軍靴をはいた猫 感想【ネタバレON/OFF有】

    こんにちは、モッチです。
    昨年発売された「軍靴をはいた猫」のVita移植版の発売が9月12日に決定しましたね(´▽`*)
    こちらはPC版をプレイした感想ですが、参考になればと思います。

    目次

    軍靴をはいた猫とは?

    2018年9月に「Primula」さんから発売された、PC用乙女ゲーム作品です。
    「大正×対称アリス」等を制作された会社さんの新作ということで、発売前から楽しみにしておりました。

    ストーリーとしては『猫族の姫が国の平和のために奮闘する恋愛アドベンチャー』といった感じでしょうか。

    廃墟と自然が調和したニンゲンが神として崇められる世界が舞台で、人間達はどうなったのか?この世界は何なんだろう・・と少しずつ謎に迫っていく展開にも注目です。

    ストーリー概要

    ここは“獣の耳”と“尾”を持つ「猫族」が住む世界。
    猫たちは「ニンゲン」と呼ばれる神様を「試練を与える代わりに猫たちの願いを叶えてくれる」存在として崇め奉っていた。

    廃墟と自然が調和した豊かな国「和国」。
    その姫であるタマは従兄コタロウとの結婚を間近に控え、「ニンゲン」に結婚を報告する「婚礼の儀」の日を迎えた。

    儀式は厳粛に執り行われ、何事もなく終わるかと思われたその瞬間、まばゆい光とともに一人の青年が現れた。
    “獣の耳”も“尾”も無いその姿はまさしく猫たちが信仰する「ニンゲン」そのものであった。

    そして「ニンゲン」の降臨から数日。
    遠い海の向こうにある「帝国」の来航によって、平穏な日々を過ごしていた和国は試練を迎える。

    「ニンゲン」を巡り、和国と帝国はそれぞれの思惑を胸に動乱へと突き進んでいくことに。
    一国の姫として、
    一匹の猫として、
    タマがとる選択は――――

    公式サイト様より引用: http://www.primula.jpn.com/gunneko/index.html
    PC版のレビューをチェック

    ヒロイン紹介

    主人公:タマ

    和国の姫。
    さっぱりとした性格で明るく国民から好かれている。
    教養・礼儀作法・護身術などはしっかり身につけさせられているが基本不器用。
    伝承上の存在である『ニンゲン』の研究に並々ならぬ熱意を持っている。

    公式サイト様より引用: http://www.primula.jpn.com/gunneko/index.html

    事前にイラストで見た時は真っ白だなぁ・・!位の印象だったのですが、ゲームで拝見した所ものすごく美人(美猫)さんで驚きました!

    ニンゲンが現れてもただ願いを叶えてもらうのではなく、願いを叶えるための方法を教えてもらおうと考える向上心のある真面目な性格が素敵でした。あと眼鏡の立ち絵がかわいい(

    ニンゲンが関わる話ではオタクのようなテンションになるのが面白可愛い姫様でした(´▽`*)

     

    個人的レビュー(ネタバレなし)

    軍靴をはいた猫の良いところ

    キャラクターが魅力的

    キャラ同士の会話が楽しい!
    サブキャラの活躍するシーンも多く、賑やかで良かったです。
    攻略させて頂きたい・・!と思う素敵なサブキャラも多かったです(゚∀゚*)

    どこまでも猫っぽい登場人物達

    例えば水(お風呂)が苦手だったり、料理が薄味・熱いものが苦手だったりと、ちょっとした仕草や生活環境に猫らしさが溢れており、細かいところまでこだわっているなーと感じられました。

    OPムービーが素晴らしい

    個人的な好みもありますが、幻想的な民族調のOP曲がとても素敵でした。
    主題歌を担当されているEtherさんに興味を持つきっかけとなりました(´▽`*)

    よかったらシェアしてね!
    • URLをコピーしました!
    • URLをコピーしました!

    コメント

    コメントする

    目次