蛇香のライラ ~Allure of MUSK ~ 第三夜 アラビアン・ナイト 攻略感想【ネタバレON/OFF有】

乙女ゲーム

こんにちは、もちです!
いつも遊びに来て下さりありがとうございます。

今日は「蛇香のライラ ~Allure of MUSK ~ 第三夜 アラビアン・ナイト」のフルコンプ感想を、作品紹介→個別ルート感想→総評→まとめの順に書いていきたいと思います。

Switch版ではなくPC版の感想となりますのでご注意下さい!

尚、作品紹介や個人的レビューの部分は「第一夜」と同じ内容になりますので、今回は割愛させて頂きます。

↓第一夜、第二夜の感想も宜しければ参考にして頂ければ幸いです。

ネタバレを含む部分は、「続きを読む」ボタンでワンクッション置かせて頂きます。

それでは、本日もよろしくお願い致します。

スポンサーリンク

作品紹介

第三夜の攻略キャラクターは、シャナーサ王国の王「ライザール・シャナーサ」と、主人公シリーンの弟のような存在である「ジェミル」の2人です。

王の婚約者の身代わりを依頼され、シリーンが王宮に潜入するところからストーリーが始まります。

内容的には正にこれまでの集大成といった感じで、第一夜・第二夜で謎が残った部分も綺麗に解決するので、できれば前2作をプレイしてから本作をプレイするとより楽しめると思います(*´ω`)

大人向け度合いも三作の中で1番強いなと感じました(約:すごくエロかった

ストーリー概要

四方を砂漠に囲まれた熱砂の国――シャナーサ王国
名君と名高い王“ライザール・シャナーサ”の統べる国の一角に、その店はあった。

《ショーサロン・カマル》
《妖美な夢》が見られると有名な其の店では、様々な思惑を持った男たちで夜な夜な賑わっていた。

ある者は一夜の夢を見る為に、 ある者は己の私欲と野望を満たす為に。
――ある者は、嬌艶の美女と名高いカマルいちの踊り子――“舞妖妃”まいようひを一目見る為に。

ただし、美しい花には“毒”がある。
甘美な香りに夢中になっているうちに、致死量を超えてしまうような猛毒が。

“舞妖妃”にはもう一つの顔があった。
それは“密偵”スパイだ。

美しい花は今日も依頼を受け、密愛の罠に獲物を嵌めていく。

――ある年の7月。
シャナーサ王国で『世界次世代指導者会議』が開かれることになり
思いもよらない依頼が“舞妖妃”の元に舞い込んでくる事となる。

贅の限りを尽くしたヒラール宮殿を舞台に、
《9日間》の凄絶なスパイミッションが幕を開けようとしていた。

「殿下、ご自分の気持ちに素直になられてはいかがですか?」
「さあ、私の目を見て。身も心も、私は全て貴方のモノ――」

蛇のように絡まり逢った毒牙は解けるのか。
今宵、ライラ一夜の宮殿で、魅惑のムスクが香り色づく――

引用元:https://www.otomate.jp/triangle/lyla/switch/
PC版のレビューをチェック

ヒロイン紹介

主人公:シリーン

《ショーサロン・カマル》の踊り子で“舞妖妃”、21歳。

過去に凄絶な事件に巻き込まれた際に、親友と共に店主様に助けられたことでカマルで暮らすようになる。

店主様の病気を治す薬の材料を集めるため密偵スパイ活動を行っている。

男性から向けられる感情は、”愛情”ではなく、”ただの欲情”だと教えられているためか相手との距離感を正しく測り、緊急の時も冷静に対処ができる。

引用元:https://www.otomate.jp/triangle/lyla/switch/

攻略キャラクターとおすすめ攻略順

第一夜
ヴィンス → ロラン → 二重スパイルート

第二夜
鱗 皇驪 → 鱗 希驪 → 二重スパイルート

第三夜
ライザール → ジェミル → 二重スパイルート

第三夜以外は、基本的に好みで問題ないと思います。

2人のルートクリア後に、3人で取り合いのようになるルート「二重スパイルート」が解放されます。

ヴィンス・ルーガンCV:谷山 紀章さん
ロラン・クライデルCV:立花 慎之介さん
鱗 皇驪(りん こうれい)CV:興津 和幸さん
鱗 希驪(りん きれい)CV:佐藤 拓也さん
ライザール・シャナーサCV:森川 智之さん
ジェミルCV:村瀬 歩さん

共通ルート感想 (ネタバレON/OFFボタンあり)

続きを読む

シリーンの暮らすシャナーサ王国は元々貧しい国でしたが、7年前テロメアーナという美しい宝石が発見されて以降、貴重な資源として他国に売り出せるようになりました。

同時にこれまで表に出なかったライザール王が、突然手腕を発揮するようになったのも、国が栄えた大きな要因でした。

今回の依頼主はライザール王の婚約者である「レイラ」という女性。
想い人がいたのに親同士で婚約を決められてしまい、駆け落ちを決意します。

ライザール王は婚約者同士の顔合わせにも来なかったとのことで、レイラの顔を知りません。

シリーンの任務はそんなレイラと入れ替わってライザール王と対面することでした。

父親や周りにバレずに公の場に出るのは無理があるのでは?とこの時は思いましたが、(王宮の人1人も王の婚約者であるレイラの顔を知らなかったんかい!と)どうやらレイラがお馬鹿だとバレないよう、これまで父親が外に出さなかったようです(それも酷い

ライザール王が初めてシリーンを見た時、驚きの表情を浮かべた理由が気になります。

シリーンは身代わりとしてうまく立ち回りますが、ライザール王の方が一枚上手で、何よりヘナタトゥーの存在を知っていたため、完璧に疑われてしまいます。

タトゥーをどこで入れたのか尋問されますが、シリーンが嘘の情報を教えるとすぐに去って行きました。

一夜、二夜よりエロの表現が直接的になっていてちょっと驚きましたwこれは…アウトです(

一方、ジェミルは店主様からの依頼でライザール王暗殺の機会を伺っていましたが、全く隙を見せない彼に苛立っていました。

シリーンがいいようにされている姿を見た焦りもあり、暗殺を強行しますが失敗。

翌日シリーンから「何やってるの!」と問い詰められますが、あくまで弟として心配されるのが不満な様子。

少しでも意識させようとシリーンに迫るのですが、それすらも「ライザール王に対抗しようとして微笑ましい」みたいに捉えられるジェミルが若干不憫でした…w

ジェミルが言うには町で女性が誘拐される事件が相次いでおり、その犯人がライザール王だというのです。

ジェミルとしてはシリーンを巻き込んで危険に晒したくないのですが、事情を聞いたシリーンはジェミルに協力することを密かに心に誓うのでした。

毎晩ライザール王がこっそり寝室を抜け出し、朝方ムスクの香りを漂わせながら帰ってくる様子を見て、シリーンは益々彼のことを疑っていきます。

店主様もライザール王は悪だと言いますが、「ライザール王は貴重なある物を独占して私腹を肥やしてる」辺りの説明が嘘っぽさ満載で、怪しさが増しただけでした…w

店主様がその「ある物」欲しさに始末しようとしてるんだろうなと。

シリーンがライザール王暗殺への協力を決めたのは、盗賊に家族や村を奪われた自身の過去から、理不尽な目に遭う人を減らしたい、という思いからでした。

しかし実際には、宮殿に忍び込んだ孤児であっても国民として扱い、家族を救うと約束してみせた彼の姿を見て「本当にそんな人物なのか?」と思い悩むようになります。

疑ったりと迷ったり、葛藤がぐらぐらと忙しかったです(´・ω・`)

対するライザール王はシリーンが只者ではないと確信していますが、なかなか口を割らないので一つの手を打ちます。

それは結婚式の日程を早め、彼女の逃げ場をなくすことでした。

ここまでが共通ルートです。
シリーンとライザール王の誘惑合戦が何というかとてもエロかった…

二夜まで雰囲気エロだったのががっつりエロになっており、oh..といった感じでした。これはSwitch版でどこまでそのままなのか大変気になります(

それにしてもシリーンはレイラの真似が上手で、ちょっと頭が弱い女性のふりが完璧でした。
会話スキルも素晴らしい。

個別ルート感想 (ネタバレON/OFFボタンあり)

ライザール・シャナーサ CV:森川 智之さん

続きを読む

共通ルートではお互い一歩も引くことのなく、腹の探り合いをしてみせたシリーンとライザール王。

いきなり結婚式をすることになり、さすがにレイラの父親の目はごまかせないぞ…と思っていたのですが、店主様が事情を説明して味方に引き入れていましたw

まあ父親としては今更バレても立場が悪くなるだけなので、協力するしかないですよね…w

初夜シーンはスチルのないR18でした。
シリーンが初めてだったことに驚いて以降、疑いも少し晴れたようでライザール王が少し優しくなります。

ある晩またしても寝室を抜け出したライザール王を追ったシリーンは、彼が誘拐された娘達を助け出している姿を目にします。

貧しい民を救う正義の盗賊ライラ・ヌールの正体はライザール王でした。

尾行もしっかりバレていて、問い詰められますが、愚か者のふりは演技だと気付いても、レイラが入れ替わっているということにはまだ気付いていないようです。

ライザール王からすれば、レイラ(シリーン)は目的は分からないけど、どうやら自分の命を狙ってるわけではない謎の賢い女ですよね…(*´ω`)笑

シリーンとライザール王が幼い頃に出会っていて、シリーンがその記憶を失っているような描写が多々あったので、どんな事情があったのか気になりながら進めました。

最初の方でライザール王は7年前まで病気で伏せっていて、突然手腕を発揮するようになったというお話がありましたが、やはりというか盗賊の方が本業で、病床の王と入れ替わっていたことが分かります。

とは言っても宮殿に忍び込んだ際に王と意気投合し、双方同意の上で入れ替わっていたのでした。

シリーンとはそのライラ・ヌール(本名:ルト)だった頃に出会っており、店主様から逃げてきたところを助けられ、一緒に暮らしていた時期がありました。

ライザール王にとってカルゥー以外で唯一信頼できる、大切な存在がシリーンだったんですね。

しかしその記憶は全て店主様に消され、命の恩人でもなんでもない彼のために働かされていたというのが何とも胸糞でした。

ヘナタトゥーは特別な適性がある人間にしか使えず、普通の人間は注射されると3日後に死亡してしまいます。女の子達を攫っては注射し、適合者を探していたんですね(´・ω・)

店主様撃破〜注射された子達の救出あたりはマッハで解決したのでアレですが、ライザール王がいれば何とかなるだろうという安心感は凄まじかったです(笑

最後はレイラとライザール王としてではなく、シリーンとルトとして愛し合うことができたことに何だかグッと来ました。
シリーンの初恋が叶って良かったな(*´ω`)

途中ライザール王を助けようとして、相棒のカルゥーが死んでしまったのが辛かったです。

それでも最後はシリーンがルトの相棒となり、昼間は王妃・夜は2人組のライラ・ヌールとして活動していくというラストがとても良かったです…!

優しい家族から紫オバケへ転落した店主様には合掌。

王道感があってライザール王ルートだけで既に大満足なのですが…!
気になるジェミルルートへ行ってみます(`・ω・´)

ジェミル CV:村瀬 歩さん

続きを読む

5年前傷だらけの状態で店主様に連れられてきた。無愛想な弟分。

口を開けば舌打ち+遅れてきた反抗期状態で、まともに会話になりませんが、それもこれもシリーンが好きすぎて素直になれないがゆえでした。

共通ルートでは、売り言葉に買い言葉でつい告白してしまう様子にニヤニヤしました。

シリーンはジェミルの任務が人殺しだと知り、「大切な家族にそんなことはさせられない!」と止めようとしますが、実はこれまでもジェミルの主な仕事は暗殺だったんですね(´・ω・)

シリーンが「殺しなんて」的なことを言う度、傷付いた様子のジェミルが不憫でした。

結婚式の前日、ライザール王が「女の暗殺者に狙われて大怪我を負った」関係でシリーンが疑われ、投獄されてしまいます。

助けに来たジェミルと共に捕まり、ライザール王に尋問されてしまうのですが、肝心な店主様のことだけは話さないので、アレな薬を飲まされてしまいます。

そうです媚薬です。大人の玩具的な貢ぎ物といい、周辺貴族は王にそんなもの送るなよと思ってしまいましたよ(´・ω・`)笑

ジェミルは鞭打ちされまくるし可哀想だったのですが、この位の状況でないと弟脱却は難しかったのでは?とも思うので、何とも複雑な気持ちでした。

翌日ライザール王から、カマルの店主から解放を約束する代わりに協力を持ちかけられたジェミルは、働くのは自分だけという条件でそれを承諾します。

元々シリーンを連れて逃げたいと思っていたものの、闇世界の掟は厳しく逃げ切れる算段がなかったため従っていたようなもので、安全を保障してもらえるなら願ったり叶ったりだったんですね。

こうしてシリーンは事情も分からずジェミルに守られる日々ですが、2人でブドウを食べるシーンが微笑ましくてほっこりしました(´∀`)

ジェミルは幼い頃、借金のある両親を助けるために汚れ仕事を引き受けていましたが、実はそれは両親が仕組んだこと・更に彼らが本当の両親でなかったことを知り、全員を殺したところを店主様に拾われたという過去がありました。

その後はシリーンと出会い、彼女に殺しをさせないために自分が暗殺を担当していたんですね。

シリーンが幸せになることが自分の存在意義だと思っていた、と話すジェミルがもう切なくて(´;ω;`)おおお…となりました。

それにしても、実はジェミルが王族だったというのには驚きました。

シリーンのヘナタトゥーは、王族が持つ特殊な抗体に反応するため、王族に対して特別効きやすいのだそうです。ジェミルがいつもイライラしていたのはそのせいだったんですね。

店主様を倒した後、まさかジェミルが王位を継ぐことになるとは思いませんでしたが、ライザール王の補佐があれば大丈夫かな…?

うーん本来はジェミルの場所といえ、いきなり王に祭り上げられて、やっていけるのか不安に思ってしまいました(失礼

正直シリーンと2人で静かに暮らして欲しかったと思ってしまいましたε-(´∀`; )

二重スパイルート

全ての真相的ルートでした。
バッドエンドもあり、第一夜・第二夜の二重スパイルートとは一味違うなと感じました。

続きを読む

基本的にはジェミルルートと同じ流れで、合間合間にライザール王とのイベントが追加されている感じでした。

途中もしかしてジェミルルートかな?と何度かフローチャートを確認しました(笑

シリーンがルトのことを思い出しますが、ジェミルも大切でどちらも選べず三角関係に。

中盤まではスキップの嵐でしたが、大きく話が動く終盤は必見です。

ジェミルの血を使い店主様が念願の不老不死となり、「永遠の美を叶える方法」という謎の本と黒幕の正体が分かる展開から、正に蛇香のライラの集大成といったルートでした。

ライラに登場する女性サブキャラはこれまで、例外なく残念なことになってきたので、アイリーンは頼むからまともであってくれ…!と願っていましたがダメでした(´・ω・)笑

あんなに普通っぽかったのに、親友というのも偽の記憶で店主様の協力者だったとは…

村が焼かれた云々の記憶は全て偽りで、シリーンの両親は元々実験体。
2人から生まれたシリーンもまた、生まれながらに実験体だったんですね(´・ω・)

店主様は逃げてしまったので全て解決とは言い難いですが、これまでの二重スパイルートとは思えない爽やかな終わり方でした。

最後までシリーンをどちらの婚約者として発表するか、喧嘩が絶えないジェミルとライザール王のやりとりは面白かったです。

尚、第三夜の二重スパイルートのみバッドエンドがあり、最後の選択肢をミスするとアイーシャ様に飼われ続ける理想帝国が実現してしまいます。

何とも救いのない内容ですが、シリーンが恋しているか否かでここまで結末が分かれるのは面白いなと思いました(´・ω・)

三夜連続購入特典感想

三夜連続購入特典のボーナスシナリオについて、ちょこっと感想です。

続きを読む

カオスすぎて笑いましたwww

本作はトライアングルプロジェクト最終作ということで、同プロジェクトの「Tlicolity Eyes」「片恋いコントラスト ―way of parting―」の設定を、ライラのキャラクター達で行うのですが、トリアイの方は皇驪様がお局のようになっていたり、なぜか皆半裸だったりとツッコミどころ満載でした。


↑カオス過ぎて笑ってしまった図。

片恋の方は未プレイですが、青春×純愛物語とのことで楽しげでした。
先日発売したSwitch版をプレイされているフォロワーさんも多く、いずれ購入したいなと思います(*´ω`)

最後に店主様がシリーンに、情があったことを仄めかす演出がニクいなと思いました(笑

総評

ストーリー  : 4.5 out of 5 stars (4.5 / 5)
グラフィック : 4.5 out of 5 stars (4.5 / 5)
音楽     : 4 out of 5 stars (4 / 5)
システム   : 4.5 out of 5 stars (4.5 / 5)
ボリューム  : 3 out of 5 stars (3 / 5)

総合評価   : 4.1 out of 5 stars (4.1 / 5)

サクサク進む上先が気になるストーリーと、長すぎず短すぎない丁度良いボリューム感がとても良かったです。

まとめ

好きな作品順位など

時代に逆行してPC版をプレイするという暴挙に出てしまいましたが、『蛇香のライラ』はプレイして良かったなーと思える楽しさがありました!(*´ω`)

正直第二夜辺りでもういいかな・・?と満足してしまっていたりもしたのですが、それらを吹っ飛ばして土下座したくなる程、第三夜が面白かったです。

個人的に好きな順番は第三夜>第一夜>第二夜です。
しかし第二夜も普通の面白いので、はっきり言ってしまうと全て好きです(笑

Switch版との違いも気になるところ

その作品の主役でない他国の王子達も、サブキャラとして良い感じに会話に参加してくれる点も良いところだなと感じました。

感想はここまでになりますが、Switch版の追加要素や変更点も大いに気になるところで、落ち着いた頃にまた第一夜からプレイできたら良いなと思います。

長くなりましたが、本日もお付き合い下さりありがとうございました!

↓ランキングに参加しているのでよろしければポチッと応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村
ゆるっとTwitterに生息しているので、お声がけ頂けると飛んで喜びます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました