ライブラリークロスインフィニット 感想【ネタバレON/OFF有】

    こんにちは、モッチです!

    今日はオトメイトさんのアプリ作品『ライブラリークロスインフィニット』(通称ラブクロ)の全ルート感想を書いていきたいと思います。


    以前のブログからの引越し作業をコツコツ進めており、ようやく半分位のところまで来ました。

    実はラブクロの感想は元々4記事に分けていたものを1つに纏めたため、文字数がとんでもないことになっています(笑

    色々手直ししながら進めているため、ゆっくりペースになり申し訳ありませんが、本日もよろしければお付き合い頂ければ嬉しく思います。

    目次

    ライブラリークロスインフィニットとは?

    本作はオトメイトさん制作のパズル×乙女ゲームアプリです。

    2019年1月にサービスが終了しましたが、ストーリーだけを読めるアプリ『ライブラリークロスインフィニット〜時が来たら、この願いを〜』が別途配信開始しました。

    序章(5話)から各ルート1章2話までは無料、各キャラクターのルート本編と個別ストーリーは各480円の課金制となっています。

    アプリということで全体的にサクッとしてはいますが、オトメイトさんの過去作(AMNESIA、薄桜鬼、ノルン 、猛獣姫、ゆのはな、グラハ)の世界やキャラクターが登場して主人公達を助けてくれる、ファンサービス的な面もあります。

    ストーリー概要

    『もし本を完成することが出来なかった場合、みなさんには罰として、ここで死んでもらいます。 期限は――13時まで』

    主人公であるプレイヤーは、見知らぬ世界で目を覚ます。
    見上げるとそこには「13」まで刻まれている大きく奇妙な時計が。

    そばに落ちていた見慣れぬ“白い本”。
    そして、同じ空間に閉じ込められた9人の男性たち。

    後ろにある大きな扉から脱出を試みるも、錠がかけられ固く閉ざされている。
    この世界から抜け出すためには奇妙な本の指示に従うしかない――?

    引用元: http://www.otomate.jp/smp/librarycross/

    死と隣り合わせの状況でストーリーは割とシリアスです。
    途中の選択肢でエンディングがハッピー、ノーマル、バッドの3種類に分岐します。

    オープニングムービー

    よかったらシェアしてね!
    • URLをコピーしました!
    • URLをコピーしました!

    コメント

    コメントする

    目次