蛇香のライラ ~Allure of MUSK ~ 第一夜 ヨーロピアン・ナイト 攻略感想【ネタバレON/OFF有】

乙女ゲーム

こんにちは、もちです!
いつも遊びに来て下さりありがとうございます。

今日は「蛇香のライラ ~Allure of MUSK ~ 第一夜 ヨーロピアン・ナイト」のフルコンプ感想を、作品紹介→個別ルート感想→個人的レビュー→総評→まとめの順に書いていきたいと思います。

ネタバレを含む部分は、「続きを読む」ボタンでワンクッション置かせて頂きます。

それでは、本日もよろしくお願い致します。

スポンサーリンク

作品紹介

蛇香のライラとは?

「蛇香のライラ」はオトメイトさんから発売されたPC用女性向け恋愛ゲームです。

“アラビアン×官能×三角関係”がテーマということで、大人向けの表現も多く、お話的には「踊り子とスパイ・2つの顔を持つ主人公と、ターゲットとクライアントになる2人の男性との恋」が描かれます。

PC版は2018年~2019年にかけて1巻~3巻まで発売されましたが、2019年9月19日には、3本を1つにまとめたSwitch版の発売も決定しています。

追加要素は以下の通りです。

  1. PC版の全巻購入特典ドラマCDをボーナスシナリオとして追加
  2. ゲーム本編に新規CGを6枚追加
  3. 男性視点のSS、前日譚、店主様の日記等を追加
  4. 立ち絵の目パク口パク・振動機能追加

追加要素が割と盛り沢山なので、今から購入するなら間違いなくSwitch版がおすすめ・・ですが、移植に際しPC版にあったきわどいシーンが、ある程度カットされることは覚悟しておいた方が良いかなと思います。

移植に際してちょっとした愚痴

ねこくん
にゃっこ

3巻が発売してすぐ全巻入りの移植を発表するなんて、本当オトメイトさんってク○だよね!

もち
もち

こらこら!(それは言っちゃダメだ)
でもPCだから・・と購入を迷われていた方も多いと思うし、機種の選択肢が増えるのは有難いよね。

以下ちょっとした愚痴なので伏せます。

続きを読む
追加要素もあるので移植はありがたい!と思う反面、やはり早すぎだろ・・絶対最初から決めてただろと、勘ぐってしまう部分もあります(笑

移植自体は本当に有難いのですが、せめて1年位経ってからにしては?と思います。
「どうせ移植されるだろう」と、分割PC版自体買い控える流れが出来てしまうのは、良くないかなぁ・・などと思います・゚・(ノ∀`)・゚・

オトメイトさんの作品は好きで、今後も応援させていただきたいのですが、正直売り方は好きになれなゴホッゴホッ(強制終了

ストーリー概要

四方を砂漠に囲まれた熱砂の国――シャナーサ王国
名君と名高い王“ライザール・シャナーサ”の統べる国の一角に、その店はあった。

《ショーサロン・カマル》
《妖美な夢》が見られると有名な其の店では、様々な思惑を持った男たちで夜な夜な賑わっていた。

ある者は一夜の夢を見る為に、 ある者は己の私欲と野望を満たす為に。
――ある者は、嬌艶の美女と名高いカマルいちの踊り子――“舞妖妃”まいようひを一目見る為に。

ただし、美しい花には“毒”がある。
甘美な香りに夢中になっているうちに、致死量を超えてしまうような猛毒が。

“舞妖妃”にはもう一つの顔があった。
それは“密偵”スパイだ。

美しい花は今日も依頼を受け、密愛の罠に獲物を嵌めていく。

――ある年の7月。
シャナーサ王国で『世界次世代指導者会議』が開かれることになり
思いもよらない依頼が“舞妖妃”の元に舞い込んでくる事となる。

贅の限りを尽くしたヒラール宮殿を舞台に、
《9日間》の凄絶なスパイミッションが幕を開けようとしていた。

「殿下、ご自分の気持ちに素直になられてはいかがですか?」
「さあ、私の目を見て。身も心も、私は全て貴方のモノ――」

蛇のように絡まり逢った毒牙は解けるのか。
今宵、ライラ一夜の宮殿で、魅惑のムスクが香り色づく――

引用元:https://www.otomate.jp/triangle/lyla/switch/
PC版のレビューをチェック

ヒロイン紹介

主人公:シリーン

《ショーサロン・カマル》の踊り子で“舞妖妃”、21歳。

過去に凄絶な事件に巻き込まれた際に、親友と共に店主様に助けられたことでカマルで暮らすようになる。

店主様の病気を治す薬の材料を集めるため密偵スパイ活動を行っている。

男性から向けられる感情は、”愛情”ではなく、”ただの欲情”だと教えられているためか相手との距離感を正しく測り、緊急の時も冷静に対処ができる。

引用元:https://www.otomate.jp/triangle/lyla/switch/
続きを読む
プレイ前は百戦錬磨のお姐さんというイメージでしたが、実際にはそうでもなく、プレイ後は割と純粋な女の子だなという印象に変わりました。

相手を誘惑することが多い仕事柄、男性経験豊富なのかと思っていましたが、むしろ全くなく驚きました!( ゚д゚)下世話な話ですが、店主から色々と仕込まれているものとばかり思っていたよ…!

普段は関係を持つ前に、相手を毒で眠らせて終了しているとのこと。
ストーリー中は割と簡単に流されるので心配になりましたw

攻略キャラクターとおすすめ攻略順

第一夜
ヴィンス → ロラン → 二重スパイルート

第二夜
鱗 皇驪 → 鱗 希驪 → 二重スパイルート

第三夜
ライザール → ジェミル → 二重スパイルート

第三夜以外は、基本的に好みで問題ないと思います。

2人のルートクリア後に、3人で取り合いのようになるルート「二重スパイルート」が解放されます。

ヴィンス・ルーガンCV:谷山 紀章さん
ロラン・クライデルCV:立花 慎之介さん
鱗 皇驪(りん こうれい)CV:興津 和幸さん
鱗 希驪(りん きれい)CV:佐藤 拓也さん
ライザール・シャナーサCV:森川 智之さん
ジェミルCV:村瀬 歩さん

個別ルート感想 (ネタバレON/OFFボタンあり)

ヴィンス・ルーガン CV:谷山 紀章さん

続きを読む
隣国クライデル王国の王族を徹底的に滅ぼす「クライデルの悲劇」という出来事を起こしたことで、周りからは冷酷非道と噂されるルーガン王国の王子。

実際には自国が侵略される前に、自国と民を守るために、先手を打っていた心根の優しい人でした。

ヴィンスの親友で依頼人でもあるテオドールからの提案で、酒飲み対決の戦利品としてシリーンを与えられます。

女性に興味ないと言いつつも、最初から気になりまくりな様子にち、ちょろい!となりました(笑

シリーンのことを警戒しつつも、他の女とは違う様子や毅然とした態度に惹かれていくヴィンス。

シリーンも情報を探る内、彼の誠実さに惹かれていきます。

依頼ではヴィンスがロランの妹を攫ったとのことでしたが、そんなそぶりもなくあれ?あれ?と思っているうちにヴィンスの国でクーデターが起きます。

首謀者は親友テオドール(依頼人)だと聞き、やっぱりお前か!となりました。

自国に戻るヴィンスを追って、シリーンもルーガンへ。

道中こっそりお菓子を差し入れてくれる(自分があげたとは認めない)ヴィンスが可愛すぎました(*’д`*)

国に戻るものの、テオドールの策が用意周到すぎて(ヴィンスの人望がなさすぎて)、かなり積んだ状態、逆に捕らえられてしまいます。

民の幸せを願ってきたヴィンスですが、平和のために手段を選ばない方法が、民を恐れさせてきたのだと気付きます。

自分のやり方が間違っていたことに気付いたヴィンスが、徐々に民からの信頼とライザール王の協力を得て、国を取り戻すという展開がなかなか熱くて良かったです。

うまくヴィンスを追い出したテオドールが、その後国で贅を尽くしており、自滅した感もありましたが…w

騙し騙され愛憎ラブストーリーかと思いきや、お前と国を取り戻すAVGでした。

お話のボリュームは控えめなので駆け足ですが、グッドエンドは王道ラブストーリーといった感じで2人が幸せになり本当に良かったです(´∀`*)

反面バッドエンドはどうしてこうなった感がありましたw

タトゥーに操られた男達に壊されたシリーンがヴィンス様と結婚した後、彼を従順な奴隷に仕立て上げ、女の国を作り上げるという女王シリーン様爆誕。

誇り高かったヴィンス様が下僕になってしまい、蜂蜜をペロペロする姿はなかなか衝撃でした(

女にうつつを抜かして滅んだ国が、同じ歴史を繰り返すのは皮肉ですね(´・ω・`)

シリーンは女王として容赦なく振舞いながらも、ヴィンスは欲望に踊らされる他の男とは違っていて欲しいと思っていて、本当はヴィンスが元に戻る期待を捨てきれない中、過去の思い出に蓋をする様子が若干切なくもあるエンドでした。

ロラン・クライデル CV:立花 慎之介さん

続きを読む
女性が権力を持つクライデル王国で閉じ込められていた第3王子。
ヴィンスに攫われたパメラという妹を探している。

高貴で危険な王子という印象があったのですが、シリーンと市場で買い食いを楽しんだり、普段の姿は割と素朴というか純真無垢。

使用人のふりをして王子達が会合を行う宮殿に紛れ込むものの、全然仕事ができなくて役立たずと叱られまくっていたりと、最初の頃は少しイメージと違い驚きました。

しかしヴィンス様への憎しみをあらわにしたり、突如妖艶な顔を見せてシリーンに迫ったりと不安定な様子。

妹にそっくりな女性エレノアが登場し、ヴィンスに迫るようになってからはますます不安定に。

実はロランは幼い頃、侍女達から性的虐待を受けたことがきっかけで、寂しさから「女性を気持ちよくすれば誰かが側にいてくれるんだ」と思うようになってしまっていました。

侍女達がクソすぎましたね(´・ω・`)

彼女達は貧しい暮らしに耐えかねて、王族の子種を得て王族の一員になることを目論んだようですが、目論見はあっさりばれてロランの姉である女王に全員処刑されてしまいます。

何も知らない幼い子になんてことしてくれてるんだ…ロランが被害者すぎてひたすら不憫でした。

でも何よりも貧しかったのは国柄だったんだろうなと思ってしまいます。

ロランがちょくちょく体を使ってシリーンに迫るのは、そうすることでしか人に側にいてもらう方法を知らないという理由が切なかったです。

元々シリーンの優しさと強さに惹かれていたロランですが、過去を聞いてくれて尚、軽蔑せず側にいてくれる彼女を更に大切に思うようになります。

しかしヴィンスに大切に思われるシリーンが邪魔なエレノア(=パメラ)の策略で、シリーンはオークションで売り飛ばされてしまいます。

売られた先が鱗帝国の皇驪様の所で、すごく大切に扱われていたのが幸いでした…

そこへシリーンを救うためにヴィンスと取引し、クライデルの領主となったロランが迎えに来てくれ、皇驪の厚意もあり2人は無事国へと戻ることができたのでした。

エンディングではロランがヴィンスと仲良くなり、憎まれ口を叩けるような関係になっていて微笑ましかったです(´∀`*)

ただこのルートだとヴィンスはシリーンに一方的に誘惑された後、振られた形になっているので若干不憫ですね…w

それにしてもパメラはびっくりする程のクズでしたね!

ロランのことなんて人とも思っていないし、最初はヴィンスに恋する乙女なのかなぁと思っていましたが、勘違い野郎な上ほぼほぼお前のせいじゃねぇか!といった感じで、正直ここまでとは思いませんでした…w

諸悪の根源ですが、人形を大切にする姿は最初の頃のロランそのもので兄妹だなぁと複雑でした。

ちなみに初回はロランから逃げようとして、堂々の男娼バッドエンドに行きました(笑)
無事にハッピーエンドを迎えられて良かったです…\(^o^)/

二重スパイルート

続きを読む
2人をクリアすると解放されるルート。

あっちからもこっちからも翻弄され、骨抜きになってしまうシリーンさん。

スーパー爛れた関係エンドで楽しかったです!

タイトル画面で2人の王子が口にする「渇愛の生贄」という言葉も出てくるし、正直製作者さんはこのルートを作りたかったんじゃないかなぁと思いましたw

それにしてもテオドールさんマジキチダァァ!
実はパメラの婚約者だったとのことですが、変態呼ばわりされた上に本気で嫌がられていて笑ってしまいました。正直マジキチ同士お似合いだよ!!(失礼

カマルの店主は吉原彼岸花の某楼主様みがあり、今後どんな本性が出てくるかちょっと楽しみです。・・いいやはっきり言おう。

絶対やばい奴ですよね!絶対娘達攫ってきて洗脳とかしてるだろう・・w

ちょいちょい出てくる怪しげな本といい謎も残っているので、次巻以降が気になりますね。

個人的レビュー

蛇香のライラの良いところ

システム面が快適

システム周りはかなり快適でした。
中でもフローチャートが優秀で、回収していないエンドが一目瞭然。

クリア後はフローチャートから飛び、選んでいない選択肢を選ぶだけで、簡単にエンドの回収できました。素晴らしい!

選択肢ジャンプもあり、サクサク進めることができました。

世界観に合ったBGM

BGMは特別この曲が好きだ!という曲はありませんが、アラビアン調で今作の世界観に良く合っていて素晴らしいなと思いました。

蛇香のライラの悪いところ

ボリュームは控えめ

ボリュームは共通1時間、個別2時間+3人ルート30分程でした。

若干控えめな印象ですが、サクサクプレイできるので個人的には良い点でもありました。

バックログ

欲を言えば、マウスのコロコロを上側にスライドさせることで、バックログが読めると嬉しかったです。(画面上のボタンをクリックすれば読めます)

総評

ストーリー  : 4 out of 5 stars (4 / 5)
グラフィック : 4.5 out of 5 stars (4.5 / 5)
音楽     : 4 out of 5 stars (4 / 5)
システム   : 4.5 out of 5 stars (4.5 / 5)
ボリューム  : 3 out of 5 stars (3 / 5)

総合評価   : 4 out of 5 stars (4 / 5)

システム面が快適で、大変遊びやすい作品でした。

大人向け表現OKで糖度高めの作品をお探しの方に、おすすめしたい作品です。

まとめ

糖度は高め

OPムービーや公開されているスチルから予想できると思いますが、エロは多めです(笑

ただ暗転等でばっさりカットされているので、Vitaに移植されたPCゲーム程度の表現でした。

個別ルートの糖度高さ順は私的に、 二重スパイルート>ロランルート>ヴィンスルート位の印象でした。 ここまでエロ推しならいっそR18で作って欲しかったなと思いました(爆

次回作も気になる作りが良い

第二夜と第三夜の攻略キャラクター達もちょこちょこ登場し、次回作が楽しみになる作りになっていました。

個人的に気になるのは皇驪様。シリーンのことを好きな物語に登場する女の子に似ていると考えていて(そのものだと思ってる?)、尊すぎて声もかけられないといった様子が微笑ましくて、二夜がとても楽しみになりました( ´∀`)

三夜の攻略キャラである弟分アサシンのジェミル君は、可愛い系の子かと思っていたら意外と口が悪く、会うたびに舌打ちしてくる舌打ちマンだったのには驚きました。素直になれない系男子なのかなと楽しみです。

蛇香のライラ、ツッコミどころはありますが個人的には面白かったです!

これはもうR18で出せば良かったんじゃないかな…(まだ言ってる
本日もお付き合い下さりありがとうございました!

↓ランキングに参加しているのでよろしければポチッと応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村
ゆるっとTwitterに生息しているので、お声がけ頂けると飛んで喜びます。

コメント

  1. せーちゃん より:

    ライラ 良かったです!!
    もっちさんも楽しんだようで何よりです。。。
    でも、売り方・・・・ですよね。。。。

    いつものFDを後でだすから無印は糖度低めでって
    売り方もイラつくんですけど、
    今回のこの売り方は クソでしたね。 
    あ・・・言っちゃった。w

    どの程度がswitchだと割愛になるのかは分かりませんが
    3本まとめてとか、できるんだったら
    最初からやっとけって話ですよね。。。。
    一夜につき2人って 随分と
    ボリューム少ないよなって思っちゃいました。

    でも、どの話も結構面白かったです。
    ヴィンスの途中からのツンデレキャラ変更には
    ズガン!とやられました・・・・www
    ツンデレ大好きなんですよ~・・・・

  2. もち もち より:

    せーちゃん様:

    いつもコメントありがとうございます!
    売り方についてボロクソ書いてしまい「オ○メイトさんに消される・・」と思っていたので、共感して頂けて嬉しかったです(笑

    最近はゲーム業界も大変と思いますし、大人の事情はあると思いますが、100%の状態で売れる作品をあえて90%位の状態で出して「完全版」みたいな商法は嫌だなぁと個人的に思います。

    100%で売って120%の内容の追加版!とかだったら有難いんですけどね・・現実には難しいですよね・゚・(ノ∀`)・゚・

    ヴィンスのツンデレっぷり素敵でしたね!お菓子をこっそり差し入れてくれるエピソードが好きで、微笑ましく見守らせて頂きました(*´ω`)

タイトルとURLをコピーしました