ポケットモンスター ソード・シールド 感想プレイ日記1

ポケットモンスター シールド

こんにちは、もちです!

楽しみにしていたポケモン最新作が11/15に発売されました!
私は早速シールドの方を開始致しました。

今日から何回かに分けてプレイ日記を書いて行きたいと思います。

いつも設定している「ネタバレON/OFF」についてですが、ポケモンに関してはあまり伏せられる内容が無いため、今回は無しで行きたいと思います。

ポケモンの進化後の姿などもがっつり登場しますので、自力で見たいよーという方は閲覧にご注意頂ければ幸いです。

それでは、本日も宜しくお願いいたします!

スポンサーリンク

ポケットモンスター ソード・シールドとは?

簡単な作品紹介

『ポケットモンスター ソード・シールド 』は2019年11月15日に株式会社ポケモンから発売された、ポケモンシリーズの最新作です。

機種はSwitchのみでの発売で、Switch Liteにも対応しています。

ポケモンシリーズの8作目にあたりますが、作品ごとに話のつながりは無いので、本作からプレイしても全く問題ありません。

主人公について

主人公の性別は男・女選択でき、見た目も街の美容院・洋服店などで自由に変えられます。

毎回、見た目を自由に飾るのが密かな楽しみだったりするので、今作もお着替え要素があって嬉しかったです(*´ω`)

とりあえず女主人公ちゃん。めちゃくちゃ可愛いです!
美容院で髪型を変えたものの、初期髪型(ボブ)が好きすぎて速攻戻しました(無駄遣い

第一回プレイ日記・感想

今回のストーリーとしては、主人公が旅立ち、各地のポケモンジムを巡ってチャンピオンを目指すという毎作恒例の流れとなっています。

メニューを開けば次の行き先も表示されるので、特に難しいことはなくサクサク進めていけると思います(`・ω・´)

 

さてさて今回最初にポケモンをくれるのは、何とポケモンリーグチャンピオンである「ダンデ」さん。

OPで挑戦者と見事な戦いを繰り広げた有名人といきなり対面!?と驚きましたが、幼馴染であるホップ君のお兄さんだったんですね。

チャンピオンからじきじきにポケモンを託して頂けるとは光栄すぎます。

ほのおタイプのヒバニー・くさタイプのサルノリ・みずタイプのメッソンの中から、好きな1体を選べるのですが、私はほのおタイプの「ヒバニー」にしました。

ヒバニーは戦闘中絶えずピョンピョンしているのが最初若干気になりましたが(笑)、慣れるとまあ愛らしいです・・w

余談ですがポケモンセンターナゴヤでの事前調査でも、ヒバニーが1番人気だったような気がします(*´ω`)

 

ある程度プレイして感動したのは、フィールドの綺麗さとシステムの快適さでした。

グラフィックの美しさはSwitchの次世代機パワーで納得でしたが、個人的に特に良いなと思ったシステム面でのポイントは以下3点でした。

① ポケモンセンターにいなくても自由にパーティ編成が可能(ボックスにアクセスできる)
② 戦闘に参加していない手持ちポケモンにも経験値が入る(がくしゅうそうち廃止?)
③ マップから好きな場所へ移動できる(ひでんわざ不要)

③についてはサンムーン辺りからだったかな?と思いますが、過去作では「なみのり」「そらをとぶ」等のひでんわざを覚えさせるために、パーティ編成を四苦八苦していたので、廃止されてパーティ編成が自由かつ快適になったのはGoodでしたね(*´ω`)

  

脱線しましたが、話はストーリーに戻ります。

各地のジムに挑む(ジムチャレンジというイベントらしい)ためには、誰かしらの推薦状が必要とのことですが、ホップ君とのガッツ溢れるバトルを見せたことで、ダンデさんから推薦してもらえることになります。

まずはジムチャレンジの開会式が開かれるという「エンジンシティ」を目指すことになりました。

エンジンシティは蒸気機関がクルクル回っているような少し近代的な街ですが、道程には「ワイルドエリア」という広大な大自然が広がっています。

ワイルドエリアは幾つかの地域に分かれており、それぞれ生息するポケモンも異なるということで、歩き回るだけでワクワクしました!正直歩き回るだけで数時間費やせそうな沼を感じました。

しかしながら普通にレベルの高いポケモンや、進化系がうろうろしており、探索は割と命がけです\(^o^)/

実は今作では、自分のゲームの進行度に対して、相手ポケモンのレベルが高すぎる場合は、モンスターボールを投げることができない仕様となっているため、いきなり強いポケモンを捕まえて無双するなどといったことはできません。

ジムバッジを入手するごとに捕まえられるポケモンのレベルが緩和されていくので、この時点ではある程度満喫したら物語を進めることをおすすめします。

エンジンシティに着いた翌日、これからジムに挑むトレーナー達のために開会式が開かれます。

各地のジムリーダー達もほぼ勢ぞろいしテンションが上がります。

ガラル地方ではジムに挑むのも一大イベントなのだなぁと少し感動しました。

エンジンシティを出た後は、最初のジムのある「ターフタウン」目指して旅立ちます。

気になるジムリーダー「ヤロー」さんは草タイプのポケモン使いなので、最初にヒバニーを選んでいれば恐らく楽勝だと思います。

逆にみずタイプのメッソンを選んでいた場合は不利なので、ひこうタイプのココガラや他のほのおタイプポケモンを育てておく必要がありそうですね。

余談ですが、ジムバトルの戦闘BGMが格好良くてめちゃくちゃテンション上がりました!
冒頭のガチャガチャした感じが好きだ・・!

そういえばターフタウン手前の4番道路の草むらで、野生のイーブイが出現しました。

昨晩はわらわら出てきてくれた割に今朝試したら全く出現せず、出現率は低めなのかな?と思いますが、お探しの方は粘ってみると良いかもしれません。

 

さて2つ目のジムは5番道路を抜けた先にある「バウタウン」にて、みずタイプのジムリーダー「ルリナ」さんと対決します。

私はハスボーが進化したハスブレロに頑張ってもらい無事突破。
見た目はちょっとアレですが頼りになりますハスブレロ先輩(失礼

その後は第二鉱山を抜け、再びエンジンシティに戻り、ほのおタイプのジムに挑むことになります。

私のパーティでは現在、ほのおタイプに対して有利に戦えるポケモンがいない(ハスブレロはくさ&みずのため受けるダメージが等倍)ため、できる限りレベルを上げて挑むことを決意(´・ω・`)

レベル上げはワイルドエリア「巨人の帽子」辺りに出現するマッスグマがなかなか良い感じでした。

ガラル地方のマッスグマはノーマル・あくタイプなのか、とにかく格闘タイプの技が良く効くんですよね(*´ω`)

進化したヒバニーの「にどげり」1発で倒せて、経験値600~400程度もらえるのでウマウマでした。

今後変更はあると思いますが、ひとまず現在のパーティはこんな感じです。
ほのおジム戦どうなることやらですが、頑張ってきます(`・ω・´)

まとめ

ということで、第1回感想日記でした。

ポケモンが大きくなって戦う「キョダイマックス」については、正直必要なのか・・といった印象ですが、とりあえず巨大化したイーブイはもふもふで可愛いです(笑

引き続き楽しんで進められたらと思います。

本日もお付き合い下さりありがとうございました!

第2回はこちら
↓ランキングに参加しているのでよろしければポチッと応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村
ゆるっとTwitterに生息しているので、お声がけ頂けると飛んで喜びます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました