マジェスティック☆マジョリカル vol.1 攻略感想【ネタバレON/OFF有】

乙女ゲーム

こんにちは、もちです!
いつも遊びに来て下さりありがとうございます。

今日は「マジェスティック☆マジョリカル vol.1」のフルコンプ感想を、作品紹介 → 個別ルート感想 → 個人的レビュー → 総評 → まとめの順に書いていきたいと思います。

ネタバレを含む部分は、「続きを読む」ボタンでワンクッション置かせて頂きます。

それでは、本日もよろしくお願い致します。

スポンサーリンク

作品紹介

実は以前よりフォロワー様達から「サクッと遊べて面白いよー!」と聞いていたのですが、その言葉通り6時間ほどでフルコンプすることができました(´∀`)

マジェスティック☆マジョリカルとは?


引用元: http://dazkarat.jp/majemajo/

「マジェスティック☆マジョリカル」は、dazkaratさんから発売された年齢対象女性向けPCゲームです。

お話としては、「落ちこぼれ魔法使いの主人公が進学をかけて挑んだ試験で攻略キャラと出会い、恋に落ちる物語」です。

Vol.1・Vol.2・Vol.3の3作に分かれて発売されており、1作品につき攻略キャラクターは2人(+サブキャラクター1人)です。

ボリュームは控えめですが、糖度は高め。
ハッピーエンドのほかに「依存エンド」や「ライバルエンド」があり、基本ファンタジーな可愛らしさに、ちょっぴり仄暗い展開をプラスした内容が、なかなかパンチが効いていて面白かったです(*´ω`)

ストーリー概要

魔法使いの少女ラピスは、名家アイドクレーズ家の末娘。
両親と四人の兄達は皆、強大な魔力を持つエリートばかり。

しかし、ラピスだけは平凡以下の魔力しか持ち合わせておらず、
魔法学校では「アイドクレーズ家のお荷物」と揶揄される毎日を過ごしていた。

そんな彼女が進学をかけ、ある試験に挑むことに。
その内容は、人間の心の中に宿る強い“想い”を具現化した
“トゥインクルジェム”を集めること。

ところが、張り切って人間界に向かった彼女を待っていたのは、
一癖も二癖もある男の子たちで――

引用元: http://dazkarat.jp/majemajo/
続きを読む

ちなみに魔界人は人間のように「愛しているけど憎い」みたいな複雑な感情は持ち合わせていないそうで、割と皆はっきりとした性格をしています(笑

そのため人間の心を集めるのだそうです。

尚、人間界での滞在にはたくさんのルールがあり、

・ジェム採取の魔法しか使ってはいけない
・ジェムを摂りすぎると相手が死亡してしまったり、依存状態になってしまう事がある
・負の感情のジェムはダメ
・全ての採取が終わったら関わった人間の記憶を消す

等々簡単にはいかないような仕組みになっていました。

レビューをチェック

ヒロイン紹介

主人公:ラピス・アイドクレーズ

魔法学校高等科の2年生。17歳。

魔力が弱い落ちこぼれだけど、勝ち気で困っている人を放っておけない性格。高等科卒業後は実戦科への進学を希望している。優秀な4人の兄がいる。

引用元:http://dazkarat.jp/majemajo/

魔界人らしい(?)ストレートな考え方で「人間の考えることはよく分からないわ!」と、思ったことをはっきり言います。

かなりさっぱりした性格で見ていて小気味良いと同時に、少しズレた感性が面白かったです(´∀`)

転入早々学校の人気者2人と仲良くしているので女の子達から袋叩きに遭わないか心配だったのですが、周りが優しいのでそんな事もなくホッとしました…優しい世界でした(笑

攻略キャラクターとおすすめ攻略順

攻略キャラは2人+サブキャラ1名。
Vol.1はどちらから攻略しても問題ないと思いますが、個人的には四季 → 光季の順をおすすめします。サブキャラのアウィンはいつ攻略してもOKです。

Vol.1
小坂 四季 → 樫森 光希

樫森 光希CV:増田 俊樹さん
小坂 四季CV:梶 裕貴さん
壬生 惣太郎CV:西山 宏太朗さん
壬生 心乃助CV:下野 紘さん
月石 瑠羽CV:木村 良平さん
シェル・セレスタイトCV:鈴木 裕斗さん

個別ルート感想 (ネタバレON/OFFボタンあり)

小坂 四季 CV:梶 裕貴さん

   

続きを読む

出会いのシーンが「ごめんねー俺友達多くてー」チラッみたいな感じだったので、正直ナルシストさんなのか…と思ったのですが(笑)すごく複雑な思いを抱えた子でした。

四季君から採取したジェムがひび割れているのを見たアウイン兄さんとジャスパーは、危険だから彼に関わるのは辞めるようラピスちゃんに忠告をしますが、珍しいジェムは高評価を貰えるためギリギリまで頑張ることを決めます。

しかしそれは建前で、本当の所はラピスちゃんも本心の読めない四季君のことが、気になり始めていたのでした。

想いが通じた後もジェムに青や黒が差していたりして、不穏な感じがひしひしと…

ほのぼのデートをしているのに、四季君の言動の端々に執着めいたものを感じてヒィィッとなっていました(笑

人からよく思われたい、自分が1番で居たいというストレートすぎる心情がすごく人間らしくて、誰しも持つ感情だよなぁ…と、中盤でラピスちゃんに心情を吐露するシーンは殴られたような衝撃を受けました。

光希君に対してやっていることは最低なんですが、不思議と嫌いにはなれませんでした。

ラピスちゃんが四季君の表面に騙されない上に、思ったことをハッキリ聞く子だったので、進めていて楽しかったです。

四季君の執着心はお兄さんの活躍で割とサクッと解決するのですが、人の本質はそんなに簡単に変わるものだろうか、本当に大丈夫…?と若干将来が心配になったのは内緒です(オイ

自分の気持ちよりラピスちゃんを優先できた四季君ならきっと大丈夫と信じたいですね…!( ´∀`)

とかなり好意的に解釈していたのですが、ハッピー→バッド→依存→ライバルの順にエンドを回収した結果、最終的に「この子、危険だ…!」という結論に至りました(笑

依存エンドに至ってはえ、えげつねぇ…!と叫びたくなりました\(^o^)/
いきなりすごいルートに突入してしまった、マジェマジョはすごい作品だな…という印象を持ったのでした(笑

ぶっ飛んでいて大変良いと思います(°∀° )
しかし人間1人に手玉に取られるとは…魔界人や魔法も万能ではないのだなと、若干ツッコミたくなりました(笑

樫森 光希 CV:増田 俊樹さん

続きを読む

光希君は完璧すぎて周りから尊敬を集めているのですが、同時に恐れ多くて話しかけられないと距離を置かれているので、自分は嫌われているのだと勘違いをしています。

四季君√を終えた後だとそれが彼の仕業であることが分かるんですが、最初は単純に何でwwと思っていました(笑

普通の乙女ゲームなら、逆に人だかりができてもみくちゃにされていそうですよね( ´∀`)笑

祖父母の過保護さから友達らしい友達もできず、孤独に過ごしてきたことで自分に全く自信がない光希君ですが、ラピスちゃんと交流する内に少しずつ周りと関われるようになり、やりたいことができと前を向いて行く様子が良かったです。

光希君にはラピスちゃんが必要だ…!
一点の曇りもない光希君のピュアさに大変癒されました!四季君ルートで淀んだ心が浄化されていくようでした…(笑

そんな光希君の純粋さにキュンとしてしまうラピスちゃんも可愛かったです。
光希君、話をする時に服の裾をくいっと引っ張ってくるの可愛すぎませんか…!

ライバルエンドの四季君は本当に…!切羽詰まるとクズさ全開になるところが嫌いじゃないです…!\(^o^)/(黙れ

依存エンドは正に依存といった内容で、光希君がラピスちゃん無しではいられなくなってしまうのですが、ラピスちゃんもそれを受け入れてしまっている感じが何ともメリーバッドで良かったです(小声

あとささやかな事ですが、依存エンドでのジャスパーさんのラピスちゃんへの態度を見てこの2人には何かあるのかな?とかなり気になりました。

個人的レビュー

マジェマジョの良いところ

糖度が高い

本作は全年齢対象のPC作品ではありますが、R18のPC作品がVitaに移植されてきた位の糖度があったので、ほのぼの位がいいんだという方は要注意かなと思いました。

ベッドイン的な描写は普通にあります。糖度はかなり高めだなと感じました!

システム面が快適

システム面は選択肢ジャンプもあり快適でした。少し分かりづらいのですが、上のメニューの「進行制御」の中にあります。

私は途中まで気付かずに既読スキップで進めていたので、これは右メニューに追加して下さると有難いなと思いました\(^o^)/(説明書読もうよ

マジェマジョの悪いところ

ヤンデレ耐性が必要

攻略キャラになかなか癖の強い子がいるので人を選ぶ内容かなとは思います。

正直ヤンデレもしくはクズが苦手な方は避けた方が良いかもしれません(爆

総評

ストーリー  : 4 out of 5 stars (4 / 5)
グラフィック : 4 out of 5 stars (4 / 5)
音楽     : 4 out of 5 stars (4 / 5)

システム   : 4.5 out of 5 stars (4.5 / 5)
ボリューム  : 4 out of 5 stars (4 / 5)

総合評価   : 4.1 out of 5 stars (4.1 / 5)

四季君ルートや依存エンドなどはなかなか後ろ暗い感じだったので、闇の世界在住の乙女ゲーマーさん(闇深展開が好きな方など)には是非プレイして頂きたい作品だなと思いました…!

まとめ

イラストは好みが分かれそう?

実はプレイする前、失礼ながらイラストが少し苦手かな…?と思っていたのですが(すみません)プレイ開始してすぐう、美しい…!と掌を返しました(笑

主にラピスちゃんの目かな?が少しキツそうな感じに見えていたんですよね(´・ω・)
プレイ開始するとそんな事もなく…(泣き笑いの顔グラだけは未だにちょっとだけ苦手ですが・爆

立ち絵がアップになる度に繊細で美しいなーと見惚れていました。

最後に


↑どう見ても姐さんですが兄さんなアウィン兄さん。

Vol.1ではアウィン兄さんとのエンドがありましたが、Vol.2、3とそれぞれ関わってくる兄さんが変わり、エンドが用意されています。

カルセドニー兄さん…シスコン…羽多野さん…ウッ頭が(ちらつくリンド兄さんの影←コラ

…しかし執事のジャスパーさんのエンドは無いのだけが残念だなぁと思います。

当初は3本まとめてVitaに移植される際に追加されるだろうと予想していましたが、特に移植の気配もなく・・(´・ω・`)お願いだから移植&追加してください!という気持ちでいっぱいです(必死乙

ざっくりした感想ですがこんなところでしょうか。

コンパクトに纏まっている上になかなかパンチの効いた内容で、私的にはとても楽しめました。

息抜きにサクッと遊びたいんだ…と気軽な気持ちで突撃すると、思わぬ衝撃を受けるかもしれません(笑
ただボリュームの少なさから、フルプライスでの購入は少々お高く感じられるかもしれないなと思いましたε-(´∀`; )

以上になりますが、本日も感想にお付き合い下さりありがとうございました!

シリーズ作品もおすすめ

↓ランキングに参加しているのでよろしければポチッと応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村
ゆるっとTwitterに生息しているので、お声がけ頂けると飛んで喜びます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました