ピオフィオーレの晩鐘 -ricordo-(Switch版) 感想【ネタバレON/OFF有】

ピオフィオーレの晩鐘 -ricordo-

こんにちは、もちです。
いつも遊びに来て下さり本当にありがとうございます!

今日は、『ピオフィオーレの晩鐘 -ricordo-』の感想を書いていきたいと思います。

本編の感想はVita版の方で書かせて頂きましたので、今回はSwitch版の追加要素についてのみ書きたいと思います。

どうぞよろしくお願い致します。

Vita版の感想はこちら
スポンサーリンク

ピオフィオーレの晩鐘 Switch版の追加要素

Switch版の追加要素は以下の通りです。

  1. 本編BESTエンドのその後を描いたストーリーを追加
  2. 本編BADエンドのその後を【攻略キャラクター視点】で描いたSSを追加
  3. 本編大団円エンドのその後を描いたSSを追加
  4. 15枚以上の新規イベントCGを追加

割と盛り沢山なので、今からプレイ予定の方でSwitchをお持ちの場合は、Switch版を全力でおすすめします。

作品概要

ストーリー紹介

時は、20世紀初頭。
舞台は、第一次世界大戦直後の南イタリア『ブルローネ』。

この街を支配するのは、ブルローネ・マフィアと呼ばれる3つの組織。

ブルローネで静かに暮らす主人公『リリアーナ』は、
とある事件をきっかけにいずれかの組織へと身を寄せることとなる。

なぜ彼女が狙われるのか。
なぜ彼女は求められるのか。

期せずして鍵を握る存在となった『リリアーナ』は非日常へと巻き込まれていく――。

引用元: https://www.otomate.jp/piofiore/add/
オープニングムービー

ヒロイン紹介

主人公:リリアーナ・アドルナート(名前と愛称変更可)

物心ついた頃から、教会で暮らしている。
とある事件をきっかけに、ブルローネマフィアに関わることになる。自身の家族のことや、生い立ちについての一切を知らない。

引用元: https://www.otomate.jp/piofiore/add/

追加エピソード感想(ネタバレON/OFF有り)

3種類の追加エピソードの内、特にBADエンド後のエピソードを楽しみにしておりました・・!
BESTエンド後もBADエンド後も5分程度の短いエピソードでしたが、内容が詰まっており面白かったです。

ダンテ・ファルツォーネ(CV:石川 界人さん)

続きを読む

・本編BESTエンド後
本編終了後、更に愛情表現が直球になったダンテにタジタジなリリィ。

しかしダンテが忙しくなり思うように会えなくなってしまい、寂しい日々。
ダンテもリリィに会いたい…と思ってるんですよね(´・ω・)

そんな中、寂しさから「ダンテに甘やかしてもらえないとダメになってしまった」なんて言われたらドーン!ですよね(何だ
幸せ爆発な2人が可愛かったです

・本編BADエンド後
ニコラが亡くなり、リリィがダンテをかばって意識不明になった後のお話。
カポとして強く生きねば、と思いつつも失った2人のことが頭から離れないダンテ。

自分のせいで2人を失った後悔に押しつぶされて心はボロボロですが、ファルツォーネを守るためにカポとしての仕事をこなしていました。

リリィが目覚めるかもしれないという僅かな希望にかける日々。

ふとリリィと初めて出会った時のことを思い出します。
この流れなのに、6歳のダンテがリリィの笑顔に見惚れるスチルが可愛らしくオオッとなりました。

今思えばその時から彼女を好きだったのだろうと思い返すダンテは、リリィを失うことには耐えられないのだと嘆きます(´・ω・`)

心を許した2人がいないダンテが弱音を吐けるのは、眠るリリィの前だけというのが何とも切ない話でした。

ニコラ・フランチェスカ(CV:木村 良平さん)

続きを読む
・本編BESTエンド後
本編終了後、仕事が忙しくてあまり時間がとれないニコラ。

久々にデートができる週末、リリィからの要望は「ニコラが普段行くようなところで普通のデートがしたい」でした。

好きなお店を人に教えないタイプのニコラが、リリィをお気に入りのお店に連れて行ってくれたり、街ゆく女の子達からの黄色い声援に対し見せつけるようなキスを披露する辺り、リリィ愛されてるなぁと特別感を感じました(*´∀`)

・本編BADエンド後
鳥籠のようにリリィを囲い込んで甘やかすニコラ。

ダンテの死から、大切な人を失うことを極度に恐れる彼は、リリィの「日中一緒に過ごす子(猫とか)が欲しい」という願いや、協会に帰りたいという提案も危険だからと拒否します。

ほぼ部屋の中だけで過ごす日々で、リリィはニコラに依存していますがまだ正気。というより全てを受け入れている様子。

自分がリリィの全てであることを嬉しいと思いつつ、悲しいとも思うニコラ。歪んだ関係ですね。

数日後、約束通り部屋の外に出してくれるものの、屋敷の者は皆休暇で不在でした。
2人でラブラブしながらも恥じらいを見せるリリィを見て、「まだ足りない」と感じる二コラ。

少しずつ壊れていくリリィを見て苦しいけれど、自分から離れられなくなることに安堵する。
もっともっと壊して自分なしではいられないようにしよう、というヤンデレ大爆発なニコラさんでした。

失わないためにでろでろにリリィを壊そうとしているけれど、以前のリリィを知っているから壊したくないという気持ちもありそうな。複雑なニコラの心境が垣間見えるお話でした。
糖度が半端なかったです!

楊(CV:岡本 信彦さん)

続きを読む
・本編BESTエンド後
グッドエンド後とはいえ一歩間違えば即殺されそうな楊ルートでしたが、リリィのことを大事にしているなーという印象でした。

リリィが客人に挨拶のキスをされた後、「どういうつもりだ」「俺の所有物に手をつけたのが気に食わない」と痕をシャワーで洗い流す、獣じみた嫉妬を感じるシーンが激しくてohとなりました。相変わらずアダルティな楊さんでした。

・本編BADエンド後
リリィ亡き後のお話。

戦いに向かう途中の街で夜を過ごすために適当な女の誘いに乗る楊。
寝る場所も確保できるし楽しい気分になれるし一石二鳥くらいのノリです。

しかし部屋にあった蜂蜜を見て、リリィと蜂蜜を使って戯れたことを思い出します。

その当時、楊はリリィのことを暇つぶしの玩具程度にしか考えていませんでしたが、甘い言葉を囁いて恋人のように接していたんですね。

そんな楊の言動1つ1つに照れて反応を返すリリィを見て、「自分がどんな人物か見抜けないつまらない女」という評価を下していたことを思い返す楊ですが、一緒にいた女から「好きな人のことを考えていたの?」と聞かれます。

「自分にはそんな者はいない」と返す楊ですが、女は「自分で気付いてないの?」と驚いた様子。

最終的に「寂しい人」と言い放った女を殺し、次の戦いで玩具を見つければいいだろうと考えて眠りにつく楊ですが、部屋に充満する蜂蜜の香りに、いつまでもリリィのことが頭をかすめるのでした。

本編バッドエンドでも無意識に胸の痛みを感じているような描写がありましたが、度々リリィのことを思い出すあたり、やはり好きだったんだろうなと思います。

リリィが自分のことを見抜けなかったのを残念に思っていたのかな?面白い女であって欲しかったのかな?などと考えてしまいますね。

オルロック(CV:豊永 利行さん)

続きを読む
・本編BESTエンド後
常日頃からオルロックに親切で何かと世話を焼いてくれるリリィ。

教国の人からの「姉弟みたい」という言葉で、リリィが自分に優しくしてくれるのは弟のように思っているから?と考えてしまいます。

思わずリリィにもそう告げてしまい、気まずい1日を過ごす2人ですが…1日考えて2人とも反省。
同時に謝り仲直りしてお互いが大切であることを確かめ合うのでした。

微笑ましいエピソードでした(*´ω`)

・本編BADエンド後
リリィと教会の子供達と共に幸せに暮らすオルロック。
ふわりと風に舞ったシーツがリリィに被さり花嫁のようで、2人だけの空間で大好きと告げて微笑み合う2人。

…一瞬グッドエンドの続きの方を選んでしまったかな?と考えましたが、背景が灰色だったのでそうではないなと。

やはりオルロックが見ていた夢でした。
辛い状況で幸せな夢を見るって残酷ですよね(´・ω・`)

もう体も動かないし目も見えないけどリリィのことを心配して、側にいるために長く生きなくてはと考えるオルロックですが、同時にどうしてこうなったんだろうと考えます。

猊下に逆らったからなのか、リリィを楊の元に連れて行ったからなのか。
最終的に自分が生まれたからなのか?という考えに至った時、限界を迎え暗転。

どこまでも救いのない話でした。

ひたすらリリィのことを思うオルロックの優しさと素敵で、同時にこんな良い子が…と辛かったです。

正直オルロックのBADエンドが本編の中で1番印象に残っているのですが、一刻も早くグッドエンドを見直して2人を幸せにしてあげたい、と思わざるを得ないお話でした。

ギルバート・レッドフォード(CV:森久保 祥太郎さん)

続きを読む
・本編BESTエンド後
ギルはどこまでもヴィスコンティのボス!といった内容でした。

仕事上で思うところがあっても表に出さず、周りに対しても余裕を持った表情を見せますが、そんな彼がリリィにだけは弱みを見せるというのが良かったです。

・本編BADエンド後
裁判に負けて国外へと逃亡したギルを、密かに手助けする秘書のオリヴァー。
逃亡に必要な道具を揃えて渡しに来る際、一緒にリリィを連れてきていました。

ギルはこれまでリリィのことを思い、巻き込まないために気持ちを押し殺してきました。
「一緒に連れて行って欲しい」と涙ながらに語るリリィを「ダメだ」と一蹴します。

尚も縋るリリィに応えられたら‥と願いながら、「もし自分が力をつけたら、その時はー」と言いかけてやめるギル。

希望を持たせてはいけないと、強い意志で荷物を受け取り1人部屋を出ます。
でも耐えきれず「あんたが大事だからだ」と言ってしまったんですよね。弱さがポロリと。

大切だからこそ応えられない、好きだと伝えられないギルの愛情と心情が痛いほどに描かれた、切ないお話でした。

ギルは何よりもリリィのことを大切に思っていて、守り抜く心の強さが格好良いなと思いました。

大団円後のエピソード

続きを読む
全員生存後のお話。
マフィア達がシカゴにワインを輸入しているお話がちょくちょく出てくるなぁと思っていましたが、そんな彼らを妨害するように、現地では「ファントム」という仮面の男が暗躍しているようでした。どう考えても彼ですよね(´・ω・`)

エミリオの話ではムッソリーニによるマフィア排斥が示唆されたり、鍵の乙女の出現には意味があるような言及があったりと、今後この地に何かが起こることを予感させるような、続きが気になる内容となっていました。

まとめ

簡単にですが追加分の感想でした。

まだ登場していない人物と攻略キャラクター達の因縁が仄めかされたり、大団円後のお話もそうですが、全体的に次作への布石のような描写が多々見られました。

綺麗に解決した後の話が読めるかな?と思っていたので、若干アレ?と思ってしまった感もありますが、追加分で散りばめられた謎が解けるであろう続編を楽しみに待ちたいと思います(*´ω`)

本日もお付き合い下さりありがとうございました!

↓ランキングに参加しているのでよろしければポチッと応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村
ゆるっとTwitterに生息しているので、お声がけ頂けると飛んで喜びます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました