モナーク/Monark クリア感想【ネタバレON/OFF有】

一般ゲーム

こんにちは、もちです!

『モナーク/Monark』を無事クリアしました。
やりこみ要素系はまだ手つかずですが一旦感想を書いていきたいと思います。

少し辛口な部分もありますが、それでも良いやという方だけお付き合い頂ければ幸いです。

・ネタバレを含む部分は、「続きを読む」ボタンでワンクッション置かせて頂きます。

スポンサーリンク

作品紹介

ダークな雰囲気のRPG

エゴに従え、狂気を統べろ。
4つの結末に導く運命のバディたちと共に、あなたのエゴと狂気を糧とする悪魔のちからで戦うRPG。

引用元:https://www.monarkgame.com/

キャッチコピーに『狂気』とあるように、非常にダークな雰囲気のRPGです。
後述しますがホラー要素もあるので苦手な方は要注意。

紹介だけ読むとマルチエンドのように思えますが違います。

ネタバレではないかもですが一応伏せます

最終章に進むためには4人全員のルートをクリアする必要があり、エンディングは1つです。

詳しく話すとネタバレになってしまうので省きますが、1つのルートを終えたらそのまま強さを引き継いで次のルートへ進めるので、分岐する前に別のセーブデータを残しておく必要などはありません。

戦闘はキャラクターを移動させて戦うSRPGのようなシステムでした。

ストーリー

ふと、あなたが目を覚ますと――

そこは不思議な力場で外の世界から孤立してしまった新御門学園。

――精神を狂わせる謎の霧
――異界に通じる不思議な電話
――エゴで異能をふりかざす七人の悪魔契約者

狂気。異常。暴力。理不尽に抗うために、
あなたは己のエゴと狂気を糧とする悪魔のちから「虚飾の権能」を手にする。

学園の異常事態を解決するために発足された「真生徒会」。
その副長となったあなたは4人の候補から「バディ」を組み、
学園を元に戻すため理不尽に抗っていく。

そして、あなたは■■■と■■の■をきっかけに、
運命の分岐路に立たされる。

結末に向かうその運命を誰とともに歩むのかを――。

引用元:https://www.monarkgame.com/

個人的レビュー

モナークの良かったところ

探索パートの怖さ

学園内で霧が満ちている所に乗り込む探索パートがなかなかの怖さでした。
無音で電子音だけが響く薄暗い空間にぼんやり佇む狂った生徒達。

時折デスコールという電話(出てしまうと強敵と戦闘になる)がかかってくるのですが、その際近くに生徒がいると赤い目を光らせながらふらーっと寄ってくるのが本当に怖かったです…

近くまで来るとギャーッと叫ぶのも辞めて欲しい。叫びたいのはこっちですよ!

デスコールはあらかじめ発生源を断つことでかかってこない状態にも出来るので、ドキッとしたくない方は最初に潰しておくべしですね(´・ω・`)(面倒でそのまま突撃した結果怖い目に遭う奴

独特の戦闘システム

敵が強めなので頻繁にフリーマップでレベル上げする必要があり。
レベル上げに必要なスピリットの要求量が多く、とにかく回数をこなさないといけないのでなかなか大変です。

効率良く周回する方法を知るまでは地道にキャラを動かして敵を倒して…とやっていましたが、初期配置から動かず全体攻撃で一掃できるようになってからは楽になりました。

【レベル上げ1ターン周回手順】
主人公で全軍共感 → なるべく味方が範囲に入るよう広域精神発熱 → 色欲で転身回路・修羅または不惜身命 → 主人公にリオーダーして権能否定(全滅防止) → 全体攻撃(影凍ル枯園)

主人公の能力である『共感』が面白いんです。
使うと主人公と味方がリンクした状態になり、味方にかかったバフは主人公にもかかるといった具合に全員その恩恵を得られるんですね。

『全軍共感』で最大6人と共感した後に範囲バフを撒くことで、一気に全員の能力を最大まで高めることもできてしまいます。

その反面バフが切れるまでのターンが早まったり、1人が状態異常にかかると全員がかかって一瞬で壊滅状態に陥ったりとデメリットもあり、ただ強いだけではないところも良かったです。

共感中にリオーダー→発狂→主人公の攻撃で全員死亡とかあるあるでした(笑

早い段階でいくらでも強くなれるシステム大歓迎なのと、少しずつ強くなる過程が好きなので私は苦になりませんでしたが、同じ作業の繰り返しが苦手な方には辛いかと。

1章攻略にかけたプレイ時間13時間の内、10時間は多分レベル上げしてたと思います(オイ

個性豊かな歌曲達

OPの『ニヒル』が好みだったので即CDを予約購入。
しかしいざCDで聴いてみると好みの曲が少なく、ちょっと期待しすぎたかな‥というのが最初の感想でした(すみません

しかし!いざゲーム中で流れるとどの曲も素敵で好きになりました。
戦闘に時間がかかる分ゆっくり聴けるので、SRPGとヴォーカル曲って相性いいんだなぁと新発見。

ヴォーカル曲は主に契約者とのボス戦で流れ、戦闘前に流れ始める→戦闘という演出がアツかったです。

特に良かったのが各キャラのテーマ曲。
館君戦はノリノリで格好良いし、信哉君とこころちゃんの一見これ本当に戦闘で流れるの?というような静かな曲も、戦闘シーンにマッチしていて素晴らしかったです。

ただ強欲戦のイントロだけは何度聴いてもダサかった(好きな方本当にごめんなさい
ストーリー的にものすごく盛り上がる場面で流れ始めるあのイントロよ…何であんな怪盗参上!みたいなノリなん…

モナークに物申したいところ

ストーリー展開が唐突

ストーリーが面白いか?と言われると…正直最初のうちは微妙でした。
全体的に説明不足なのでそうだったの?となることしばしば。

話の始まりからして、いきなり学園に霧が発生して異界・契約者など謎の話が始まるので、何?私何か読み飛ばした?と焦ってとりあえず公式ホームページを見に行きました(笑

主人公が記憶喪失の状態で、いきなり登場した妹の千代ちゃんにも今いち実感がわかず。
その割に結構重要ポジションなので、中盤位から私の気持ちは異界に取り残されていました(何

正直最後まで学校の名前も覚えられませんでした。

台詞回しが苦手

登場する人々(特に契約者)の台詞が抽象的というか回りくどいと言うか、何を言っているのか意味が分からないことがしばしばありました。

何というかキャラが話しているというより、会話中の8割位は制作陣からのメッセージを投げかけられているような気持ち。

キャラクターに創り手さんの情熱が乗るのは当たり前だと思うんですが、直球すぎると言いますか‥、個人的には台詞っぽくないような違和感を感じて好みではなかったかな。

多分製作側と私のひねくれたエゴがぶつかり合ってる(意味不

システム面で不便なところが多すぎ

純粋に不便なところが多すぎました。

①回復のためにわざわざ保健室に行く必要がある
→拠点で回復させてほしい。もしくは拠点に戻った時点で全回復してほしい。

②イベント発生中はファストトラベルが使えない
→長い道のりを無駄に歩かされるのがただただ不便。

③フリーバトルで大量に手に入る装備を一つ一つ手動で分解しないといけない
→一括で分解させてくれ…

④スキルによってターンの概念が異なる
→1回行動=1ターンと数えるものと名前通り1巡で1ターンと数えるものがある。
バフの残りターンが分かりにくすぎたので前者は残り:1行動みたいに記載して欲しい。

ストーリー感想【ネタバレON/OFF有】

主に個別ルートの感想

続きを読む

◆弓田 信哉ルート

中盤、能力者達が力を使った影響で生じたユガミが原因で異界に引き込まれた千代ちゃんが命を落としてしまいます。

この事件をきっかけに皆が契約者としての在り方、ユガミをどうするか、それぞれの道と向き合うこととなります。

…ただこれ本当はユガミ云々は嘘で全部ヨルの仕業なので、本来皆が責任を感じることないんですよね(´・ω・`)

信哉君は話の流れ的にはどうみてもうさんくさい学園長側なので、そちら側につきたくない…と思ってしまいますが、1番気になるキャラなので最初に特攻を決めました。

とにかく信哉君の境遇が可哀想で…
実の両親からは疎まれて虐待され、唯一引き取ってくれたソラさん達はアレだしで、もう信哉君は副長の家の子になればいいよ…と思いながら進めていました(家ないから

幼い信哉君に電話を渡して親戚の家に一軒一軒電話させ、「引き取って下さい」と言わせてたのが本当にクソ過ぎて辛かった…

その時の気持ちは想像しかできないけれど悲しくて惨めだっただろうなと。

そして唯一快く引き取ってくれたソラさんと優悟さんを盲目的に信頼するのも分かるなぁと。

ソラさんは使命が絡むといくらでも酷いことをしますが、そうでない時は優しかったのかな。

残酷な一面に信哉君が気付いていない(目を逸らして精一杯疑問を持たないようにしている?)のがせめてもの救いか。

何もかも自分が悪いように言う信哉君を副長は何度も否定して諭して、少しずつ嫌いな自分を認めて、前を向けるようになってきたところでヨルにソラさんと優悟さんが殺され、また信哉君は自分を責めてしまいます。

以降一緒にヨルを殺しましょう!な復讐の鬼と化しますが、正直ヨルが出て来なかったら副長は確実にソラさんに殺されて、信哉君は絶望しながらも記憶操作で忘れさせられ…でどちらに転んでもバッドエンドしか見えない。

ヨルを倒した後、ヨルに造られた存在であるという副長も消えてしまいます。
1人にしないでと泣く信哉君にごめんね…と告げて消えていく瞬間が本当に辛いエンドでした(´・ω・`)

余談ですがルート分岐前、信哉君に対して副長が選択肢で「(弟みたいで)かわいい」と選べる機会がちょこちょこあり、選ぶと「えっ、はっ…!?」みたいに照れるのがめちゃくちゃ可愛かったです。

最初の頃の絶対零度っぷりが嘘のように信頼度1000%位で慕ってきてくれる信哉君、かわいすぎました(沼

***

◆日向 望ルート

望ちゃんは最初にバディになって以降ほとんど出番がなかったので何だか久しぶりな気がします。

誰かのために頑張る姿は、自分のせいで亡くした親友が生きていたらこうしていただろう、という姿を演じたもので、本当の望ちゃんは臆病で何もできない偽物なのだと言います。

親友のヒカリちゃんが亡くなった理由は、オバケが出る森に隠された望ちゃんのランドセルを探しに行き、オバケ=不審者に殺されてしまったためでした。

望ちゃんはヒカリちゃんの両親からも責められたとのことですが、ランドセルを隠した生徒が1番悪だと思ってしまう…

そんな望ちゃんに「自分を守るために生きて欲しい」と言い切る副長。
望ちゃんは偽物の自分でいいと言ってくれた副長のために立ち上がります。

誰かのために生きて、尊い誰かのために死にたいというのが望ちゃんの希望で償いでエゴなんですね。

確かに歪んでいるなぁと思うのですが、副長はその生き方を否定せず、それが望ちゃんにとって大切なものだなと理解した上で、その生き方が素敵だと褒めてあげられるんですね。本当マーヴェラスでした。

普通なら「過去に縛られず本当の自分を生きて」みたいな話になりそうなところですよね。
その人のあるがまま、エゴを尊重する副長の姿勢がなんか…良いなぁと思ってしまいました。

後半で望ちゃんがヨルの作った副長の偽物に対して「気持ち悪い」と連呼しまくるのですが、偽物作り物気持ち悪いをあまりにも何度も言うので主人公の境遇を知っているこちらとしてはひ、酷いと思ってしまいました\(^o^)/

むしろあえて強調してましたよね?
望ちゃんにとって副長は特別で、彼の支えで偽物としての生き方を確立した後だからこそ、見た目だけ一緒で中身のない偽物が気持ち悪くて許せなかったのかな。

副長が作り物であったことを知った後も、「特別」だと言ってくれて副長は救われたと思います。

このルートではヨルが副長に優しくて良かったな。
信哉君ルートでもう要らないと言われて少し悲しかったので…笑

***

◆駿河台こころルート

安心安全な女こころちゃん。
結構謎な子だったのですが、望ちゃんルートでイデアを砕く際に覗かせた心情に何となく共感を覚え、より好きになりました。

そのため望→こころの順に進められたのは攻略順的に良かったなーと思います。

信哉君ルートではぼかされていましたが、誰も傷つけないため、誰にも傷つけられないために1人で異界に留まる選択をしたこころちゃん。

副長はどう説得するのかなと思っていたら何と「自分も一緒に異界に行く」と言い出すのでぶっ飛びました。

まさかの異界でふたりぼっちエンドを選択するとは。
こころちゃん戸惑いつつも嬉しそうですし、もはや告白レベルでこれはメリバ…いやむしろハッピーエンド一直線か…?と見ているこちらも混乱しました(笑

これまでの流れで行くと1人じゃない喜びを知った後、副長が消えて1人になってしまいますよね。

あまりにも残酷だなぁとか考えていたのですが、館君との戦いをきっかけにこころちゃんは自分の行動を考え直そうとします。

その余地を与えてくれないのがソラさんですね…

考える時間が欲しいと申し出た時、主人公が消されそうな気配を察知して、すぐに考えを撤回するこころちゃんは優しいしソラさんは鬼畜だと思う。

ここからの展開が前の2ルートとは異なり、実は優悟さんこそが憂鬱の契約者で、過去に亡くなった本物の神宮ソラを蘇らせるために契約したこと、今いるソラさんは憂鬱のモナークであることが判明します。

ヨルの攻撃で優悟さんが倒れ、壊れてしまったソラさんは信哉を始め次々と学園の人々を取り込み始めます。

ヨルじゃなくてソラさんを倒す流れになるんだー!と驚きでした。

それよりも信哉君の偽物と戦うのが辛…。敵なのに幼い声でセン…パイ…とか言ってくるの辛ッ。
味方が分断される戦闘マップで更に辛ッの3重苦でした(笑

特別を嫌い、碇谷君から愛を向けられて嫌悪していたこころちゃんが、最終的に副長に愛を向けられるようになったのも良かったな…この際異界でもいいけれど2人に幸せになって欲しかったよ。

***

◆館 凌太郎ルート

<ディディッディッディッディッディッディディーイェー!

館君戦のテーマ曲めちゃくちゃ格好良いですよね!契約者戦の中で1番好きかもしれません。

館君は腐敗した父親の会社を立て直すため、祖父のように立派な証を世に残すために行動しています。
お金持ちの御曹司ということで、言動の端々に育ちの良さが感じられました。

何となくやりたい放題なイメージのあった館君ですが、自分を含めた契約者のせいで生じたユガミが原因で千代ちゃんの命を奪ってしまったことを悔やんでいました。

かといって贖う方法もなく、無意識の逃げから副長に裁かれることを望んでいたのですが、そこを副長自身に指摘され、自分の夢は捨てずにユガミとも向き合う方法を探す決意をします。

館君に対して一切の逃げを許さず、ズバズバ行く副長が挑戦的で良かったですね。

門に封印されているという神の存在など、館君のルートは大分真相に迫っていたように思います。

学園の生徒達は因果律が高い=悪魔と契約する可能性があるため、ソラさんが監視目的で集め、場合によっては処分するなど管理していたんですね。
そうすると事故で亡くなった千代ちゃんの本当のお兄さんももしかして…?

理不尽に大切なものを奪われないために力を得たのに、沢山の人を失ってしまう終わりが辛かったですね…最後に副長をダチと呼んでくれたのにグッと来ました。

こころちゃんや信哉君の最後も、理不尽が詰まった終わり方でした。

***

全員のエンドを見た後、副長が諦めず抗うことを決めた時にニヒルが流れる演出がアツくてグッと来ました…!

きっとオープニングムービーの副長が駆け回っている姿は、4つの未来を何度もやり直していたのかなぁと思います。そして絶望しながらも最後にラスボスのいる場所に立つのが何かもう‥良いですよねOP‥

カケル先生の能力で千代ちゃんが死ぬ前の時間に戻り、部長の共感の能力で4回分の記憶を取り戻した仲間達が、再び真生徒会を結成する展開は「これが見たかったんだよー!」と言いたくなるもので、これまでの辛さが一気に報われました。

この辺りが最高だっただけに、この後マッハでラストまで終わってしまったのが少し残念。

最後に立ちはだかる優悟さんは全てのモナークを倒せる位の実力者なのに、エゴが足りなかったのかな‥もっと自分勝手になって良かったんだよと思ってしまいました。

最後は限りなくハッピーエンドでしたが、もっともっと皆のその後の活躍を見ていたかったな。

その他小ネタなど

敵も味方もみんな骨

カスタマイズ前の状態

敵も味方も骨しかしません(本当に

味方の骨こと『眷属』は顔や髪の毛の色、声などある程度カスタマイズでき、一緒に戦ううちに何となく愛着がわきますが・・うーんやっぱり骨!

主人公と眷属達だけで出撃すると、勝った時に傅いてくれるのが率いてる感があって好きでした。

色欲、怠惰などタイプによって覚えるスキルが異なり、戦闘では非常に頼りになります。(むしろ人間より強い

味方眷属のお話ですが、ストーリー開始時点でまず1体。その後は特定のタイミングでその時点で1番高いパラメータの眷属から加入していきます。

私の場合、仲間になった順番は『色欲→傲慢→憤怒→怠惰→暴食→嫉妬→強欲』でした。

色欲ちゃんの魔法攻撃が強すぎるので最初に来てくれて本当に良かったなと思います。

…というより色欲ちゃんがいないとレベル上げの効率がグッと下がるので、早い段階で仲間入りするか否かで難易度が大きく変わりそうだなと思います。

敵は本当にただの骨ですが、ボイスタイプの違いで個性があるのがちょっと面白いです。
怠そうな子が好き。

モナークのデザインについて

ボス戦で登場する敵モナークは一人一人デザインが違って皆素敵でした。
戦闘ボイスがあるのに喋らないのが勿体ないくらい。

雪国の狙撃手?と言われていた暴食さんの「撃鉄を上げろ!」が格好良くて好き。
設定とかあったら見たいなぁ…

歪曲・傷害譲渡がウザすぎる件

敵の使う「歪曲・傷害譲渡」(*次に受けるダメージを1番近くにいるキャラに受け渡す)がウザすぎました。

何度自分に火ダルマが跳ね返ってきて死んだことかw
とりあえず攻撃力の低い弓キャラで殴ってから権能で処理してました。

総評

ストーリー  : 4 out of 5 stars (4 / 5)
グラフィック : 2 out of 5 stars (2 / 5)
音楽     : 4 out of 5 stars (4 / 5)

システム   : 2 out of 5 stars (2 / 5)
ボリューム  : 4 out of 5 stars (4 / 5)

総合評価   : 3.2 out of 5 stars (3.2 / 5)

個人的には面白かったものの周回の面倒くささの方が勝ったので、人におすすめできるか?と聞かれたら私的にはできないと答えます(すみません

あとは物申したいところに書いた通りシステム面で不便な部分が多く、アップデートで改善して頂けたら有り難いなと思います。

まとめ

購入動機

余談ですが本作の購入を決めたきっかけは、実は主人公の声優が梶原岳人さんだったからでした。

モナークの存在を知った当時、実はジャックジャンヌをプレイ中でして「白田先輩の声優さんと同じだ…!」とテンションが上がり、そのままの勢いで購入を決めました(笑

あとカリギュラと同じように作中に沢山のヴォーカル曲が使われているという点に惹かれました。

挿入歌を担当されているKAMITSUBAKI STUDIO(神椿スタジオ)さんのことはほとんど知らなかったのですが、実は時々BoothのCDランキング上位でお名前を拝見していました。

気にはなっていたもののどのCDから聴いていいのか分からずにいたので、今回モナークで触れることができてラッキーだったなと思います。

最後に

フリューさんの作品は荒削りですが、一つでもカチッとハマるとどんどん好きになる不思議な魅力があるように思います。

自分の実体験に重なるような場面が出てくるからドキッとさせられますね。

続編が出ても全然おかしくない終わり方で戦闘システムも面白かったので、今後シリーズ化してくれたら良いなぁと思います。

好きなキャラ順:副長(主人公)> 信哉 > こころ > 望 > 館

本日もお付き合い下さりありがとうございました!

↓ランキングに参加しているのでよろしければポチッと応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村
ゆるっとTwitterに生息しているので、お声がけ頂けると飛んで喜びます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました