ファイアーエムブレム 風花雪月 プレイ日記3【ネタバレON/OFF有】

ファイアーエムブレム 風花雪月

こんにちは、もちです!

風花雪月のプレイ日記も第3回となりました。
今日は10月から12月の感想を書いていきたいと思います。

まだまだ学生生活を謳歌していますが、敵の姿と目的が見え隠れし、大いに盛り上がると同時に、謎が深まるストーリー展開でした。

いつも言っていますが、続きが気になってどんどん先に進みたくたくなりましたよ!

宜しければ本日もお付き合い頂ければ幸いです。

前回はこちら
スポンサーリンク

ストーリー感想

本編10月~12月

続きを読む
10月
10月はグロンダーズ鷹獅子戦という学級対抗戦が開催されます。ハ○ーポッターみたいですね。

今回の戦闘は各クラスのキャラが全員登場する総力戦でした。
上、左、右に展開しているキャラ達が中央で激突します。

1番敵を倒した学級に褒賞があるとのことで、できるだけ多く倒したいところです(`・ω・)

しかし敵の処理にモタモタしていたら、中央で黄色と赤が戦闘を始めてしまい、大いに焦りました|←戦場|┗(^o^ )┓(出遅れるやつ

主人公やディミトリで各級長を攻撃すると特別な会話が見られます。

11月
11月の課題として、村人の様子がおかしいルミール村を調査に行くことに。

最初に生徒達と出会った村ですね。

主人公とジェラルトは傭兵時代、ルミール村に何度もお世話になっていたそうで、異変が起きたのなら何とかしたいと話します。

ルミール村では凶暴化した村人達が、正常な村人を襲う地獄絵図と化していました。

村人達を救いつつ凶暴化した村人を鎮圧していきます。
ディミトリも凶暴化しかけてて大丈夫?と心配になりました(´・ω・)

黒幕として現れたのは学院のトマス先生。彼の正体はソロンという闇魔法使いで、誘拐した際に手に入れたフレンの血を使い、村人達で何らかの実験をしているようでした。

戦闘後、炎帝が現れ身構える主人公とジェラルト。
ソロンは炎帝の協力者のようですが、今回の一件は彼の独断だったようです。

手を組まないか?と聞かれますが、どちらの選択肢を選んでも変化なし。こんな得体の知れない奴と組めるか!といった感じに終わります(違

学院に戻ってからディミトリと会話。
戦場で取り乱したことを謝られ、罪のない者たちが虐げられる戦場では、冷静でいられないことを打ち明けられます。

4年前のダスカー事件で父母を失ったというディミトリ。
彼が学院に入ったのは復讐を果たすためとのことですが、誰に対しての復讐なんでしょうね…

今節は他にも謎が深まることばかりでした。
・妙に長生きな人物が何人かいる(フレン、ジェラルト他
・女神の名前がソティス
・主人公は大聖堂で生まれ育った
・ディミトリの継母がエーデルガルトの実母、つまり2人は義理の姉弟。

主人公の過去については、今度ジェラルトが話してくれるそうですが、どうも彼には死亡フラグが立っている気がして、不安になりますね…

12月

12月は白鷺祭が開催され、もっとも魅力溢れる生徒に踊り子の称号が与えられるらしい。

踊り子といえば過去のシリーズにも登場した、「戦闘で一度行動したユニットを再行動させられる」貴重な職業です。

大体作品中で1人しか仲間にならないので、是非ゲットしたいですね(*´ω`*)

25日には舞踏会が開催されます。
舞踏会を前に盛り上がる学級の皆。

「また皆で集まれたらいいな…」と口にする殿下ですが、どうにもこれから何かが起こるフラグにしか聞こえません。

ともあれディミトリが王になっても、5年後にまた全員ここで会おうと誓いあうのでした。

舞踏会の夜、ディミトリがやってきて幼少期のエーデルガルトとの思い出を語ってくれます。

幼い頃はお互いの立場を知らず、仲の良い友人だった2人ですが、今では敵国の後継者同士と複雑な関係のようですね…

***

◆デートイベント

生徒達から引っ張りだこで疲れた先生は、人気のなさそうな女神の塔へと逃げます。

しかし実は女神の塔で交わした誓いは必ず成就するという恋人たちの聖地でした。

先生が女神の塔へ向かうのを見て、誰との逢瀬なんだ?とシルヴァンが後を追ってきます。

何も知らなかった先生の天然さに呆れつつもホッと安心したようです(*´ω`)

当然「よしそれなら自分が口説いて…!」という流れになりますが、ベレス先生の選択肢が「信用できない」みたいに辛辣で笑いましたw

結婚はダメでもせめて一緒に踊って下さい、という2人のやりとりが微笑ましかったです。

ちなみにここでデートイベントが発生する相手は、「散策」で門番と話すことで事前に選ぶことができます。

支援値高めの異性から選べるものと思われますが、お目当ての相手がいる場合設定しておきましょう。

***

楽しい時間は終わり課題出撃です。

ベレス先生とジェラルトが調査を任されていた旧礼拝堂に、なぜか魔物が現れたとの報告を受け、駆けつける一行。

外部から侵入した形跡がないことから、生徒が魔物になったのだと推測されます(´・ω・)

撃退後、救われた生徒を装った敵にジェラルトは刺されてしまいます。

刺した生徒のモニカはフレンと一緒に誘拐されていたところを救出された生徒なのですが、怪しい行動が目立っていたんですよね(´・ω・)

ベレスは時を戻す能力を使い救おうとしますが、ソロンが現れ阻止されます。

涙を流すベレスに微笑みながら、ジェラルトは息を引き取るのでした。

***

ジェラルトの死後、ソティスと共に彼の日記を読む主人公。

そこには赤子であるベレスを監視するレア様へ不信感や、産まれた赤子の心臓が動いていなかったこと、赤子を連れて逃げたことなどが記されていました。

ますます気になるところで次節へ続きます。

ベレスの母親はベレスを産んだ際に亡くなっていますが、レア様と何らかの関わりがあり、特別な生まれだったようですね。

心臓が動いていない、産声をあげていない辺りから、ベレスはソティスがいることで女神の器的な感じで、生きられているのかな?などと考えていました。

スカウト状況


生徒からは新たに「ベルナデッタ」「ペトラ」「ローレンツ」が加入。

皆こちらから声を掛けると「まだ先生とはそんなに仲良くない」みたいな塩対応なのに、なぜか後日「先生のクラスに入りたい!」と向こうから声を掛けてきてくれます。ツンデレか。

先生達からは「マヌエラ」「ハンネマン」「カトリーヌ」「シャミア」が加入してくれました。

先生達は特に交流していなくても、スカウトするだけで加入してくれたので、条件が軽めなのかな?と思ったりもします。

攻略メモ:気付いた点など

戦闘中に装備が壊れた時は…

戦っているうちに武器が壊れること、ありますよね(´・ω・`)

壊れた武器は命中が低く、重さもあるので、装備していると敵からの攻撃を受けやすくなってしまいます。

そんな時は未行動のキャラクターを1人使い、装備を変更する荒業を使えます。

まず壊れた武器を装備したキャラクターの隣に行き、「物交換」を選択。

① 壊れた武器を一旦未行動のキャラクターに移す
② 使用回数が残っている武器も未行動のキャラクターに移す
③ ②の武器を、相手の1番上に移す

これで②の武器を装備してくれます。
壊れた武器は、どの道使わないので、そのまま所持しても元のキャラクターに戻してもOKです。

壊れた武器しか持ってないよ!という場合には、べレス先生が使える『輸送隊』コマンド(倉庫のようなもの)から、新しい武器を引き出して使うと良いでしょう。

敵近くで武器が壊れてしまった場合などにご活用下さい。

「盗む」が大活躍

盗むを使うと、敵が所持している道具や2番目の装備を盗むことができます。

但し、敵が装備している武器(1番上の武器)は盗めません。

指輪などのアクセサリや、貴重な品を持っている敵には是非活用しましょう。

シルヴァンの外伝マップでは、逃げる盗賊達から先生が宝物を強奪しまくり、どちらが盗賊か分からない有様でした(笑

盗賊は部隊に1人は必要だなと感じました(`・ω・´)

「踊る」を活用しよう

踊り子は戦力的には物足りないものの、行動済みのユニットを再行動させられる貴重な兵種です。

入手方法と注意点を書いていきますね。

入手方法と注意点

続きを読む

12月に開催される白鷺祭で優勝したキャラクターが兵種として習得できます。

白鷺祭に出場するキャラクターは散策で事前に指名でき、マヌエラ先生の話では「魅力13以上の生徒が優勝対象」とのことでした。

注意点ですが、上に書いた通り踊り子は敵と戦う戦力的には微妙なので、バリバリのエースキャラに習得させるのは絶対にやめましょう。

青学級では、間違ってもディミトリやドゥドゥーを踊り子にするのはおすすめしません(´・ω・)

魔法も使えるので、魔法を使うキャラクターがおすすめかな?と思います。
私はアネットにしました。

生徒を指名した後、話しかけて一緒に練習すると魅力が5アップするので、その辺りも考慮して勝てそうな生徒を選ぶと良いかなと思います。

ショップに上級試験パスが追加

ショップに上級試験パスが追加され、上級職へのクラスチェンジが可能になりました。

月3個の購入制限があるので、必要数が揃うまでは、可能な限り購入しておいた方がいいかと思います。

お金が足りない場合は、フリーバトルなどで入手した金塊を売るのがおすすめです。
大きな金塊は1個で10,000Gも入手できるので大きいですね(`・ω・´)

尚、上級追加に伴ってか、中級試験パスの月3個の購入制限は撤廃されていました。

クラスチェンジできるかな?と先生の技能を見たら、全体的に意外と低いことに気付いてしまったので、慌てて「探索」パートで教員研修を受け始めました/(^o^)\
生徒達の方がよほど技能高いよ…w

まとめ

ということで10〜12月の感想でした。
とにかく前半の明るさと、後半のしんどさとの落差がすごかったですね…

12月終了時点でのプレイ時間は22時間ほどでした。

本作は2部構成ですが、一体いつまでが1部なのか・・ものすごいボリュームだなと感じています(*´ω`)

ここからどのように戦争編に突入するのか、怖いですが楽しみでもあります。

本日もお付き合い下さりありがとうございました!

↓ランキングに参加しているのでよろしければポチッと応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村
ゆるっとTwitterに生息しているので、お声がけ頂けると飛んで喜びます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました