ルーンファクトリー4スペシャル プレイ日記1【ネタバレON/OFF有】

ルーンファクトリー4スペシャル

こんにちは、もちです!

今日から『ルーンファクトリー4スペシャル』のプレイ日記を書いていきたいと思います。

のんびりペースになりますがどうぞよろしくお願いします!(*´ω`)

さてこの『ルーンファクトリー4』ですが、実は以前発売された3DS版をプレイ済みです。

ですが、程よく内容を忘れていることと、結婚したキャラクターとのラブなイベントが追加されているとのことで、購入を決めました。

スポンサーリンク

ルーンファクトリー4スペシャルとは?

3DS版からの追加要素

2012年にニンテンドー3DSで発売されたアクションRPGです。

追加要素を加えて2019年7月25日に、Nintendo Switchに移植されました。

具体的な追加要素については以下の通りです。

  1. キャラクターの結婚後を掘り下げる「しんこんモード」を追加
  2. 新難易度「ヘル」を追加
  3. 声優陣によるボイスコメントを追加
  4. 新ムービーを追加 等々・・・

簡単な作品紹介

お話の方は、 とある事情から記憶喪失となった主人公が、一国の姫(王子)となって、町の発展に尽力するといったストーリーです。(主人公の性別は選択可能)

ちなみに「ルーンファクトリーシリーズ」の最新作にあたりますが、過去作と内容は繋がっていないので、本作からプレイしても全く問題ありません。

一応、過去作のキャラが町の住人として登場するので、ニヤリとできる要素はあります。


行商人的に登場するトゥーナちゃんは、前作の嫁候補です(*´ω`)

どんな風に進めるの?

大筋のストーリーに沿って話を進めていきますが、その中でできることが非常に多い作品です。

・畑でのんびり作物を育てるも良し、
・モンスターを仲間にして育てるも良し、
・町の住民と交流して好みのキャラクターと結婚するも良し、
・ひたすらダンジョンに潜っても良し 等々、とにかく盛り沢山です(笑

それゆえに、最初の内は何をやっていいのか戸惑われる方も多いかもしれませんね(´・ω・`)

基本的に「いつまでに何をする」といった期限などは無いので、のんびりプレイされると良いかなと思います。

嫁候補・婿候補紹介

花嫁候補

マーガレット(CV:悠木 碧さん)

音楽大好きエルフのお姉さん。 個人的に女の子の中では1番気になってる子。

コハク (CV:佐藤 聡美さん)

天真爛漫な女の子。ちょっと電波

フォルテ (CV:小林 沙苗さん)

頼りになる騎士のお姉さん。甘いものが好き、幽霊が苦手というギャップがかわいい。

ドルチェ (CV:竹達 彩奈さん)

ゴシックドレスが似合うクールな女の子。余談ですが3DS版の旦那の嫁はこの子でした。かわいい。

シャオパイ (CV:金元 寿子さん)

旅館で働く元気な看板娘。独特な喋り方。

クローリカ (CV:生天目 仁美さん)

いつも眠そうな執事見習い。眠りながら仕事をこなせる天才。

花婿候補

ビシュナル (CV:浪川 大輔さん)

真面目な執事見習い。女主人公だと毎朝起こしに来てくれる。

ディラス (CV:杉田 智和さん)

クールな青年。釣りが上手く彼がいると釣り大会で優勝できない点に注意(爆

アーサー (CV:鈴木 達央さん)

王子様。何か目的があって町にやってきた模様。

キール (CV:下野 紘さん)

フォルテの妹。野菜に主人公の名前を付けて育てていた記憶(!?

ダグ (CV:増田 俊樹さん)

町の雑貨屋で暮らす少年。言葉に時々カタカナが混ざる。

レオン (CV:鳥海 浩輔さん)

ひょうひょうとした元神官の青年。

初対面時はムービー演出あり

男女共に6名ずつ。素晴らしき豪華キャストですね!

嫁候補・婿候補とは最初に会話する際、ムービー演出が入ります。

ちなみに3DS版でプレイした時の婿さんはディラスを選びました。

今回はダグかアーサーにしようかなと思っています。

ストーリー感想

続きを読む
飛空挺に乗り、神様が住むという『セルフィアの町』を目指す主人公。
ドラゴンに何かを届けるために急いでいるようです。


しかしその何かを狙った賊が、飛空挺乗り込んでいた模様。

攻撃を受けて「何か」は散り散りに。
おまけに主人公は記憶喪失になってしまいます。

そのまま船から落とされ、落ちた先はなんと竜の頭の上。

セルザウィード(以降セルザ)は、主人公が目指していたセルフィアの町の長でした。

当然な、何者!?となるのですが、記憶喪失のため何も答えられない主人公。

しかし元々「姫」がこの町に来る予定になっていたようで、主人公はその「姫」では?という話でまとまります。

混乱する主人公ですが、親切な住民達の計らいで、まずは記憶を取り戻すために町で生活することに。

でも本当の「姫」はアーサーという名前だそうで、明らかに主人公ではないですよね…w

働かざるもの食うべからず!ということで、姫でありながら畑の世話を任されます。

セルザの話では、主人公には大地やモンスターと対話できる「アースマイト」の資質があるとのことでした。

***

セルザと話しているところに、本物の王子であるアーサーさんが登場。

やっぱり姫じゃないじゃん!とワチャワチャしていたところ、事情を聞いたアーサーさんから「王子としての仕事を代わってもらえないか?」と提案されます。

一国の王子なのに無責任では…!?と思いましたが、アーサーさんは何かどうしてもやりたいことがある模様。

トンデモ展開ですが了承し、姫として生活していくことになりました。

国を大きくするために「オーダー」を出し、町を発展させていきます。

ちなみにオーダーを出すには依頼や仕事をこなして手に入る、姫ポイントが必要です。

ここからは割と自由に行動してOKなので、ストーリーを追いつつ畑仕事やクエストをこなして姫ポイントを貯める→オーダーという流れになるかなと思います。

町を出て近くの森へ行くと、モンスター出現。

蝶型のボスを倒すと何と女の子になりました。

女の子には記憶が無く、とりあえず町の住民として迎え入れられることになりました。

それから何日か経つと、今度は謎の声が聴こえるという水の遺跡の調査を頼まれます。

推奨レベルが10と高めなので、少しレベル上げしておくと良いでしょう。

私は亀のモンスターを仲間にして、相棒よろしく駆け抜けました(笑

主人公のピンチにダグが駆けつけてくれますが、何かを探している様子、「アイツに肩入れするな」等意味深な発言から、何かある感じがプンプンします。

ともあれ、遺跡のボスを倒すと今度は男の人になります。

やはり彼も記憶喪失で、セルザは何か知っているようですが、話してはくれません。
セルザが弱っている様子なのも、気にかかりますね。

ともあれ、青年ディラスも村の一員として生活することになりました。

攻略メモなど

難易度はイージーでサクサクプレイ

難易度はイージー、ノーマル、ハード、ヘルの4種類。

主に敵の強さが異なるのと、イージーでは敵から受けるダメージがノーマルの半分になります。

難易度を上げると敵から得られる経験値が増えますが、病院で治療した際の治療費が多くかかるようになります。

私は今回追加要素が目当てなので、サクサク進めるよう「イージー」でプレイしています。

というのもノーマルでプレイしていた、3DS版のボスで死にまくった記憶があるんですよね・・(笑

最初に設定できますが、自室の地下にあるトロフィーからいつでも変更可能なので、自分のプレイスタイルに合った難易度を選ぶと良いでしょう。

タネのレベル上げ

収穫できる状態の作物を鎌で刈り取ると、作物は入手できない代わりにタネを入手できます。

何の意味があるの?と思われるかもしれませんが、タネのレベルに注目。

実は作物レベルが上がるんですね。

こうやって刈り取る→レベルの上がったタネを植える→刈り取るを繰り返して、タネのレベルを上げて質の高い作物を作ることができます。

作物のレベルが上がると、売値が増える・その作物を使って作った料理のレベルも上がる・野菜大会などで高得点を得られる等々、色々良いことがあります。

ちなみにレベルの上がったタネを出荷することで、町のショップで売られるタネも同じレベルになるので、量産は簡単です。

注意点

注意点としては、鎌の品質により上昇するLvに上限が設定されていることです。

ボロの鎌:Lv3、草刈り鎌:Lv4、上物の鎌:Lv6、業物の鎌:Lv8、名工の鎌:Lv10

あとは鎌で刈り取ってもレベルが必ず上がる訳では無いという点に注意。

種が鎌の上限レベルに達していなかったとしても、畑の状態が悪いと鎌で刈り取っても作物と同じレベルの種しか出ません。

畑に枯れ草を置いてからクワで耕したり、「ぐんぐんグリーン」を使うと畑の健康度が回復するのでお試し下さい。

まとめ

サクサク動いて快適

ということで、 第1回プレイ日記でした!

久しぶりなので新鮮な気持ちで楽しめています(*´ω`)

プレイしていて思うのは、アクションがサクサクで良いなーという点です。

ダンジョンの奥深くにいても、エスケープという魔法で一瞬で自室に戻れるのが快適です。

たまに暴発して戻されますが・・(笑

良い意味で色々雑

あとは良い意味で雑といいますか・・

鍛冶屋で『鍛冶台』下さい!とお願いしたところ、『おう、持ってけ!』と超大きな鍛冶台をそのままポーンと渡されるのに吹いてしまいましたw

それをそのまま担いで自室に戻る主人公のシュールさよ・・

そんな適当具合がとても良いかなと思いました。

という謎の感動と共に、本日の感想はここまでです。

お付き合い下さりありがとうございました!(*´ω`)

↓ランキングに参加しているのでよろしければポチッと応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村
ゆるっとTwitterに生息しているので、お声がけ頂けると飛んで喜びます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました