PR

『恋と深空』セット思念とは?日位と月位の違い・おすすめ思念を解説

本記事では『恋と深空』の攻略情報を掲載しています。

「よく聞くセット思念ってなに?」「日位と月位って正直何が違うの?」「どの思念を装備するのがおすすめ?」などなど、思念にまつわる悩みを詳しくまとめましたので、参考にしてみて下さい。

この記事で分かること
  • セット思念とは
  • 日位と月位の違い
  • 育てるのにおすすめの思念
目次

セット思念について詳しく解説

そもそもセット思念ってなに?

『恋と深空』には、2つ一緒にパーティに編成することで特別な力を発揮する「セット思念」と呼ばれる思念カードが存在します。

戦闘時、チーム内に同じセットの思念2つを編成すると思念セット効果が有効となり、出撃中のキャラクターが大幅に強化されます。

しかも、セットに該当する思念カードがランクアップするたびに、新しい効果が追加され、どんどん強くなっていくのがスゴイところ。

もしもセットで所持しているのであれば、是非チームに編成することをおすすめします。(セットの片方だけ編成しても思念セット効果は発揮されない点に注意しましょう)

また、星5のセット思念を入手すると男性キャラクターの特別な衣装を入手できます。

  • セイヤ:追光の迷い+追光の破影(追光セット)
  • レイ:永久の枷+永久の封印(永久セット)
  • ホムラ:深海の約束+深海の贅沢(深海セット)

衣装や星5セット思念を確実に入手する方法については、以下の記事を参考にしてみて下さい。

実装済みのセット思念一覧

2024年2月時点で実装されているセット思念は以下の通りです。

スクロールできます
キャラクター名セット名レアリティセット内容
セイヤ追光セット星5セイヤ・追光の迷い
セイヤ・追光の破影
休日セット星4セイヤ・休日の約束
セイヤ・休日の移り香
眩光セット星4セイヤ・眩光の寝言
セイヤ・眩光の軌跡
朗らかセット星4セイヤ・朗らかな攻略
セイヤ・朗らかな予兆
ホムラ深海セット星5ホムラ・深海の約束
ホムラ・深海の贅沢
まだらセット星4ホムラ・まだらの足跡
ホムラ・まだらの陶酔
彩色セット星4ホムラ・虹の彩色
ホムラ・朝日の彩色
朗らかセット星4ホムラ・朗らかな瞬間
ホムラ・朗らかな遊戯
レイ永久セット星5レイ・永久の枷
レイ・永久の封印
夜セット星4レイ・夜の星々
レイ・夜のネオン
静謐セット星4レイ・静謐な声
レイ・静謐な瞬間
朗らかセット星4レイ・朗らかな対面
レイ・朗らかな楽園

セット思念の見分け方

バトル出撃前の編成画面では、思念カードの画像右上に表示されるセット名で見分けましょう。

ただし、ホーム画面→画面下の「思念」ボタンから移動できる「思念一覧画面」では、残念ながら現状セット名が表示されません。

少々面倒ですが、画面上に表示されるキャラクター名で目的のキャラを絞り、思念カードの名前で見分けましょう。

セットに該当する思念は、タップした際「RankUP」ボタンの右上あたりに「セット」と表示されています。ここで見分けるのもおすすめです。

日位と月位について詳しく解説

日位と月位ってなに?

そもそも日位と月位ってなに?というお話ですが、出撃画面を例に説明させて頂きます。

画像内、赤枠で囲まれた左側の部分が日位、青枠で囲まれた右側の部分を月位といいます。

日位には最大2枚、月位には最大4枚の思念をセット可能。ゲームをはじめたての頃はセットできる枚数が少なめですが、ハンターレベルの上昇にともない枠が解放されていきます。

日位と月位の違いは?

ずばり装備できる思念カードが異なります。

日位には太陽マークのついた思念、月位には月マークのついた思念のみ装備可能です。

「適当に強化してみたものの、全部日位だった!」なんてことにならないように、カードに描かれたマークにも注目したいところです。

おすすめ思念カード・育成順について解説

むーちゃん

セット思念が強いって分かったから、セット思念ばっかり育てていけばいいよね!

みーちゃん

それはダメ!なぜなら……

強力な効果を発揮するセット思念ですが、実は現状「日位」にしか存在しません。

さらに、日位にセットできるカードは2枚だけなので、どれだけたくさんセット思念を育てても、戦闘で使えるのは2枚だけ。貴重な育成素材が無駄になってしまう恐れがあります。

つまり、セット思念だけでなく色々なカードを育てていく必要があるんです。

どの思念カードのレベルを上げればいい?

個人的なおすすめ育成順は以下の通りです。

日位
月位
  • 星5セット > 星4セット > その他
    (とりあえず2枚育てる)
  • 星5 > 星4 > 星3
    (とりあえず4枚育てる)


前述の通り、現状セット思念は日位にしか存在しないため、日位にセット思念・月位に星5思念を編成するのが強いです。

セット思念を1枚も持っていない……という場合には、星4を優先的に育て、星4もなければ星3を育てましょう。

育成するカードはなんでもOK(絵柄で選んでも可)ですが、属性的には以下のものがおすすめです。(理由は後述)

  • セイヤ:緑玉と黄璃
  • レイ:紫輝と桜珀
  • ホムラ:紅波と青孤
モッチ

あくまで育てる思念に迷ったら……程度なので参考までに!

みーちゃん

どのカードも使えるし、「絶対にこの属性じゃないダメ」なんてことは一切ないから安心してね!

「セットを片方だけ持ってる」「揃っていない」という場合でも、いずれ揃う可能性があるため、セット思念を優先的に育てていくことをおすすめします。

また、本作は戦闘ステージごとに有利に戦える属性が異なるため、どの思念が最強とは一概に言い難いです。

上記優先順に沿って育てつつ、必要に応じて他の属性を追加で育てていく形がおすすめです。

全キャラクター育てた方がいい?

最初は1人を集中して育てていくのがおすすめですが、最終的には全キャラクター育てるのが良いです。

というのも、現状ではセイヤは「緑玉と黄璃」、ホムラは「紫輝と桜珀」、レイは「紅波と青孤」に属性が偏っているため、キャラクターによって有利に戦える状況が異なります。

日常的に使う1人をガッチリ育てつつ、他2人も育てていくと色々なコンテンツに対応できておすすめです。

あとは「深空試練」「ハンターチャレンジ」といったコンテンツでは、セイヤ・ホムラ・レイそれぞれに戦うステージが用意されているため、各キャラクターを育てておくとダイヤなど報酬の回収に役立ちます。

とはいえ育成には素材が必要不可欠です。

まずは1人をしっかり育てて、高難度の育成素材用クエスト(零時追跡)をクリアできるようにし、育成効率を上げていくと良いでしょう。焦らず自分のペースでコツコツ頑張りましょう!

チーム編成時の注意点

・同じチームには同じ男性キャラしか編成できない
・戦闘を開始するには最低でも1枚思念を編成する必要がある

チーム編成においては、同じチームに同じ性別のキャラクターしか編成できない、また、戦闘を開始するには最低でも1枚の思念を装備している必要があります。

これらのポイントを押さえることで、より効率的にチームを構築することができるでしょう。

チーム編成時のお悩み相談室

出撃する男性パートナーを変更したい

セイヤをレイに変更する場合を例に解説させて頂きます。

まず、チームに1つでもセイヤの思念がセットされていると、パートナーはセイヤになります。

編成済みのセイヤの思念を全て外した後、レイの思念をセットしましょう。

以下の手順通りに進めると簡単です。

・いずれかの思念編成枠をタップした後、左下のリセットをタップ。
・その後パートナーにしたい男性の思念をタップして編成すればOK

まとめ

以上、『恋と深空』のセット思念について、日位と月位の違い、おすすめの思念カードについて詳しく解説させて頂きました。

結論から言えばとにかくセット思念がおすすめだよ!というお話ですが、セットが揃うかどうかは運次第な部分も大きく、なかなか難しいポイントです。

幸い、本作はガチャチケットやダイヤの配布が多めなので、気長にプレイを続けていけばいつかは揃うはず。のんびり育成を続けていきましょう。

参考にして頂ければ幸いです。

『恋と深空』攻略記事一覧リンク

ブログ村

いつも遊びに来て下さりありがとうございます!
↓良ければランキングも覗いてみてください。 にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
PVアクセスランキング にほんブログ村
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

乙女ゲーマーさんにおすすめのアプリ!

人公はあなた自身!自分の言葉で物語を進められる無料チャット型恋愛ゲーム『プラスメイト』がおすすめです。

頻繁に行われるアップデートにより、2023年現在の攻略キャラはなんと30名以上!頼りがいのある大人の男性から年下の彼、ツンデレからヤンデレまで、きっとあなた好みのキャラが見つかりますよ。

実際に遊んだ感想も記事にしているので、良ければレビューも参考にしてみて下さい!

この記事を書いた人

モッチと申します。
2022年からゲーム特化WEBライターとして活動中。
プレイした作品や漫画の感想をのんびり書き綴って行きたいと思います。
時々謎の生物にゃっこが出現します(誰

ゲーム特化のWEBライターとして活動しており、企業サイト様への納品実績があります。レビューなど仕事のご依頼はお気軽にご連絡下さい。
お問い合わせ

プライバシーポリシーはこちらです。

コメント

コメントする

目次