プリンス・オブ・ストライド 感想【ネタバレON/OFF有】

乙女ゲーム

こんにちは、もちです!
いつも遊びに来て下さりありがとうございます。大変励みになっております(´∀`*)

今日は『プリンス・オブ・ストライド』のフルコンプ感想を書いていきたいと思います。

この作品は以前、フォロワーさんが楽しそうにプレイされているのを見て、ふらふらっと始めたのですが、爽やかで大変良い青春物語でした。

スポンサーリンク

プリンス・オブ・ストライドとは?

通称:プリスト
架空のスポーツ「ストライド」部のマネージャーとなった主人公が、攻略キャラである選手達をサポートしつつ、優勝目指す乙女ゲームです!

まるで少年漫画を読んでいるような、爽やかな青春スポーツものといった感じで、プレイしていてとても楽しかったです(*´∀`)

ドロドロした要素も一切無く遊びやすいので、初心者さんにもおすすめの作品かなと思います。

ストーリー概要

6人1チームで街を駆け抜けるエクストリームスポーツ――それが「ストライド」。

主人公・桜井奈々はある時、
Webで見つけた方南学園ストライド部の試合動画に魅せられてしまう。

“私もここで、ストライドをやりたい!”

その一心で、方南学園に入学した奈々。
そこで彼女を待っていたのは、同じようにストライドに引き寄せられた
少年たちとの出会いだった。

そして始まる、高校ストライドの東日本大会「エンド・オブ・サマー」。
数々の強力なライバルが、奈々たちの前に立ちふさがる!

走る速さで、結び合う絆で、
方南ストライド部はライバルに打ち勝ち、この夏の頂点に立つことができるのか!?

公式サイトより引用: http://posweb.jp/pos/game/index.html
評価やレビューをチェック

ヒロイン紹介

主人公:桜井 奈々(CV:花澤香菜さん)

動画で見た方南ストライド部の走りに一瞬で引きこまれ、
北海道から単身上京し、方南学園に入学する。素直でがんばり屋。物怖じしない。

公式サイト様より引用: http://posweb.jp/pos/game/index.html

パワフルで頑張り屋さんな主人公ちゃんでした。
何事にも全力でぶつかっていく姿に好感が持てましたし、素朴な可愛さがとても良かったです(´▽`*)

乙女ゲーには珍しくCV付きですがパートボイスです。
むしろフルボイスで聴きたかった・・!!と思ってしまいました(笑

個人的レビュー(ネタバレなし)

まず起動して思ったのがOPが格好いい!でした。
歌われているのは宮野真守さんです(*´∀`)

すごく勝手なイメージでストライドは球技なのかと思っていたら、リレーのような陸上競技だったんですね!バトンの無いリレーのような感じですが、ハイタッチで次のランナーに繋ぐというのが何とも爽やかでした。

サブキャラがめちゃくちゃ多い上に魅力的で一体どういう事なんだ・・と混乱しました(笑

特にエリートライバル校的な西星学園は、すごくフレンドリーで和気藹々と切磋琢磨し合える良い関係だったなーと思います。しかし彼らがアイドル姿で登場した時、申し訳ありませんが最初吹いてしまいましたw(すみません

プリンス・オブ・ストライドの良いところ

ストーリーが面白い!

個別ルートの恋愛はもちろんですが、練習や試合を経て自然と仲間たちの絆が深まっていく、熱い展開がとても良かったです…!

これはもう実際にプレイして体験して頂きたいのですが、共通ルートからすでに胸熱でした(*´ω`)

キャラクターの多さ


見てくださいこのキャラの多さを!


他校のライバルキャラなどとにかくサブキャラが多い!
これまでプレイしてきた作品の中でも1番多いのではと思います(しかも豪華声優陣

攻略させて欲しい・・!と思ってしまうようなキャラも沢山いらっしゃいました。

プリンス・オブ・ストライド の悪いところ

シーンスキップがひと手間必要

1度見たイベントを飛ばすのに使えるシーンスキップは、毎回メニューを開いてから行う必要がある上、「選択→スキップしますか? はい いいえ→スキップしました」と表示されるのがテンポ悪く感じられました。画面フリック等のワンタッチでできれば大分楽だったなぁと思います。

やや金太郎飴

どのルートもストーリーの大筋が同じなので、2週目以降は試合やイベントをスキップしつつ合間の出来事を回収していく感じになります。

作業は楽な方ですが、回を重ねるごとに飛ばせない試合が苦痛に思えてきます…w
面白いのですが若干金太郎飴感ありましたね。

攻略キャラクターとおすすめ攻略順

攻略キャラクターは全部で6人です。

悪いところに書いた通り、どのルートもストーリーの流れが同じであることから、
最初にプレイしたキャラクターが1番楽しめると思います。

そのため、気になっているキャラを最初に攻略することをおすすめします!
以降は自由に攻略して問題ありませんが、内容的に他校の怜治さんは最後がおすすめです。

八神 陸CV:木村良平さん
藤原 尊CV:岡本信彦さん
小日向 穂積CV:小野賢章さん
支倉 ヒースCV:小野大輔さん
久我 恭介CV:諏訪部順一さん
諏訪 怜治CV:宮野真守さん

 

共通ルート感想 (ネタバレあり)


青春王道スポーツ少年漫画的な共通ルートが素敵過ぎたので、今回は共通ルートの感想も書かせて頂きました(´▽`*)笑

続きを読む

動画で見た方南高校のストライドに憧れて、「ストライドがやりたい!」という熱意だけで北海道から東京へとやってきたヒロインの奈々ちゃん。

しかし強豪だったはずの方南高校ストライド部は過去に起きた事件により休部に追い込まれていたのでした…

復活させるには部員があと2人必要!ということで、同じクラスの新入部員の尊君と一緒に勧誘活動を始めます。

ちなみに部長のヒース先輩は入部をお勧めしないようなことを言いつつも、将棋部の門脇先輩を鍛えながらトレーニングをかかさず、いつか部を再開できる時を待っていたのでした。

成り行きで協力してくれた同じクラスの八神君が正式に加入してくれたのと、奈々ちゃんがリレーショナーを担当したことで2人のノルマをクリアし、晴れて新生ストライド部として活動再開できたのでした。

活動再開後、ライバル校達を破り順調に勝ち進みますが、思うように走れない1年生組など色々と問題も発生してきます。

そんな中で札幌遠征での初敗北は印象的でした。

門脇先輩が限界を感じながらも頑張って、私も「うおお…!」となっている所に、あの札幌のピンク学園(怒りのあまり名前忘れた)のクソっぷりに別の意味で「ゔぉぉぉ…!」となりましたよ!!(憤慨

奴ら(特にあの眼鏡)絶対蹴ちらさないと気が済みません:(;゙゚’ω゚’):

しかしこの敗北が大きな転機となります。
自分のせいで門脇先輩が怪我したと落ち込む穂積先輩、自分1人が頑張っても意味なんてないんじゃないかと考える尊君、とバラバラになっていくチーム。

皆の気持ちを理解して繋げようと努力する奈々ちゃんは本当に頑張ったなと思います。

そして満を持して参戦した久我先輩の格好良さは言うまでもありませんでした…!
というのが中盤位までの内容でしょうか・・!

既に激熱。その後も敗北、再起、ライバルとの再戦、父親がラスボス(?)と王道的要素がいっぱいでワクワクしました!

個別ルート感想 (ネタバレあり)

藤原 尊(CV:岡本信彦さん)


続きを読む

ストライド大好きでストライド以外のことは眼中になかった彼が、ストライドを通して色々なことに興味を持ったり、メンバー達との絆を育てて行くお話がとても良かったです。

君にとってストライドは何か?と聞かれて尊君は「全て」と答えるのですが、小さい頃の約束を果たすために方南に来たことや、上記を考えてお話を思い返してみると本当に全てだなぁ・・と感慨深かったです。

椿町の颯田さんのプリンセスちゃん好き好き攻撃に思わず桜井は…俺のです。って言ってしまうところに大変萌えました\(^o^)/
俺たちのリレーショナーです。に言い直していましたが本音が出ているぞ…!

最後の試合でお父さんに思いが通じるシーンは最高に熱かったですし、初回だったのでエンディングムービーの演出に感動してウォー!となりました(キャー!じゃなくてウォーです!熱)

ノーマルエンドで全力で僻む陸君に笑いました\(^o^)/
他人の彼女のおにぎりもいいよなとか門脇先輩変態すぎませんかw

小日向 穂積(CV: 小野賢章さん)


続きを読む

方南高校のギミック担当。
試合でオーダーを選ぶ際、コース説明に「ギミック」とか「トリッキー」とか入っていたら速攻でここだー!と穂積先輩を選択していました(笑

穂積先輩は門脇先輩の怪我から久我先輩加入までの葛藤がしっかり描かれていたのが印象的でした。

普段穏やかな穂積先輩が久我先輩にはキツくあたるのを最初は意外に思ったのですが、ヒース先輩が一人で苦しんでいたのを知っていたからこそ、彼が必要としていた時に戻らず今戻ってきた久我先輩を簡単に許すことができなかった、というのが説得力ありましたね(´・ω・`)

「自分が周りを不幸にする」と考えていた先輩が、妹さんや弟さんや奈々ちゃんとの関わりを経て「自分が幸せでいることで周りを幸せにできる」と気付くお話は心が温まりました。
お父さんの件は切なかったですね・・

穂積先輩と門脇先輩のノリは最初の頃、独特で二人の世界だなーと思っていたのですが、
慣れたり二人の絆の深さを知ってしまったりすると、微笑ましい通り越して愛おしかったです(笑


余談ですが穂積先輩のこの顔がすごく好きです…!(オイ

八神 陸(CV:木村良平さん)


続きを読む

陸君は終始奈々ちゃんのことが好きすぎて可愛かったです!

お兄さんの巴さんは有名なストライドの選手。
奈々ちゃんに助っ人を頼まれたのをきっかけにストライド部に入るものの、過去に兄の優秀さを見続けてきた結果、ストライドに苦手意識があり、正直最初は「失敗した…」と思っていたのだそうです。

しかし始めてみたら楽しくて仕方がなかったという陸君。
奈々ちゃんに感謝すると同時に、「桜井さんのため」と言いながら本当は「自分のため」に走っていたことを詫びます。

「桜井さんのため」と自分に言い聞かせてきたから、この桜井さんへの想いも嘘なのか…?と分からなくなってしまい悩んだりしますが、後半で自然と「君のために走る」と口にできたことが何よりの答えだなと思います。

お兄さんとも和解できよかったですね!
奈々ちゃんが陸君がモテることにモヤモヤしたり、お互い照れ照れしたみたり青春だなーと感じたルートでした( ´∀`)

支倉 ヒース(CV: 小野大輔さん)


続きを読む

潰れそうなストライド部をたったの3人で支えてきた部長。

部員たちを引っ張る立場なので周りに弱音を話すことはありませんが、直球でぶつかってくる奈々ちゃんにはつい色々と話してしまいます。

こいつめー!といった感じで奈々ちゃんの頭をわしゃわしゃしたりポンポンするのがとても良かった。身長差って良いですよね(黙ろう

特に印象に残ったのは椿町との一戦前の会話のシーン。
「自分を颯田(因縁の相手)と走らせて欲しい」とお願いにきたヒース先輩に対し、奈々ちゃんが「勝ちたいならコースに合った選手の配置が必要です、許可できません」と断るシーンでした。

奈々ちゃんは気持ちとしては許可したいだろうな、と思いつつ、皆の勝利を選べたのがうまく言えないのですが格好いいなと思いました。

後はゴールデントリオ時代に巴さんと恭介先輩に感じていた劣等感、足の怪我と部の崩壊に繋がったお話は辛かっただろうな・・とグッときました。
余談ですが髪を下ろした先輩がとても格好良かったです。

久我 恭介(CV:諏訪部順一さん)


続きを読む

普段の言動と、風邪引いて寝込んでいると青空の写真を送ってきてくれる謎のイケメンぶりゆえに若干不思議ちゃん的な印象がある先輩(ごめんなさい

ヒース先輩も言っていましたが先輩ルートの奈々ちゃんは後をついて回るヒヨコみたいで可愛かったです。
というより先輩の独特の感性を理解できるのはきっと奈々ちゃん位だ…w

最初の頃、先輩がチームの皆から微妙に敬遠されているのを気にした奈々ちゃんがヒース先輩にお願いして昼食に誘うも、会話が全く成立しないイベントが面白かったです。

しかし隠れて見ていた皆がずるいですよー!とわいわい騒いでくれたことで、結果的に打ち解け大成功だったのがまた微笑ましい。

過去に起こした暴力事件(巻き込まれただけ)をいいようにマスコミに騒がれて部や仲良くしている西星まで叩かれるの展開には本当に胸糞でした。

花京院戦後の巴さんの言葉の意味をずっと理解できずにいたのですが、先輩がストライド精神の塊のような人で、競争心や優勝したいという気持ちを持てないことを見抜いての言葉だったんだな、と分かる終盤のイベントが印象的でした。

そんな先輩がEOS優勝の夢を語る奈々ちゃんや仲間たちを見て、彼らの願いを叶えるために走ろうと考えるシーンが良かったです。

最後のエンディングの入りの時、始まりのきっかけになった動画が一瞬映ってななちゃんが涙する演出がとても粋でした( ;∀;)

諏訪 怜治(CV:宮野真守さん)


続きを読む

個別ルートに入る直前の告白への返事に「よろしくお願いします!」と返したら速攻でバッドエンドに行って笑いましたw
欲望のままに行動したらいけないんだ…!|←花京院| ┗(^o^ )┓

いつも一生懸命で直球な奈々ちゃんに惹かれる怜治さん。
彼を心配する静馬さんに、「彼の立場を考えるならわきまえろ」と釘を刺されたりもするのですが、長い付き合いから怜治さんが奈々ちゃんへの気持ちや意志を曲げさせることはできないのも分かっていると思うので、諦め半分な感じもします。

他校ということで、メールや撮影の合間に交流を深めるという展開が、方南メンバーとはまた違った展開で面白かったです。
EOSでの方南vs西星戦の際、大切だからこそ全力で戦う…!という展開が本当に熱かったです。

西星戦のBGMはギャラスタの挿入歌なのですがめちゃくちゃ盛り上がるし格好良いですよね!

奈々ちゃんが悩んでいる時や困っている時に、いつも颯爽と助けになってくれるポジションがおいしく、怜治さん本当に格好良いなぁ…と感じたルートでした。

最後のエンディングの入りの演出が気合入っていて素敵すぎました!ずるいのは貴方だ。

しかしアンドロメダと西星が気合を入れる時の掛け声?は毎回吹いてしまいますw
最後までどさんこちゃんなのかなぁと思っていたら、最後の最後で卒業できて良かったね奈々ちゃん(´▽`*)

好きなサブキャラについて

サブキャラが魅力的過ぎたので、ここで少し語らせて下さい・・!笑
個人的に印象にのこったキャラを3名ご紹介します。

続きを読む


まずは三橋高校の鴨田侑さん。 

好きになっちゃったね、のお兄さんです( ´∀`)笑
割とどのルートでも奈々ちゃんの攻略キャラへの恋心を自覚させてきます。

最初はお飾りのリレーショナーとして登場するのですが、方南に敗れたことで弟の慶君だけに頼るのをやめチームの皆と一緒に戦いたいと考えるようになります。
弱点を克服した三橋は良いチームですよね。個人的にその後の活躍がもっと見てみたいチームNo.1でした!


あと門脇先輩は冗談抜きで影のMVPだと思っています。
穂積先輩を気遣ったり、本当は自分もチームの一員として最後まで走りたかったのだと本音を語るシーン等、所々先輩の言葉にぐっと来ました…!
最初お笑い担当だと思っていて本当に申し訳ありませんでした(´;ω;`)


あと一条館高校のリレーショナーの堂園さんは悪い意味で印象に残りましたね。
CV石川界人さんのクズ演技が神がかっていて凄かったです\(^o^)/

一条館はその後が一番大変そうな高校ですが、メンバーが挫折から立ち直ってまた大会に出てきたらすごく良いチームになるんじゃないかな、と。とても今後が気になりました。

方南の今後も他校のチームの今後も気になりすぎて震えが止まりません(オイ
部長穂積先輩&門脇先輩コンビと2年生になった1年ズ、EOS優勝で有名になった方南に入ってくる新1年生達を迎え新たな戦いが始まる…ッて感じで是非続編を作って頂きたいです!

まとめ

クリア後のおまけも豊富

クリア後のおまけとして試合で獲得したポイントを使用してボイスやミニストーリーを買うことができるのですが、こちらもとにかくキャラの数が多く大満足でした。(ミニストーリーは学校ごと、ボイスはサブ含めほぼ全キャラ分あったのではと思います)

花京院の日常風景が皆自由すぎて面白かったです。
巴さんがストライド以外は全体的に鈍いとか言われていて笑ってしまいましたw

挿入歌も良い!

作中の挿入歌やED曲は、西星学園の選手達によりアイドルユニット「ギャラクシー・スタンダード」(通称:ギャラスタ)が歌ってくれます。
非常に盛り上がるタイミングで使われていてとても格好良かったですね(*´∀`)

歌われている声優さん達もお上手な方ばかりで、素晴らしいクオリティでした!

【歌】ギャラクシー・スタンダード
諏訪怜治 (CV.宮野真守)
黛静馬 (CV.平川大輔)
千代松万太郎 (CV.江口拓也)
妹尾匡 (CV.鈴木達央)
黛遊馬 (CV.小野友樹)
奥村楓 (CV.豊永利行)

サントラが出ていればいいな・・と思ったのですが見つけられなかったので、西星学園戦とエンディング曲聴きたさから、クリア後にそっとギャラスタのCDをぽちってしまいました・・笑

最後に

長くなりましたがまだまだ書ききれた気がしません…!
作業は大変でしたがそれを補って余りある良い作品だったなぁと思います。

乙女ゲームというだけでなく、スポーツ漫画が好きな方、熱い友情ものが好きな方、男性でも楽しめるんじゃないかなと思いました。

ちょこっと感想のはずが長々と…申し訳ありません((((;゚Д゚)))))))
本日もお付き合い下さりありがとうございました!!

↓ランキングに参加しているのでよろしければポチッと応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村
ゆるっとTwitterに生息しているので、お声がけ頂けると飛んで喜びます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました