忍び、恋うつつ -雪月花恋絵巻-(花吹雪恋絵巻) 感想【ネタバレON/OFF有】

乙女ゲーム

こんにちは、もちです!
いつも遊びに来て下さる皆様本当にありがとうございますヽ(´ー`)ノ

ダンデビをフルコンプした後、熱が冷めやらず、ダンデビアニメのキャストインタビューを読ませて頂いたのですが、これが大変面白かったです。

レム役の斎藤壮馬さんがリンド役の波多野渉さんに「リツカは俺のなんで」と言ったら「は?」と返されたというエピソードに笑ってしまいましたw
冗談でも場外でそんな事を言う斎藤さんかわいいなと( ´∀`)笑

あとシキ役の平川さんが収録現場で自分の歌が流れると恥ずかしいというお話とか、内容によっては確かに恥ずかしそうです\(^o^)/

面白いなと思った作品は、キャストさんがどういう気持ちでキャラを演じられたのかなと気になってしまってついついキャストインタビューを探してしまいます。
ダンデビはスタッフさん達から愛されているようでこういうのいいなー!と思いました。
ますますアニメが観てみたくなりました(笑

さて話は変わりまして、今日からは「忍び、恋うつつ -雪月花恋絵巻-」の感想を書いて行きたいと思います。
追記からネタバレを含みますので、これからプレイするよ!という方はご注意下さい。

スポンサーリンク

ストーリー紹介

幼いころに両親を亡くし、自分を育ててくれた祖母も亡くした16歳の主人公。

彼女は、生活費と学費のための奉公に明け暮れながら、憧れの“忍者”になるために町の忍術道場に通っていました。

そんあある日、彼女はひょんなことから奉公先で“真田高等修練院”の副理事長と出会い、特待生認定試験を受けてみないかと誘われます。

特待生になるための試験を突破するには、修練院に“編入”して中間試験で一定以上の成績をおさめなくてはならず …… 。

忍者になるという夢のためにその誘いを受けることを決意した主人公。
彼女はついに迎えた仮入学の初日に、なぜか男性たちをメロメロにする不思議な術を発動してしまい ――― !?

公式サイト様より引用 http://www.otomate.jp/nin_koi/vita/

ヒロイン紹介

主人公:片桐 かえで

両親と育ててくれた祖母を亡くし
天涯孤独になってしまった主人公。逢坂城に仕える真田勇士隊に入ることが夢。

茶屋での奉公中に真田高等修練院の副理事長と出会い、
特待生認定試験に誘われる。

公式サイト様より引用http://www.otomate.jp/nin_koi/vita/

お勧めのハード

にゃっこ
にゃっこ

忍び、恋うつつは色んな機種で発売されてるけどどれを遊べば良いのかな?


・PSP版 ・・・ 一番初めに発売された作品。
・PSVita版 ・・・ PSP版の内容に大幅な追加要素をプラスした「雪月花恋絵巻」と、FDである「甘蜜花絵巻」の2本が発売中。
・PS4版 ・・・ Vita版2作を一まとめにし、追加要素をプラスした「万花彩絵巻」が発売中。

ハード的にはPSP、PSVita、PS4で発売されていますが、本編+FDがセットになり、追加要素もあるPS4版が1番お勧めです。
ただ携帯機で遊びたいよということなら、2本に分かれてしまいますがVita版がお勧めです。

雑記感想(ネタバレなし)

メロメロの術の破壊力がすごい

ゲームの内容としては、平凡な忍者の片桐かえでちゃんが、ひょんな事から真田高等修練院というエリート校にスカウトされ、正式な生徒になるためにペアになった生徒と奮闘するお話ですが、そこに敵の陰謀や彼女の出生の秘密がからんできます。

特徴はなんといってもメロメロの術でしょうか。
かえでちゃんがドキドキした時に発動する特殊な忍術で、周囲にいる人を自分にメロメロにしてしまう強力な術です。かかった人は普段のキャラをどこかへ捨てて甘ーい言葉でかえでちゃんを口説いてくれますw

ペアになった生徒とはこの術を克服するために甘い言葉に耐性を付けるメロメロ鍛錬なるものをする事になりますww

おすすめ攻略順

物語は短めですが簡潔にまとめられていて好印象です。サクサク進みます。

実は本編は「花吹雪恋絵巻」と「雪月花恋絵巻」に分かれており、花吹雪の方が本編にあたります。
雪月花は花吹雪終了後の話で、追加キャラクター4名が攻略可能です。

花吹雪恋絵巻
ネタバレに配慮すると以下の順がお勧めです。「、」で仕切っている箇所は好みの順でOKです。
猿飛佐助、由利鎌清、霧隠蔵人 → 穴山大介、我来也 → 真田幸影 → 大ハーレムEND

雪月花恋絵巻
誰からでもOKですが、服部半蔵のみ攻略制限があり、必ず最後になります。
豊臣秀虎、霧隠忠人、宇喜多義家 → 服部半蔵

といいつつ、私は特に考えず攻略してしまったので最終的には好みで問題ないと思います\(^o^)/

攻略キャラが10人と多いのでざざっと感想行きますよー!笑

個別ルート感想

霧隠蔵人(CV:櫻井孝宏さん)


続きを読む

クールだけど面倒見が良くて家族が大事、あとすごく優しいですね。努力を欠かさない天才です。
最初は超嫌そうでしたが、いじめに負けず努力してるかえでちゃんを次第に認めるようになっていきます。

貧乏で山菜集めている苦労症っぷりに、申し訳ありませんが笑ってしまいましたw
金持ち連中に混ざってるので金持ちかと思ってたよ!
そんな中でも支え合って生活している霧隠兄弟可愛いです(*´∀`)

貧しいながらかえでちゃんと3人でわいわい料理とかしながら平和に暮らしていく姿とか見たいなと思います…!
ラストのシーンでメロメロの術にかかっていないのにメロメロな台詞を披露してくれたのには萌えました。

由利鎌清(CV:小野友樹さん)


続きを読む

委員長ゆえに超真面目な由利君。かえでちゃんの勉強を見つつも、休憩用にお菓子を準備してくれていたり優しいです。

女性に免疫がなくてすぐに真っ赤になるのかわいい、ですがメロメロが発動すると百戦錬磨の遊び人みたいになって穴山先輩と逆なのが面白いです(笑

君の事が気になってる訳じゃないんですからね!みたいな心の声がダダ漏れですが、「そうだよね、気になってる訳ないよね!」と解釈するかえでちゃんはマジ鈍感すぎました…!

彼のルートでは花吹雪の術がよく出てくるのですが、かえでちゃん最初や中盤では全く使えなかったのに、最後の方の戦闘で使えるようになってて良かったです。修行の成果ですね!
ラスト花吹雪で終わるのもニクい演出だなと思いました。

我来也(CV:下野紘さん)


続きを読む
我来也先輩は正直ネタキャラだと思っていたので怒涛の展開で驚きました…!(すみません

厨二病すぎて何を言ってるのか全然分からないw動揺すると素の話し方に戻ります。
逢引と書いてデートとからぶらぶカップルデートとか、堕天使と書いてルシファーとか漢字で書いてある単語を違う読み方をするのが面白かったです。

すごく寂しがり屋で、初めての友達であるかえでちゃんにとても優しく接してくれます。
女子にいじめられて居場所がないかえでちゃんを書物室内の小部屋(名前を忘れてしまいました)に招いて勉強させてくれたりします。
しっかし他ルートよりも女子のイジメが陰湿でしたね…女子コワイ(
初めてのお祭りではしゃぐ我来也先輩かわいすぎました。

ちょいちょい不穏な言動が混ざるのでおお?と思っていたらまさかの敵側の人間でした。
ちなみに我来也という名前は本名ではないのですが、本名はなるほどそれで眼帯!という感じで驚きました。
色々とおいしいキャラでした…!ラストは怒涛の告白タイムでしたね!!(爆
私は小さい姿の方が好きです(笑

猿飛咲助(CV:寺島拓篤さん)

続きを読む
メロメロの術への恐怖から、かえでちゃんとペアになるのを誰よりも嫌がっており、最初の内はメロメロ女!と呼んでツンケン接しています。

自分の取り巻きが彼女に嫌がらせをしていると知って以降、気にかけてくれるようになりますが、『イジメは自分の力不足のせいでむしろ修行の励みになる』と前向きに考えて努力している彼女を次第に認めるようになります。

しかしかえでちゃん…前向きなのはいいんですが女子からのイジメにナチュラルに慣れすぎでしょう…w

その後も素直じゃないなりに気遣ってくれる佐助君はやっぱり優しかったです( ´∀`)
○○なんて思ってないんだからな!?という台詞が多いので咲助君、由利君、我来也先輩はもう感情だだ漏れ3人衆と心の中で呼ぼう…!(やめろ

歌舞伎の舞を披露する咲助君のスチルが美しかったです。
ツンデレ可愛かったです(*´∀`)

穴山大介(CV:鈴木達央さん)

続きを読む
チャラそうですがメロメロ状態では真面目な性格になるのでちょっとつかみ所のない先輩だなと最初は思っていました。
チャラい方かと思っていたら超誠実な方だったんです!

中盤で実は自分に寄ってくる女性は皆んなお金目当てだと思っていて女性嫌いなのだと分かり驚きました∑(゚Д゚)
そんな女性ばかりでない!とかえでちゃんが自分を例えに論破してからは、自分自身を見てくれる彼女に惹かれていきます。

こんな事は初めてでどう接していいか分からないという先輩に萌えました。

しかしかえでちゃんいつにも増して鈍い!恋心を自覚して大切だからもう鍛錬できない…という先輩に対し、「自分は嫌われてるんだ…」と勘違いしてどんどん落ち込んでいくのでもどかしかったです(苦笑
好き!と直球で言わないと伝わらない子ですね/(^o^)\

その後誤解も解けて、かえでちゃんを好きすぎる先輩が可愛かったww
あと先輩の横顔の立ち絵が格好良かったです。

ギャップ萌えが最高でした!ありがとうございます!!|←樹海| ┗(^o^ )┓(オイ

真田雪影(CV:鳥海浩輔さん)

続きを読む
攻略制限の関係でラストとなる真田先生です。
他のルートでちょいちょい変な仮面を付けて登場するので気になっていました先生…笑

最初は厳しいことも言いますが、かえでちゃんを心配するゆえの行動です。
真田先生ルートではイジメ対策として個人授業を受けることになります。

かえでちゃんが一生懸命なのでこのルートでは皆からの好感度が高め…というかハーレム状態ですw
先生から皆への牽制が大人気なくて割と容赦ないので笑ってしまいましたww

かえでちゃんも真田先生に忍術を教わってるのでめきめき強くなります。

先生過保護すぎた。そして不器用すぎた…
船の上での告白シーンの後に鍛錬だったと嘘をつくシーンは中々辛かったです。

色々な真相が分かり、他のキャラのお話もちょこちょこ絡むので総まとめみたいなルートだったと思います。
ラストは大変ずるい大人で素敵でした!

しかし突き放したかと思えば逃さないとか大人ってずるい、ずるいですね…
そんなずるさが良いです先生(黙れ

大ハーレムルート

続きを読む
実は大ハーレムルートという位なので、敵も味方も皆がかえでちゃんにメロメロになりまくるルートなのかと思っていたらそんなことはありませんでした\(^o^)/笑

1カ月ごとに相棒が変わる、各キャラクターの物語をおさらいしつつ進んでいくルートでした。
Vita版からの追加?ゆえか新規のBGMが多かったですね(=゚ω゚)ノ

皆と絆を深めつつ最後は全員で副理事長と戦うアツい展開でした。

あと何気にこれまでどのルートでも無かったイジメ女子達と和解するシーンがあり少しスッキリしました(笑

我来也先輩のお話で綺麗に終わったと思ったらスタッフロール後に真田先生がおいしいところを持っていったのには笑いましたw

これぞ大団円といった感じで良かったですね!このエンド後の設定で続きのお話とかがあったらすごい事になりそうでちょっと見てみたいですね( ´∀`)笑

まとめ

絶妙なゆるさに癒される

攻略が終了して思うのは面白い!ただ全員ちょろい!w
好きになるのがだいぶ早いです。
でもこのちょろさが逆にいい!何も心配しなくていいので癒されます(´ー`)
明るい作品を遊びたい、または純粋に恋愛を楽しみたい!という方には本当にお勧めの作品です。

謎の安心感

忍び、恋うつつというタイトルは恋にうつつを抜かす忍者という意味なのかな?と思い、なるほどなーと感心しました。
基本的にはゆるいノリですが、戦闘シーンやシリアスなシーンも多々あります。
でも何となく彼らなら切り抜けるだろうという謎の安心感があるんですよね…w

花吹雪恋絵巻は無事終了

いやー面白かった!
何度も言いますが本当に皆いい子達で!仲良くて!
わいわい話しているだけでも楽しいですね。

あとメロメロ状態の時、ただ甘い言葉を言うだけでなく皆微妙にキャラ付けされているのが面白いです。蔵人君は騎士っぽかったり、我来也君は束縛っぽい事を言っていたり…(笑

花吹雪恋絵巻の方はひと通り終わったので次は雪月花恋絵巻に行こうと思うのですが、実は大ハーレムの途中セーブをし損ねてしまいノーマルエンドが見られなかったのでもう一周しようか悩んでいます/(^o^)\
なんてこった…!しかしバッドエンド的内容だったらと思うとうーん(悩

お話の続きが気になるとついついセーブを忘れて進んでしまいがちですが皆さんも気をつけましょう!(お前だけだ!

余談ですが攻略サイトを見ながら進めているせいか、実はクイックセーブ&ロードの機能をほとんど使った事がないな…という事に唐突に気が付いた私でした∑(゚Д゚)

本日もお付き合い下さりありがとうございました!

↓ランキングに参加しているのでよろしければポチッと応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました