ステラワース 2019年初夏のお楽しみ袋を開封した結果【感想とネタバレ】

    こんばんは、もちです!

    前回記事に書いた通り、ステラワースさんで購入した夏のお楽しみ袋が到着しましたので、中身のネタバレに参りたいと思います(`・ω・´)

    目次

    ステラワースさんの乙女ゲーム福袋

    価格と商品説明


    引用元:https://www.stellaworth.co.jp/shop/

    価格は7,777円、1人1点に限り購入可能。
    PSVita用ソフト2本の他にドラマCDやグッズなどが入っています。

    大体お正月に販売されますが、今回は夏のお楽しみ袋という形で販売されました(´▽`*)

    しかし実際には送料がかかるので8,300円くらいになり、結構お高めなんですよね(´・ω・`)

    それでも中身の見えない福袋の魅力に惹かれてしまった貴方は間違いなく福袋戦士(違う

    ↓お正月福袋の開封結果はこちらの記事に書いておりますので、興味があれば覗いてやって下さいませ。

    あわせて読みたい
    2019年 ステラワース&アリスネット福袋を開封した結果【感想とネタバレ】 こんにちは、モッチです!いつも遊びに来て下さりありがとうございます!拍手等いつも大変嬉しく拝見しております。 この記事は『ステラワースさん&アリスネットさんの...

    開封結果と中身のネタバレ

    いざ今回の中身は・・こんな感じでした!(`・ω・´)

    【今回の内容】
     

    ・白と黒のアリス -Twilight line -(FD) 限定版 +予約特典CD
    ・RE:VICE[D] 限定版 +予約特典CD
    ・ドラマCD 2点、ステラワースオリジナルグッズ数点

    おおおおおお!!

    おお・・おおお・・・おおおお?

    いやいや、正月とほとんど同じじゃないですか!

    【2019正月の内容】


    開封した感想としてはお、おう(  ・ω・)といった感じでした。

    内容的には悪くないと思うんですが、なんでしょうこの既視感は!

    お正月に見慣れた内容ではなく、もう少しギャンブラー心をくすぐられる内容であれば、個人的には嬉しかったなと思います・゚・(ノ∀`)・゚・

    それにしてもCDまで全く一緒とは思いませんでした(

    商品ページにも「過去に購入された方は内容が被る可能性があります」と説明書きがあったので、被りも納得、地雷も覚悟の上でしたが、まあユーザーさんに楽しんで頂くというよりは、在庫処分色を強く感じてしまいましたね。

    3度目の正直

    実は白と黒のアリス(FD)は発売日に購入し、やっぱりプレイしないかな?と手放した後、アリスネットの福袋で再会。

    結局プレイしないまま引越しの際に手放し、今回3度目の再会となりました(爆

    私は何となくFDとの相性が悪い傾向にあるので、これまで購入しながらもプレイを避けてしまっていたのですが、3回目ともなるとこれはいよいよプレイするしかないな・・!と思っています。

    RE:VICE[D]に至っては正月ステラワース、アリスネットの両方に入っていたため、今回3回目という謎の連続記録を達成し続けています/(^o^)\

    しかしリヴァDは個性的なキャラ達のやりとりが面白く、個人的には大好きな作品です。

    最近ふと「リヴァDのヤンデレさんはヤンデレっぽくないキャラだったな~」などと思い返していたところに今回の再会だったので、何となく運命を感じました(笑

    こちらも引越しの際に手放してしまったので、手元に置いておきたいなと思います。
    もうお前を放さない(突然の執着萌え要素

    まとめ

    ということで、入っていたソフトいずれも3回目の再会を果たすという、何とも数奇な結果に落ち着いた「夏のお楽しみ袋」でした。

    福袋はワクワクするので大好きですが、今回ここまで内容が被ってしまうと、残念ながら次回があったとしても、少し様子見かなと思います(´・ω・`)

    いつかSwith用ソフトの福袋が発売されたら良いな、などと思いつつ、本日もお付き合い下さりありがとうございました!

    ↓ランキングに参加しているのでよろしければポチッと応援よろしくお願いします!
    にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
    にほんブログ村
    ゆるっとTwitterに生息しているので、お声がけ頂けると飛んで喜びます。
    よかったらシェアしてね!
    • URLをコピーしました!
    • URLをコピーしました!

    コメント

    コメントする

    目次