華アワセ 唐紅/うつつ編 攻略感想【ネタバレON/OFF有】

乙女ゲーム

こんにちは、もちです!
いつも遊びに来て下さりありがとうございます。

今日は「華アワセ 唐紅/うつつ編」のフルコンプ感想を、個別ルート感想 → 総評 → まとめの順に書いていきたいと思います。

細かい作品紹介については第1作目である「蛟編」の感想に書かせて頂いたので、今回は割愛します。

前作までの感想はこちら

ネタバレを含む部分は、「続きを読む」ボタンでワンクッション置かせて頂きます。

それでは、本日もよろしくお願い致します。

スポンサーリンク

作品紹介

ストーリー概要

“華札”を用いた札遊び、”華遷”。

その特殊な”華”の力を引きだせるのは、一部の能力者”華咏”のみ。

彼らの多くは男性であり、学園内に限り唯一の力を持つ5人は
“五光”と呼ばれ、崇められている。

本作は、稀有な才能・人材を輩出する華遷国立学園を舞台にくり広げられる、
“五光”を目指す男性たちと、彼らに身を捧げる乙女の物語である――

引用元:http://hana-awase.net/
レビューをチェック

タイトル画面の「ジャジャッジャジャッジャジャッジャッ!」を聴くと「ああ、華アワセに帰ってきたー」と何だか安心します(笑

スタートするとまず流れるOPムービー。
毎回格好良いなと思うのですが、今作は一際格好良かったです。

ヒロイン紹介

主人公:みこと

とある事件をきっかけに華遷国立学園へ編入する少女。

鬼札に導かれた伝説の水妹”泉姫”(せんき)の候補であり、華遷を通して五光や周りの人達と触れ合う事で少しずつ覚醒していく。

引用元: http://hana-awase.net/

前作からの変更点

システム面については姫空木編から変更なく、パラメータにも「速さ」と「水(MP)」があります。

ただ前作よりは連戦が少なく、個人的には遊びやすかったです。

あとは花札バトル中に必殺技を使用した際、ムービー演出がなくなった分早く軽くなり、背景のイラスト(OPムービーに使われているもの)が表示されるのが格好良かったです。

五光以外にもイラストがある点が嬉しかったですね(*´ω`)

攻略キャラクターとおすすめ攻略順

うつつ・いろはの2名に攻略制限があり、流れとしては唐紅→うつつ→いろはの順に攻略することになります。

姫空木と蛟は、合間のどのタイミングで攻略しても問題ありません。

以上を踏まえて個人的なおすすめ攻略順は以下の通りです。

1 唐紅
2 蛟 or 姫空木
4 うつつ
5 いろは
蛟(みずち)CV:福山 潤さん
姫空木(ひめうつぎ)CV:立花 慎之介さん
唐紅(からくれない)CV:日野 聡さん
うつつCV:杉山 紀彰さん
いろはCV:寺島 拓篤

個別ルート感想 (ネタバレON/OFFボタンあり)

唐紅 CV:日野 聡さん

続きを読む

ストーリーの方はいつも通りいろはさんが迎えに来て、みことちゃんが華園に行くところからスタートするのかな?と思いきや展開が違うことに驚きました。

今回みことちゃんは鬼札に選ばれておらず、開闢(かいびゃく)高校という、ごく普通の学校に通っています。

姫空木さんは同じ学校の先輩で、代わりに月光組の五光は花神さんが勤めています。

姫空木編のラスボスだった茉莉花ちゃんの存在に最初驚きました。
が、前作の展開を思い出しながら花神さんと茉莉花ちゃんが一緒にいる姿を見るだけで尊いというか、良かったね…!という気持ちになりました(そんな温かい気持ちは後の姫空木ルートでひっくり返ることになります(爆

さて唐紅ルートは、唐紅さんが金の力で華園・開闢の両校を買収し、華園の新校長になるというとんでもない展開からスタート。

更にみことちゃんを手に入れるために交換留学制度を作り、蛟さんとみことちゃんを交換しようと目論みます。(ちなみに蛟さんが選ばれたのはパートナーがいない事、性格上1番唐紅先輩の邪魔になりそうだったから)

第一印象の悪さは相変わらずでしたが、めちゃくちゃ良い人だ…!格好いい…!と後から株が爆上がりするのも相変わらずでした(笑

周りに超人が多いので普通に気遣ってくれる人って本当に貴重というか、心が温かくなりますね( ´ー`)

中盤、みことちゃんの命を狙う謎の女性から彼女を庇い、唐紅さんが命を落としてしまいますが、百歳さんの力で魂だけが無い状態で体を保たれていました。

みことちゃんは唐紅さんのパートナーになることを決め、華園への転入を決意し彼の魂を探すために協力してくれるパートナーを探すのですが、当然彼が目覚めたらお役御免のパートナーを買って出てくれる人なんていません(´・ω・`)まあそれはそうですよね、言い方は悪いですが利用されてポイみたいな感じですもんね…

そこにパートナーでいる間だけは僕の恋人になって下さい、と立候補してくれる姫空木さんや、それでも構わないと言ってくれる蛟さんにブワッとなりました(´;ω;`)

後に他キャラクターへのルートはここから分岐します。

その後無事唐紅さんの魂を見つけ出したみことちゃんは、自分の生命力を分け与えて彼を生かす契約を結びます。

泉姫にも覚醒し晴れてパートナーと思いきや、寅家の陰謀で唐紅さんが他の人と結婚させられそうになったり(´・ω・`)

寅家を支配していた唐紅さんのお母さんは登場時は完全に艮(うしとら)でしたが、寅家の方々に指示を出していたというので少し前までは人間だったのかな?

唐紅先輩ルートの話を見る限りでは全て紅父が悪いように見えますが、紅母のお姉さんにうつつさんを産ませた経緯ははっきり語られないので、この辺りは何かやむにやまれない事情があって紅父が紅母を裏切る形になったのだと想像することしかできませんでした。

最後、紅母を浄化しきれず取り込まれそうになったみことちゃんを庇って、いめ君が艮を引き受け消えてしまいます。

紅母、いろはさん、いめ君。自分達が生きるために犠牲にした命と罪を背負いながらも、2人で生きて行こうというお話でした。

みことちゃんが開闢高校に通っていることもそうですが、五斗に想いを告げなかった場合の露吹さんは味方でいるんだなーとか、今回のツキにはそんな「もしも」が沢山詰まっていて感慨深かったです。

あと最初の頃安芸村教頭顔色悪すぎwと思っていたら疫病で既に亡くなっていたのだというちゃんとした理由があったのにはヒッとなりました(

これまで強い五光の人達に支えられながら泉姫候補として成長していく話だったので、いめ君のように成長していく子の存在は新鮮でした。君のために頑張ったんだ!と言いながら華闘ランキングのし上がってきてくれるいめ君可愛いよ…w

あとまさかのチャリスさんエンドがあって嬉しかったです。

唐紅さんの魂を戻してもらう代わりに、みことちゃんがチャリスさんのところに行くエンドなのですが、エンドが2つもあって私は幸せでした(*’д`*)(←オッサン好き

姫空木 CV:立花 慎之介さん

続きを読む

開闢高校の王子様的先輩。
育った環境から華遷はできるという設定。

みことちゃんのことが大好きですが、どれだけ想っても気付いてもらえない先輩。

表向きは「好きな子にヤキモチを妬かせるためにパートナーになって欲しいんだ」という理由から、唐紅さんの魂を探す間は恋人同士になるという条件でパートナーを組むことになります。

しかし『絶対に振り向かせてみせる、君の心から唐紅先輩を消し去って。そしてふたりだけの世界に行こう』という導入部分から既に不穏な感じがプンプンですよ姫さん(´・ω・`)

みことちゃんの華園転入に姫空木さんも付いてきてくれることになりますが、華園に着くなり姫空木さん大好きな茉莉花ちゃんが「泉姫候補のパートナーには花神をあげるから代わりに自分のパートナーになれ!!」と暴虐の限りを尽くしてきます\(^o^)/

姫空木さんを自分の奴隷にして苦しめてやる…そのために花神さんが傷つこうが関係なしという姿勢がヒェェ…って感じでした。

最初の頃みことちゃんに優しいので「おっ今回良い子だなぁ」と思っていましたが撤回。とんでもない悪魔でした(´°ω°`)

花神さんはこれで良いのかと思ってしまいますが、前作の盲信っぷりを見ているのでこれがこの2人の形なんだ…と妙に納得してしまう所がありました。歪んでいるけれど真っ直ぐな花神さんが好き(何

しかし後にうつろひに憑かれていたことが発覚。
茉莉花ちゃんからうつろいが発生した後、花神さんと一緒に失踪してしまいます。残されて動揺する月光組をまとめあげる姫空木さん。

これまで恐怖政治で治められてきた月光組に穏やかに優しく接することで、あっという間に心を掴みます。

姫空木さんは表向きは完璧にこなしているように見えますが、本当は無理しているのを見抜くみことちゃん。必死で格好悪い先輩も素敵でした。

エンドはサダクロー大勝利エンドと共犯者エンドの2つ。

サダクローの方は教師と助手という立場になり幸せそうな良い終わり方でしたが、共犯者エンド(姫さん)の方は茉莉花ちゃんを断罪し、表向きには自死と発表して悲劇のストーリーを作り上げるのが仄暗かったです。ツキに選ばれていない場合はやはりというか、ハッピーな感じにとは行かないのでした\(^o^)/

茉莉花ちゃんのことは正直苦手ですが、歪んでしまうくらい姫空木さんが好きだったのだな、と思うとある意味すごく純粋な子なんじゃないかと思ってしまいます。

姫空木ルートの登場人物たちはみんな一方通行だけど一途な愛に生きていて好きでした。
皆幸せになってほしいです。

蛟さんと姫空木さんが出会ってすぐ仲良くなっていて、場所が変わっても変わらない関係性が良かったです。

どちらかがみことちゃんと仲良くしようとしていると、もう片方が潰しに来る足の引っ張り合いにも笑ってしまいました/(^o^)\

蛟 CV:福山 潤さん

続きを読む

最初にパートナーになって欲しいと語りかけた際、即刻退室した蛟さん。後にパートナーを買って出てくれたのには何か理由がありそうな雰囲気です。

蛟さんは特定の水妹を持たないので2人が華園に戻った途端、鴻鵠組では大騒ぎに。

実力主義な鴻鵠のお姉様方はぽっと出のみことちゃんを認めず、いじめて追い出そうとしてきます(´・ω・`)鴻鵠組怖い

しかし委員長の助けで華闘で決着をつけることになり、お姉様方に認めてもらうべくみことちゃんは華闘の毎日を送ります。

蛟さんルートのみことちゃんはとにかく勉強家といった印象で素敵でした。どちらも真面目なので、根本的なところでこの2人は相性が良いなぁと思います(´∀`)

空気を読まず蛟さんに恋愛指南しまくるタネカスに笑いましたwやっぱりこの2人好きだなぁと…w

ちょこちょこ登場してはゲスな行動を繰り返す唐紅さんが本物なのか、またはカラクリ紅さんなのかと不思議に思っていましたが、体は本人のもので中身はもう1人の蛟さん(ミズチの方)だと聞いて納得しました。

つまり蛟さんが作り出した「彼に都合のいい唐紅さん」だったんですね(´・ω・`)しかし同時にそれは彼が押し隠していた本心でもあり、蛟さんが唐紅さんを嫌う理由は同属嫌悪という言葉になるほど、と思ったのでした。

ミズチ化した蛟さんのエンドは、吹っ切れた感と後味の悪さが半端なかったです。

もう一つの全てを失った彼の傍にみことちゃんがそっと寄り添うエンドでは、(唐紅さんには悪いと思いつつも)しがらみから解放されて柔らかくなった蛟さんの様子にほんわかしました。

こちらは幸せそうでエンドで良かったなぁと思えましたが、この先2人が結ばれるようなことがあればソードさんがやってきて、先のエンドと同じ結末を迎えるんだろうな…と微妙な気持ちにもなりました。やはり根本的なところを解決せねば・・((((゚д゚))))

うつつ  CV:杉山 紀彰さん

続きを読む

「みこ、みこ」と呼びながら、みことちゃんを慕う様子がとても可愛かったです。

開始してすぐのイベント等で不思議で怖い人というイメージがあったため、いざルートに入ったら「か、可愛いだと…!?」とかなり驚きました(笑

これまでの作品では名前だけ登場するものの、姿は確認できなかったうつつさん。
今回のみことちゃんは、うつつさんが存在している別の世界線に迷い込んだようです。

うつつさんはケ(死)の力を使い穢れを振りまくので、周りからは不吉とされ避けられていますが、そんなうつつさんのことをみことちゃんは魔法使いのようだと語り、祈り子をやめる方法を一緒に探そうと約束します。

元々みことちゃんのことが大好きなうつつさんですが、温かい気持ちを与えてくれるみことちゃんをもっと好きになり、やがては共に生きることを望んでしまいます。

しかしうつつさんは丑家の祈り子。祈り子が望みを叶える時、大きな願いほど求められる代償が大きくなります。

「共に生きたい」という願いのために華園の生徒達の命が犠牲になりかけ、それを止めようと「あめつちのうた」を使ったみことちゃんが全ての咎を引き受け、犠牲になってしまいます。

それによりうつつさんが壊れ、人がいるからみことちゃんが傷付くのだと、みことちゃんを守るために他の人間全ての死を祈る「籠の世界」を作り出してしまいます(´・ω・`)

要は全ての人類を殺して、みことちゃんを生き返そうとしたのでした。

うつつさんの祈りは届いており、みことちゃんは元の世界で目を覚ましますが、自分が命を落とした後の悲惨な運命を変えるために、サダクローさんの作り出した「カラクリ咎」というアイテムを使って咎を正していきます。

最終的には「自分とうつつさんが存在しない世界」にすることで滅んだ世界を救うのでした。

そして記憶を持ったまま転生した次の世界でうつつさんと再会してハッピーエンド…
苦難の果てに掴みとった幸せ、といった感じが尊かったです。・(ノД`)・。

いろは CV:寺島 拓篤

続きを読む

攻略制限の関係で最後となるのがいろはさんルートです。

今回のいろはさんはどこか様子がおかしい。
多分最初にうつつさんと一緒にいろはさんらしき子を倒してしまったせいかな…?と予想していました。

途中までは何だかいろはさん冷たいなぁ(´・ω・`)とか思っていたのですが、うつつさんルートで金平糖をあーんするシーンの破壊力がすごすぎて、そんな不満は吹っ飛んで行きました。
すごいスピードで次の金平糖を催促してくるのがかわいすぎました\(^o^)/

そんないろはさんルートは、何とうつつさんルート後の話からスタートします。
みことちゃんもいきなり泉姫の状態です。

内容としてはいろはさん視点での怒涛の真相ルートで、同時に記憶がないいろはさんが自身の過去を体験することで、徐々に人間らしさを取り戻して行きます。

ぶっちゃけうつつさんルート終盤の咎とか代償の辺りですでにパンク気味だった頭が、ここに来て完全にキャパオーバーでした( ゚д゚)パ-ン!!

すごく簡単にまとめると、みことちゃんは4/19に必ず何者かにより命を奪われる運命にあり、それを救うために理事長たちが流転の咎を負い「運命の籠」を作りました。

華園に来れば「運命の籠」に守られてみことちゃんは死にませんが、誰かと結ばれた後に命を落とした場合、また16年前に戻るよう世界がループしていたのでした。

全てを知ったみことちゃんが皆が未来を迎えられないのはダメだと考え、「運命の籠」を壊すために様々な咎を消していき、やがて真実に辿り着くといったお話でした。

この辺りは咎を消すために、過去に飛び華アワセを繰り返すことになるのですが、咎の大量発生に遂には「あれ?そもそも咎って何だっけ…?」となってしまったのは内緒です(

感情を持つ人間が後悔すると「咎」が発生し、取り返しのつかない罪となってその人を苦しめる、という感じで合っていますかね?(´・ω・`)

昔みことちゃんの命を救った代償に、彼女を愛する感情を永遠に失ってしまっていたいろはさん。

彼女の側にいることでこのままではいずれ祈りを壊してしまうと気付き、祈り子のうつつさんにここではない世界へと飛ばしてもらいます。

消えてしまったいろはさんを追って、みことちゃんが百歳さんと共に異界へと旅立って終わるのですが、実質いろは編序章と言ってよさそうな内容でしたね。

いろはさんの「ずっと待っているのに何度巡っても選んでもらえない、もう嫌だ苦しい」といった言葉が可哀想で…次のいろは編では幸せになってほしいなと切に思います(´;ω;`)

それにしても何度ツキが巡っても選ばれず好きな人が誰かと結ばれるのを見ているだけなんて残酷な運命ですよね…

好きな人が幸せで居てくれさえすればいいという人もいると思いますが、私だったら自分を見てくれないならいっそいなくなってくれって思ってしまいそうです(ヤンデレ的思考

それにしてもソードさんの狂った演技が凄まじかったです…!
普段との差がすごくてヒィィッ…となったと同時に、声優さんのすごさを思い知ったのでした(((´°ω°`)))

総評

ストーリー  : 4 out of 5 stars (4 / 5)
グラフィック : 4 out of 5 stars (4 / 5)
音楽     : 4.5 out of 5 stars (4.5 / 5)

システム   : 4.5 out of 5 stars (4.5 / 5)
ボリューム  : 4 out of 5 stars (4 / 5)

総合評価   : 4.2 out of 5 stars (4.2 / 5)

花札バトルの際、五光1人1人に必殺技使用時に流れるテーマソング(キャラクターソング)が存在するのですが、今回も素晴らしかったです!

全員分じっくり聴きたいなーと思うのですが、毎度のことながら華闘ランキング(フリーバトル)でパラメータを上げすぎると敵に簡単に勝ててしまい、必殺技ゲージが溜まる前に敵を倒してしまうこともしばしば…\(^o^)/
育成は程々に、がお勧めです(笑

続きを読む

↑うちのマッスルみことさん。

かくいう私も育てすぎてしまい、ちまちまと弱い役で攻撃を続けて「ようやくEXゲージが溜まった!くれなゐ様の歌が聴けるぞ!」と思ったら、即座に相手のEX技でかき消されて悲しみを背負いました\(^o^)/(全員曲素敵なのでそれもまた楽しいですがw

( ゚∀゚)o彡゚<チャーラーラーラー ララララララララ 狂おしく咲いた微笑みを♪
Σ( ゚∀゚)o彡゚ < すぐに奪\チャラリラチャラリラ/(蛟さんのテーマソング

( ゚д゚)・・・
( ゚д゚ )

うつつさんの曲は曲調が目まぐるしく変化しますが、よくよく歌詞を聴くといめ君→うつつさん→いめ君→うつつさんの順に歌っているのかな?と思いました。最初からアップテンポになるまでがいめ君。エコーがかかってるのはうつつさんかなーと(違ったらごめんなさい

あと今回も姫さんのテーマソングがとても好きです!和風で切ない感じのイントロが素敵…なんですが何でしょう、発動する時の台詞とその言い方に毎回( ゚ェ゚)・;’. ブッ となります(笑 姫さん何言ってるの…!?と思ってしまいます)

是非聞いてお確かめ下さい…w

あとはいろはさんの曲でツキの半身君パートがあるのが最高に良いです…!

しかもラスト少し前のところのいろはさんと半身君が一緒に歌っているパートが、今後の展開の希望を感じさせるようで、あと少しだ…!といった感じがとても良いです。・゚・(ノ∀`)・゚・。

蛟さんと唐紅さんの力強い曲格好良い!というか五光の皆さん歌お上手すぎませんか!?(混乱

まとめ

余談ですが、華闘ランキングでラブミーとタネカスが勝負を挑んできた際、なぜかエントリーの中におらずすごく探したのですが、複数回ランキングに登場する人は古い方(低いランクの方)を倒さないと新しい方が出ないということを思い出しました。

ランクの高いラブミーと戦うには、まず低いラブミーを倒しておく必要があるんですね。

2周目以降で華闘ランキングをあげる場合、引っかかりがちなので気をつけましょう(`・ω・´)b

最後まで遊んで言えることは、とても楽しかったです!!
いろは編が本当に楽しみですね。

私は楽しみすぎてうつろひ化しそうです(やめろ

少しも語彙力のない感想で恐縮ですが、作品への愛だけでも伝われば幸いです…w
本日もお付き合い下さりありがとうございました!!

↓ランキングに参加しているのでよろしければポチッと応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村
ゆるっとTwitterに生息しているので、お声がけ頂けると飛んで喜びます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました