7月25日&26日 購入タイトル一覧

日常雑記

こんばんは、もちです。

7月25日、26日はゲームソフトの発売ラッシュでしたね。
まとめてとなりますが、発売おめでとうございます!

購入したものを次項から順番に書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

自分用Switch本体

まずはこちら。

実は2台目のSwitch本体を買ってしまいました…!

先日Switch Liteが待ち遠しいという記事を書いたばかりなのですが、 我が家は夫婦2人ともゲーマー。

楽しみにしていたFE最新作を2人ともプレイしたい!ということで、機種争奪戦が避けられない状況になりまして、Liteが発売する9月まで待つことができませんでした\(^o^)/

正直早まったなと思うのですが悔いはない…!

今日から全力で活躍して頂く所存です。

ファイアーエムブレム風花雪月

続いてFEシリーズ最新作となる「ファイアーエムブレム風花雪月」

シリーズものですが、前の作品とは話の繋がりはないので、いきなり本作からプレイしても全く問題ありません

昔のファイアーエムブレムといえば、純粋な難易度もさることながら、

  1. キャラクターが死亡すると戦死扱いとなり、以降2度と使えない
  2. 章の途中でセーブができず、ミスをした場合また章の最初から

という要素から難易度高めで、ミスをした際の絶望感が半端ないものでした。

ですが、最近は戦闘中にセーブできたり、簡単な難易度が選べるようになっています。

キャラクターが死亡しない設定にもできるので、キャラを失いたくない…という方でも安心してプレイできますよ。

もちろん難易度高めのハード・ルナティックや、従来通り戦死する設定も選べるので、初心者さんから上級者まで幅広く楽しめる作りになっています。

当ブログ的に特筆したい点は恋愛要素でしょうか(*´ω`)

キャラクターの隣で戦ったりすることで支援レベルが上がり、キャラクター同士の会話が発生します。

主人公はほぼ全てのキャラクターと支援会話があり、最終的に1人だけ恋人状態になることができます。
支援MAXの会話はなかなか甘めで良いですよ!

ある程度相手は限られていますが主人公以外のキャラにも存在し、ものすごいバリエーションの会話を楽しめるのが魅力です。

この辺りは後日、風花雪月のプレイ日記に詳しく書いていきたいと思います。

FE覚醒・IFあたりは初心者の方でも取っつきやすい難易度になっているので、興味のある方は是非プレイしてみて下さい。

ルーンファクトリー4スペシャル

続いては「ルーンファクトリー4スペシャル」です。

予約していませんでしたが運よく限定版をゲットできました。

2012年に発売された3DS版に追加要素を加えてSwitchに移植されました。

ジャンルはアクションRPGです。
「4」とありますが、シリーズを通して話は繋がっていないので、本作からプレイしても全く問題ありません

私は3DS版をプレイ済みですが、だいぶ内容を忘れつつあるのと、追加要素が恋愛がらみということで購入を決めました。

具体的には結婚後の生活を描いた「しんこんモード」が追加されているとのことです。

男性主人公・女性主人公を選べて、誰と結婚するかも自由なので悩みますね(*´ω`)

3DS版は割と戦闘に苦戦した印象ですが、難易度はイージーから選べるので、今回はサクサク進めたら良いなと思います。

ちなみに7/25~8/26までの間、通常700円の追加ダウンロードコンテンツ「アナザーエピソード」が無料でダウンロードできるそうなので、購入された方は忘れずにダウンロードしましょう!

ピオフィオーレの晩鐘 -ricordo-

「ピオフィオーレの晩鐘」はVita版発売から1年ほどでSwitchに移植されました。改めて人気なんだなーと感じております。

個人的に本編は話の進み方がゆっくりで、正直そこまで面白いとは感じなかったのですが(申し訳ありません)、映画のような演出とキャラクターが素晴らしい作品でした(*´ω`)

追加要素として各エンディング後のショートストーリーや、新たなストーリーが追加されており、いずれも初めから読むことができます。

実は昨日バッドエンド後のショートストーリーのみ、読ませて頂いたのですが、想像以上にやばかったです…!

バドエン後とかおいしいなーと軽い気持ちで読みに行った自分を殴りたい。

1人5分ほどとボリュームは控えめですが、軽率に読むと心に大ダメージを受けること間違いなしの、ものすごく心に刺さる内容でした。

読んだ後、早急に彼らの幸せな姿を見なくては…!という気持ちになり、ベストエンドへ走りたくなりました。

死神と少女

「死神と少女」は以前から気になっていた作品です。
PSPということで何となくプレイできずにいましたが、8年の時を経てVitaに移植されました。

シナリオライターは”大正×対称アリス”と同じ藤文さん。
対アリでは真相が気になるストーリーに惹きこまれたので、本作もとても楽しみにしています。

まとめ

ということで、昨日今日で購入した作品一覧でした。

しばらくはプレイする作品が沢山で嬉しい限りです(*´ω`)

乙女ゲームを合間に挟みつつ、FE→次にルーンファクトリー4の順番にプレイしていきたいなと思います。

というよりも今はFEが楽しみすぎて、ィヒャッホォォォゥと叫びながらSwitchに飛びつきたい気持ちで一杯です(怪しいわ

走り書きですが、本日もお付き合い下さりありがとうございました!

↓ランキングに参加しているのでよろしければポチッと応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村
ゆるっとTwitterに生息しているので、お声がけ頂けると飛んで喜びます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました