夏空のモノローグ 感想【ネタバレON/OFF有】

    こんにちは!モッチです。
    今日は夏が近付くとプレイしたくなる、『夏空のモノローグ』の感想をお送りしたいと思います。

    とにかく泣ける!と評判の本作。

    私は「泣ける!」と聞いた作品でも、なかなか泣けないことが多く、プレイ前は「正直泣けなかったらどうしよう」などと邪念を持ちながらプレイしたのですが、全くの杞憂で毎晩枕を濡らしながらプレイしました(笑

    よろしければお付き合い頂ければ幸いです。

    目次

    夏空のモノローグとは?

    2010年にPS2用ソフトとして発売され、2013年にシナリオ(部活動)・CGが大量に追加されたPSP版が発売されました。

    内容としては明日に絶望していた少女が、希望を抱けるようになるまでを描く、切なくて心温まるお話です。

    実は「ios/android用アプリ」としても配信されており、私はアプリ版を購入してiphoneでプレイしました。

    価格は2,800円と、PSPで購入するより少々お高めですが、スマホで手軽にプレイできるのが大変快適です!

    アプリ版はストーリー冒頭部分のシナリオまでは無料で遊べるので、気になる方は試しにダウンロードしてみるのも良いかなと思います。

    むーちゃん

    今から遊ぶならどの機種がいいのかな?

    みーちゃん

    追加要素のあるPSP版かアプリ版で、自分のプレイスタイルに合う方を選ぶのが良いと思うよ!

    こんな方におすすめ:機種編

    ・ちょっと高めでもいいので手軽にプレイしたい方 ⇒ アプリ版
    ・機種をお持ちでお安くプレイしたい方 ⇒ PSP版

    ストーリー概要

    主人公:小川 葵らが暮らす土岐島には、30年前からツリーと呼ばれる、謎の超高層建造物がそびえたっていた。
    7月29日、彼女と科学部の面々は、そのツリーの観測に訪れたところ、突如『ツリー』が歌いだすという場面に遭遇した。
    それから、”7月29日”という日が繰り返されるようになった。

    引用元:http://www.otomate.jp/natuzora_psp/

    ヒロイン紹介

    主人公:小川葵

    1年前、原因不明の記憶喪失に陥った主人公。

    目が覚めた後、母親から「あなたは誰なの」「私の葵を返して」と言われてしまった経験から、過去の自分と今の自分は別人なのだと考えて人との関わりを避けています。

    科学部が心の拠り所。

    引用元:http://www.otomate.jp/natuzora_psp/

    オープニングムービー

    よかったらシェアしてね!
    • URLをコピーしました!
    • URLをコピーしました!

    コメント

    コメントする

    目次