灰鷹のサイケデリカ 感想【ネタバレON/OFF有】

    こんにちは、モッチです!

    今日は『灰鷹のサイケデリカ』のフルコンプ感想を書いていきたいと思います。

    本作はどちらかというと恋愛よりもストーリー重視なので、正直乙女ゲームとして見ると好みは分かれそうですが、静かな雪に包まれた世界観と民族調のBGMが素敵で、個人的に大好きな作品です(*´∀`)

    目次

    灰鷹のサイケデリカとは?

    2015年にオトメイトさんより発売された『黒蝶のサイケデリカ』と世界観を同じくする作品です。

    続編というほど話にがっつりと繫がりはなく、こちらからプレイしても問題ありませんが、黒蝶のキャラクターが登場したり、プレイしているとより理解できる内容になっているので、できれば黒蝶からプレイされることをおすすめします。

    余談ですが黒蝶をプレイしたのが随分前なので、そろそろ再プレイしたく、灰鷹とセットでSwitchに移植されないかなと密かに待ち続けています。

    考えるねこくん右
    ねこくん

    毎年オトパが開催される度に「発表されなかったか・・」と落胆し続けているのは内緒。

    以下は少し黒蝶のエンディングネタバレを含むので伏せます。

    続きを読む
     私は黒蝶のサイケデリカが大好きなので、灰鷹も気になってはいたのですが、単純な続編ではなく、前作でアレだったキャラ達に救いがある訳ではないと聞いて、何となくプレイできずにいました。

    けれどどうしても気になって、ある日プレイしてみたらサクッとハマりました(笑

     ちなみに前作での推しキャラは鉤翅さん。
    彼は黒蝶報われない人物ランキング(?)第2位だと思っていますε-(´∀`; )

     ただ大団円的なエンドがあるので不動の1位であろう「彼」よりは救いがある方ですね…(苦笑

    「彼」については現世で再会して幸せに…!みたいな後日談が切実に見たいです。

    灰鷹では、彼らに関わりのありそうなエルリック・ウサギ・ロレンスが登場するので、どういった立場なのかかなり気になっていました。

    ストーリー概要

    鷹(ファルジ)の一族、狼(ヴォルグ)の一族と称されるふたつの勢力が均衡する街。

    少女は感情が高ぶると赤くなる右眼を持って生まれてきた。
    赤い眼はこの街では『魔女の証』であり禁忌の存在だった。

    少女は迫害を恐れ、街外れの森にある朽ちかけた塔で男子として生活をしていた。
    一緒に暮らすのは自らを塔の主と名乗る隻眼の男。

    性別を隠しつつも、仲間に囲まれ楽しく穏やかな日々を送っていた少女。

    ある日、街の教会から『カレイドヴィア』という不思議な宝物が盗まれる事件が起こる。
    そのことをきっかけに少女はこの街に隠された『魔石』と自身の出生の秘密を知っていく。

    対立する一族の数奇な運命に翻弄される少女。
    少女の選択は優しい絶望か、傷だらけの希望か――

    引用元: http://www.otomate.jp/psychedelica/aa-nisus/

    鷹(ファルジ)の一族と狼(ヴォルグ)の一族が対立する雪の降る街が舞台です。
    街はどうも外界から閉ざされているようで、何かありそうな雰囲気が漂っています。

    評価やレビューをチェック

    ヒロイン紹介

    主人公:ジェド/エアル(CV:田村 睦心さん)
    (エアルは女の子姿の時に名乗る名前)

    感情が昂ぶると目が赤くなってしまう女の子。
    12歳までは街で狼の一族に育てられましたが、赤い目は魔女の象徴で禁忌(見つけたら即殺レベル)とされているので、それを隠すため普段は男子として街外れの塔で暮らしています。

    同居人は謎の男ハイタカ(主様)。
    自分のことを亡霊と呼び過去の記憶を持ちませんが、お茶目で飄々としていて何というかいい性格です。

    ジェドは働かないハイタカのために、便利屋として働いたり家事全般を担当する苦労人ですが、前向きでしっかりとした良い性格です。

     ジェドが本当に可愛い!
     
     乙女ゲー主人公にありがちな天然ぽいところもあまりなく、さっぱりした性格で受け応えも上手です。おまけに声もややハスキーときた!

     でもドロドロした人間らしい心もちゃんと持っていたりして、いい意味で主人公らしくない主人公でした。

    個人的レビュー

    灰鷹のサイケデリカの良いところ

    独特なストーリー

    胸を締め付けられるような、考えさせられるようなストーリーが強く印象に残っています。
    どんな方におすすめか?と聞かれると非常にお答えしづらいものがありますが、

    黒蝶のサイケデリカが好きだ
    ・恋愛は控えめでもシナリオ重視の作品が遊びたい

    という方におすすめしたい作品です。
    あと個人的な好みですが、結賀さとるさんのイラストが美しくてとても好きです。

    音楽とエンディング曲

    何度でも書きますが音楽が良いです。
    エンディングテーマ曲を担当されているのは、黒蝶に引き続き『島みやえい子』さん。

    実は黒蝶のエンディング曲が好きすぎて毎回聴いていたのですが、今作のエンディング曲「ヴェルメリオ」もとても良いです・・!静かなイントロが最高です(*´ω`)

    志方あきこさんの歌われているOP「灰空の雫」も最高なので、是非見てみて下さい。

    よかったらシェアしてね!
    • URLをコピーしました!
    • URLをコピーしました!

    コメント

    コメントする

    目次
    閉じる