MAGLAM LORD/マグラムロード プレイ感想【ネタバレON/OFF有】

一般ゲーム

こんにちは、もちです!

本日『マグラムロード』を無事クリアしました。

面白かったのですが、個人的には少々残念なところも目立つ作品でした。

辛口感想ですが、それでも良いやという方だけお付き合い頂ければ幸いです。

・ネタバレを含む部分は、「続きを読む」ボタンでワンクッション置かせて頂きます。

それでは、本日もよろしくお願いいたします。

スポンサーリンク

作品紹介

好きな要素が詰まったRPG

【本作のポイント】
・男主人公or女主人公を選べる
・素材を集めて3種類の武器を作り、切り替えて戦う
・コンカツで仲間と絆を深め個別エンドを迎えることが可能


本作のジャンルはRPGで、機種はSwitchとPS4版が発売されています。

まず『絶滅危惧種魔王✕コンカツ=魔剣創造アクションRPG』というパワーワードに惹かれますね。

個人的にも好きな要素が詰まっており、サモンナイトシリーズを作ったスタッフさんの作品ということで楽しみにしていましたが、残念ながらどれも中途半端な印象でした。

戦闘に難アリ

まず戦闘がつまらない。
致命的につまらない。

グラフィックはお世辞にも綺麗とは言えないし、動作はどこかもっさりしており基本Yを連打していれば終わる単調さ(なぜかAじゃなくてY)

その割にバランスがなかなか大味で、開幕と同時に複数の敵から連続攻撃を食らうと即死する。

結構鍛えていても割と即死するので緊張感よりも面倒くささが勝りました。


しかし倒れても戦闘前の状態から再開できる親切設計には大変助けられました。

かくなる上は戦闘を避けたいところですが、戦闘を重ねることで仲間の好感度が上がるので避けられない。

あと敵の足がめっちゃ速い。
自分の足も速いのでフィールドをカサカサカサ敵と共に走り回るシュールな光景が日常茶飯事でした。(大体走った先にいる敵に当たって終了する。

不毛な鬼ごっこを避けるためにも、ミニマップを画面端に常時表示してもらって、敵やアイテムの位置をアイコンで表示してもらえたら良かったなと思います。

ただそもそもマップ自体がクソ見辛いのも何とかして頂きたい。

そんな戦闘ですが、6章辺りからはある程度強い武器を作っておけば、開幕ZLボタンからのアクラオビーム(命名)で終わるのでだいぶ楽になりました。

とりあえず女魔王様、戦闘終了時頻繁に「つーかーれーたー」(しかも嫌そう)って言うの辞めて頂きたい。疲れたのはこちらだ。

依頼をクリアすることで進むストーリー

ストーリーは「リクエスト」といういわばクエストを受けることで、少しずつ進んでいきます。
ちょっと話が進む→全然関係ない敵を倒す、を繰り返す流れは良くも悪くもソシャゲ感あったかな。

リクエストは進行に関係ない素材集め的なものも沢山ありました。

が、これがまたなかなかストレスフルな仕様でして…
「〇〇を3つ集める」という一見簡単そうなクエストでも、アイテムの入手がランダムだとクリアがかなり運に左右されます(´・ω・`)
秒で終わる時もあれば、延々終わらない時もありました。

必要なアイテムを敵が落とすのか、フィールドの特定の場所落ちているのか、入手場所が分かりにくいために延々走り回ったり、敵を倒しまくる必要がありました。これはなかなかの苦行。

ストーリーは先が気になる内容で、進めるごとにどんどん面白くなっていきました。

戦闘は主人公ではなく基本パートナー1人で戦います。
主人公は普段武器(魔剣)になっており、必殺技ゲージが溜まった時にパートナーと交代して真の力を発揮する感じです。

パートナーごとに専用の戦闘曲が用意されているのがすごく良かったですね。
ダリス君の曲から溢れ出るテイルズ感がすごい。

ストーリー感想【ネタバレON/OFF有】

続きを読む

主人公は刃の魔王「キルリザーク」
魔王というだけあって非常に自由奔放で好戦的な性格です。

普通の武器では傷一つ付けられない、神々や魔王を倒す武器を作る力を危険視され、封印されかけたところを臣下によって救われます。

長い間眠りについた後、目覚めたのは何と神も魔王もいない争いNGの平和な世の中。
更に主人公は絶滅危惧種に認定され、政府の保護…もとい監視下の元で生活することになります。

落胆しつつも街の人や政府からの依頼をこなす傍ら、主人公の周りには勇者や獣人など、どんどん絶滅危惧種が集まってくるのですが、同時に少しずつ世界のおかしさに気付き始めます。

いつ世界から神や魔王がいなくなったのか?自分達はどうやってここに来たのか?
見えない壁に囲まれた箱庭のような世界が何とも不気味に思えてくるのでした。

 

◆コンカツについて

コンカツ対象は全7名。
暇を持て余した主人公は、謎の導師に勧められたコンカツを始めます。
コンカツってよく分からないけど何かスゴイ!位のノリで始めるのですが(笑)、同性でもOKという自由っぷりが潔くて素敵でした。

ちなみに好感度はパートナーと一緒に戦闘したり、ストーリー上の選択肢で上げることができます。

初回はアクラオを攻略するぞーと進めていたものの、想像以上の外道っぷりにどうしたものかと思いました(爆
見た目から既に悪っぽいけどまあ清々しいくらいの悪で、えっこれ仲間になるの…?というレベルでしたね(´・ω・)


アクラオは創造神が創った「願いを叶える指輪」が意思を持った存在でして、人の願いを叶える聖者として振る舞いつつ、自分を頼ってくる他力本願な人々を破滅に導いていました。

その外道に対する魔王様の選択肢が身も蓋もなくて笑いましたw
そっと「ウザいからどっか行け」を選択しておきました(


まさかの全否定はこれまで拒まれることのなかったアクラオのプライドを傷付けたのでしょうか、かえって執着される結果となったのでした。

結果的に倒したら主人認定され、アジトに押しかけてきた挙句、願いを叶えるまで帰らない呪いの指輪状態で仲間になったのでした。

これ割り切ってるダリスはともかく、危害を加えられたシャルム的には本当に嫌でしょうね…と思っていたら、拳で殴り合って和解しておりました。The 脳筋な解決方法、好きですよ。

結論から言うとこの世界は1人の女神が創り出した平和な箱庭で、主人公達はなぜか入り込んでしまった異分子でした。

表向きはうまくやれていましたが、全ての人を幸せにするのは不可能ですし、外の世界から干渉を受け続けていたのもあって、主人公達が何かしなくてもいつかは壊れるものだったのかなと思います。

真実が明らかになってからの展開が超特急であっという間に終わった感じ。
面白かったかと言われると「うーん」ですが、ギャグ色強めでさらっと読めるストーリーでしたね。

 

ただやっぱり魔王様は魔王様だな!と思える終わり方で、ぶれない魔王様がますます好きになりました。


正直最初はマミィさん興味なかったのですが、色々分かると男魔王様で幸せにしてあげたいと思うようになりました。
最後の方は駆け足でクリアしてしまったので、DLCが配信されたら男魔王様でやってみようかなと思います。

 

個人的レビュー

マグラムロードの良いところ

美しいイラスト

イラストが綺麗でとても良かったです。

キャラクター達は個性の塊ですが皆良い子達で、全員好きになりました。

お遊び的な要素アリ

アクラオの戦闘中のセリフがなぜか執事っぽく、魔王様も「さっすが執事♪」などと言うので、いつからうちの執事になったのか、執事要素なんて物腰の柔らかさだけじゃないか…と心の中でツッコんでいたのですが、これ武器に付けるデコで台詞が変わるものがあるんですね…?
モーヴが明らかに気弱になっていてようやく「なんかおかしいぞ…!?」気付きました(笑

マグラムロードに物申したいところ

コンカツが薄い

個人的に1番期待していた部分なので薄くて残念でした。

ある程度好感度が上がるとデートに行けるのですが、毎回二言三言話して終わり。

私がクリアしたキャラのエンディングは信頼できるパートナー位の関係でした。

BGMの使いまわしが多い

特に印象に残る曲はありませんでした。
というのもフィールド曲の種類が少なく、大体どこでも同じのどかな曲が流れていたんですよね…

しかしまさかラストダンジョンまで同じ曲だとは思いませんでした。
1番初めに出かけた野原とラストダンジョンが同じってどうなんだ。

アップテンポで穏やかな曲調のOPテーマが大好きで、起動する度に2・3回は聴いておりました。

メタ発言が多い

「聞こえますか…いま貴方の脳に語りかけています…」等々、微妙に聞き覚えのあるメタ発言?が多いのが気になりました。

現実に引き戻されるというか、何か妙に冷めた気分になってしまうんですよね(。´・ω・)

総評

ストーリー  : 3.5 out of 5 stars (3.5 / 5)
グラフィック : 2 out of 5 stars (2 / 5)
音楽     : 3 out of 5 stars (3 / 5)

システム   : 3 out of 5 stars (3 / 5)
ボリューム  : 4 out of 5 stars (4 / 5)

総合評価   : 3.1 out of 5 stars (3.1 / 5)

武器は強いものをちょくちょく作る程度、仲間の好感度も程々に上げてクリアまでにかかった時間は13時間ほどでした。細かく遊べば20時間位はかかるのではと思います。

まとめ

若干旧世代の遺物感ありますが、不思議な魅力のある作品でした。

まずこの時代に完全新作というのがすごい。それに加え個人的には「恋愛要素のあるRPG」というだけで発売してくれてありがとう!と言いたいです。

ただコンカツ部分にもう少し力を入れて下さっていれば・・!戦闘やグラフィックがアレでも全然気にしないのに・・!(失礼な感想で申し訳ないです


フェリステラさん、今後も頑張って頂きたいメーカーさんです。
辛口感想となってしまいましたが、これからも応援しております!

↓ランキングに参加しているのでよろしければポチッと応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村
ゆるっとTwitterに生息しているので、お声がけ頂けると飛んで喜びます。
タイトルとURLをコピーしました