白と黒のアリス 感想 ※辛口注意【ネタバレON/OFF有】

    いつも遊びに来て下さりありがとうございます!もちです。

    今日は『白と黒のアリス』(通称:ろろアリ)の感想を書いて行きたいと思います。

    本作の特徴は何といっても主人公が2人存在する、「ダブルヒロインシステム」を採用している点です。

    選んだ主人公により攻略キャラも変化するので、様々な展開を楽しめますよ(*´ω`)

    目次

    白と黒のアリスとは?

    「ハートの国のアリス」とは無関係

    『白と黒のアリス』は2017年にオトメイトさんから発売された、女性向け恋愛ゲームです。

    モッチ

    QuinRoseさんの「ハートの国のアリス」シリーズとは、物語や世界観的には全く関係ありませんが、制作には元QuinRoseのスタッフさんが一部関わっています。

    ただしハトアリシリーズと同じく主題歌をヒサノさんが担当されていたり、コミカライズを藤丸さんが担当されていることから、何となく繋がりを連想してしまうというもの。

    今思えばオトメイトさんのサブブランドとして復活する「QuinRose reborn」の伏線は、この時から貼られていたのかもしれませんね。

    銃弾は飛び交わないけれど、理不尽は飛び交うダークファンタジーといった内容でした(どんなだ

    ストーリー概要

    「不思議の国のアリス」をモチーフにした本作は、選んだ主人公によって攻略対象が変わり、それぞれの主人公の視点で物語が展開していく。
    決して交わることのない「白の世界」と「黒の世界」。ふたつの世界に隠された秘密とは――?
    そして、交換されたふたりの少女の運命は――?

    引用元: http://www.otomate.jp/bw_alice/

    ヒロイン紹介

    白サイド主人公:愛日梨

    普通の女子高生として平和に暮らしていたある日、黒ウサギのレインによって黒の世界へと連れ去られる。

    攻略対象はレイン、ミネット、ネロの3人。

    白く霞む、曇り空――白の世界。
    平穏な日々を送っていた高校2年生の主人公・「愛日梨(あいり)」は、ある雨の日の放課後、一人の青年と出会う。
    傘もささずに佇むその青年は、愛日梨に「迎えに来た」と告げ、不審に思い逃げ出した彼女を捕まえてしまう。
    ふと気づくと、愛日梨は見知らぬ風景の中にいた。
    先程の青年は「黒うさぎのレイン」と名乗り、こう告げる。
    「アリス、お前はこれからこの世界の女王になるんだ」、と――。

    黒サイド主人公:ルナ

    黒の世界の女王でしたが、力の暴走を機に女王の座を下ろされ、白の世界へ避難させられてしまう。

    攻略対象はスノウ、ジャック、カノンの3人

    澄み渡る青空――黒の世界。
    もうひとりの主人公・「ルナ」が女王として治めるこの国で、突如クーデターが起きた。
    状況を重く見た側近・黒うさぎのレインと白うさぎのスノウは、「女王を白の世界へ避難させ、新たな女王候補を連れてくる」計画を実行する。
    こうしてルナは白の世界へ連れ出され、愛日梨は黒の世界へ連れてこられた。
    交換された二人の少女、そして二つの世界に隠された秘密とは――。

    個人的レビュー

    白と黒のアリスの良いところ

    ファンタジーな世界観が好きな方におすすめ

    「不思議の国のアリス」をモチーフにしている本作。

    画面背景にトランプがあしらわれていたり、ちょっとした細かい部分まで「アリスらしさ」を感じられる点が、良かったです。

    白と黒のアリスの悪いところ

    主人公により内容に差がある

    主人公が2人いるというのが特徴の本作ですが、残念ながら内容的には平等じゃなかった・・具体的に片方はすごく大切にされているのに、もう片方はそこまででもなかったように思います。

    正直ダブル主人公でこれはダメでしょう(´・ω・`)と思ってしまいましたね。

    攻略キャラクターとおすすめ攻略順

    スノウは真相を含む内容なので、最後を推奨します。

    あとは割と好みですが、若干白サイドの内容がしんどいので、白と黒を交互にプレイされることをおすすめします。私は白サイドを3人連続でクリアしてしまい、若干メンタルを削られました(爆

    個人的におすすめの順は以下の通りです。

    ミネット → ジャック or カノン → ネロ → ジャック or カノン → レイン → スノウ

    ミネットCV:木村 良平さん
    ジャックCV:興津 和幸さん
    ネロCV:下野 紘さん
    カノンCV:花江 夏樹さん
    レインCV:梅原 裕一郎さん
    スノウCV:増田 俊樹さん

    白サイド:個別ルート感想(ネタバレあり)

    私の攻略順は、まず白サイドの3人を終えてから黒サイドの3人に行きました。

    初回のミネット√を終えての感想はとても面白い!だったのですが、なかなかハードな展開が続き、白の世界3人を終えた後には「1人くらい心温まる展開にできなかったのかな・・?」と思ってしまいました。

    辛口な感想になりますのでろろアリ愛してる!という方は回れ右した方がいいかもしれません/(^o^)\

    追記からざっくりとプレイ感想を書いていきたいと思います。

    ネタバレを含みますのでご注意下さいませ。

    ミネット(CV:木村 良平さん)

    レイン(CV:梅原 裕一郎さん)

    ネロ(CV:下野 紘さん)

    白サイドまとめ

    黒サイド:個別ルート感想(ネタバレあり)

    白サイドの感想がアレで申し訳なかったのですが、黒サイドには優しさや萌えが詰まっていて大変面白かったです。

    感想は攻略順にジャック→カノン→スノウの順番です。

    アリスの力が暴走して時々凶暴になるルナちゃんは、力が落ち着くまで一時的にとの名目で、白の世界に連れて来られます。

    戸惑いつつも学生生活を送っていたのですが、ある日レインとスノウの話を聞いてしまい、自分の代わりに双子の妹が、黒の世界で女王として生活していることを知ってしまいます。

    居ても立っても居られず、黒の世界に戻ろうとするルナちゃんですが、いま戻っても混乱を招くだけ。

    悩みながらも、スノウから自分達の母親は白の世界出身だったと聞き、せめて母のような立派な学生になることを決めます。

    ジャック(CV:興津 和幸さん)

    カノン(CV:花江 夏樹さん)

    スノウ(CV:増田 俊樹さん)

    まとめ(ネタバレあり)

    物申したいポイント

    最後に

    あれこれ書いてしまいましたが、個人的には何だかんだ楽しめたと思います。

    白サイドは事件>恋愛といった感じでしたが、黒サイドはちゃんと恋愛していて糖度も高めに感じました( ´∀`)

    先日のステラワース福袋にろろありFDが入っていたことから、無印の感想を見直させて頂いたのですが、FDでは事件が解決してラブラブな日常が見られたらなと思います。

    以上、ちょっと辛口感想となってしまいましたが、お付き合い下さりありがとうございました…!

    Switchやスマホアプリのおすすめ乙女ゲームはこちら!

    ↓ランキングに参加しているのでよろしければポチッと応援よろしくお願いします!
    にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
    にほんブログ村
    ゆるっとTwitterに生息しているので、お声がけ頂けると飛んで喜びます。
    よかったらシェアしてね!
    • URLをコピーしました!
    • URLをコピーしました!

    コメント

    コメントする

    目次
    閉じる