はそれぞれの目的を持って訪れました。

    タオは読めない言語で書かれた本の読み方を教えてもらうために、レントは戦う術を教わるために、そしてライザは錬金術を教えてもらうために。

    しかしいきなり3人から頼まれても困ってしまいますよねw

    アンペル達は何かを調査するために島を訪れているのですが、タオが持っていた本に何か思うところがあったようで、「ここは当たりかもしれん」と呟きつつ、協力してくれます。

    但しライザの錬金術だけは素質が必要ということで、まずは簡単な調合を試すことになるのでした。

    森で採取採取。

    そしてライザには錬金術の素質があったようで無事成功!

    アンペルが師匠になるのかな?と思いきや、腕を痛めていて高度な調合はできないとのこと。

    色々助言はしてくれますが、基本的にはライザが本を読んでレシピを学び、自身で腕を鍛えていくことになります。

    どうもアンペルは錬金術士の力を求めているようで、ライザが錬金術を使えれば自身も助かる、といった言葉の意味が気になりますね。

    さてここからは幼馴染3人がそれぞれ目標を持って活動していくことになります。

    ライザは手始めにアンペルから貰ったレシピを制覇していくことに。

    錬金釜どうしよう…という話になりますが、そう都合良く大きな鍋なんてないですよね…(´・ω・`)鍋…

    んんん!!?
    これにしよーっ!と軽いノリで部屋から発掘された鍋?ですが、いやいやどう見ても錬金釜だよ!なんでそんな都合良く家にあるんでしょうねw

    実はライザの先祖に錬金術師が居た、とかだと面白いですね。

    ***

    イラストの第一印象から、アンペルやリラはどちらかというと敵ポジションなのかな?と思っていたので、まさかの師匠的ポジションになったことに驚きでした。

    夢見る普通の若者達が、次第に実力を身につけていく・・という流れがワクワクして良いなと思いました(*´ω`)

    システム面感想

    戦闘システムが独特

    今作の戦闘システムは少々独特です。

    戦闘画面左側のバーにあるキャラクターのマークが1番下まで来ると行動可能。

    行動順が回ってくると、攻撃やアイテムやスキルなど行動を選べるのですが、従来シリーズとは違いリアルタイムバトル式で、行動選択中も敵は待ってはくれません。

    とにかくスピーディに進むのは嬉しいですが、若干焦りますね・゚・(ノ∀`)・゚・

    コマンド入力できるのは操作キャラクター1人だけですが、L・Rボタンで切替可能。
    操作していない仲間は自動で行動してくれるので、アクションRPGのような爽快感がありました。

    調合システムも独特

    調合システムも一新されました。

    材料を選んで調合していくのは従来作と同じですが、より視覚化されたというか、マス目に沿ってアイテムを投入していき、指定の個数入れると調合が可能になります。

    まだ試していないのですが、指定個数を超えても入れることができるようなので、品質や特性にこだわることもできるかな?と思います。

    よく分からない場合は「お任せ材料投入」でパパッと調合してしまえばOKです(適当だな

    気になった点

    フィールドの移動がやや面倒

    ライザのアトリエに戻る時は-ボタンから一発で戻れるのでとても楽。

    ですが移動する時は各所にある掲示板から、行き先を選ぶ必要があるので、従来シリーズのようにどこに居てもできるようにして欲しかったなと思います。

    これに関しては物語が進めば便利機能が解放されると信じて・・(`・ω・´)

    まとめ

    ということでライザのアトリエ第1回プレイ日記でした。

    調合やバトルについては進んでいくうちに解放される機能もあると思うので、まだ評価が難しいところですが、しばらく感想を続けられれば良いなと思います。


    ↑採取のために斧を振り回すライザちゃん。何とも健康的です。

    本日もお付き合い下さりありがとうございました!

    あわせて読みたい
    ライザのアトリエ ~常闇の女王と秘密の隠れ家~ 感想プレイ日記2【ネタバレON/OFF有】 こんにちは、モッチです! 今日は『ライザのアトリエ』プレイ日記、第2回を書いていきたいと思います。 プレイ時間は現在6時間ほど、今回もストーリー感想 → システムに...

    ↓ランキングに参加しているのでよろしければポチッと応援よろしくお願いします!
    にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
    にほんブログ村
    ゆるっとTwitterに生息しているので、お声がけ頂けると飛んで喜びます。
    よかったらシェアしてね!
    • URLをコピーしました!
    • URLをコピーしました!

    コメント

    コメントする

    目次