ピオフィオーレの晩鐘 感想【ネタバレON/OFF有】

    こんにちは、モッチです。
    いつも遊びに来て下さり本当にありがとうございます…!

    今日はVita版になりますが、『ピオフィオーレの晩鐘』の感想を書いていきたいと思います。

    Switch版追加要素の感想については別記事にて書かせて頂きました。

    宜しければこちらもご覧頂ければ幸いです。

    あわせて読みたい
    ピオフィオーレの晩鐘 -ricordo-(Switch版) 感想【ネタバレON/OFF有】 こんにちは、モッチです。いつも遊びに来て下さり本当にありがとうございます! 今日は、『ピオフィオーレの晩鐘 -ricordo-』の感想を書いていきたいと思います。 本編...
    目次

    ピオフィオーレの晩鐘とは?

    「ピオフィオーレの晩鐘」はオトメイトさんから、2018年に8月30日に発売されたPlaystation Vita用乙女ゲームです。

    「ピオ」はイタリア語で敬虔、「フィオーレ」は花を意味する言葉で、「敬虔な花」つまり主人公のことを指しているのだそうです。

    2019年7月25日には、多数の追加要素を盛り込んだSwitch移植版「ピオフィオーレの晩鐘 -ricordo-」が、発売されました。

    具体的な追加要素は以下の通りです。

    1. 本編BESTエンドのその後を描いたストーリーを追加
    2. 本編BADエンドのその後を【攻略キャラクター視点】で描いたSSを追加
    3. 本編大団円エンドのその後を描いたSSを追加
    4. 15枚以上の新規イベントCGを追加

    盛り沢山ですね!!

    私的には昨年プレイしたばかりだったので、「移植版は購入を見送ろうかなぁ」と思っていたのですが、本編エンド後の追加ストーリーが見られると知った瞬間、音の速さで購入を決意しました\(^o^)/

    特にBADエンド後のストーリーが気になりすぎました(爆

    ストーリー概要

    時は、20世紀初頭。

    舞台は、第一次世界大戦直後の南イタリア『ブルローネ』。

    この街を支配するのは、ブルローネ・マフィアと呼ばれる3つの組織。

    ブルローネで静かに暮らす主人公『リリアーナ』は、
    とある事件をきっかけにいずれかの組織へと身を寄せることとなる。

    なぜ彼女が狙われるのか。
    なぜ彼女は求められるのか。

    期せずして鍵を握る存在となった『リリアーナ』は非日常へと巻き込まれていく――。

    引用元:http://www.otomate.jp/piofiore/
    評価やレビューをチェック

    ヒロイン紹介

    主人公:リリアーナ・アドルナート(名前と愛称変更可)

    物心ついた頃から、教会で暮らしている。
    とある事件をきっかけに、ブルローネマフィアに関わることになる。自身の家族のことや、生い立ちについての一切を知らない。

    引用元:http://www.otomate.jp/piofiore/

    愛称はリリィ。

    狙われている一般人という立場的に、どうしても『守られ主人公』になりますし、教会育ちということで傷ついている人を見過ごせないタイプなので、最初の頃は正直苦手なタイプかな…?と思ってしまいました。

    ですが周りの意見に流されず、自分で物事をしっかり考えていたり、怖いことを怖いとはっきり宣言しつつも逃げない強い一面を見て、結構強かで好きかもしれない…!と印象が変わりました。

    リリィはお世話になっている人によって、服装が大きく変わるのが面白いし可愛かったです。
    個人的には白のチャイナが大変良いと思いましたデュフフ(←気持ち悪い

    システム解説

    MSシステム

    MSとは物語中に左上に表示されるアイコンから、他のキャラクターの状況を垣間見ることの出来るシステムです。

    ミニストーリーで他勢力の動きが見られるのは大変良かったのですが、アイコンが表示されている時間が短すぎて、巻き戻しで読みに戻ることが多く地味にストレスでした。

    常時2ページ分くらい表示しておいて欲しいですε-(´∀`; )

    エンディングの種類

    エンディングはベスト・グッド・バッドの3種類と、選択肢ミスした際などのゲームオーバーがあります。

    バッドエンドがもはやバッドルートといえるボリュームになっていて驚きました。

    クリア後に『好感度とルートごとに異なる隠しパラメータ(?)』を選択して、チャプターから開始できるため、エンドの回収は割と楽でした。

    ただ好感度の高低だけでなく、特定の選択肢で分岐することもあるので、攻略情報に頼らない場合の難易度は高めかもしれません。

    個人的レビュー

    ピオフィオーレの晩鐘の良いところ

    演出が凝っている

    全体的に映画的な演出が格好良くて素敵でした!

    MSとの切り替え時や、各キャラクターのベストエンドクリア時に出る真相ルートへのカウントダウン、OPなど、細かい部分まで凝っているなと感じました。

    よかったらシェアしてね!
    • URLをコピーしました!
    • URLをコピーしました!

    コメント

    コメントする

    目次
    閉じる