エフェメラル -FANTASY ON DARK- 感想【ネタバレON/OFF有】

乙女ゲーム

こんにちは、もちです!

今日は「エフェメラル -FANTASY ON DARK-」の感想を書いて行きたいと思います。

個人的にはダークファンタジーや人外好きな方におすすめしたい作品です。

私は病み要素があると聞いて、大変楽しみにプレイした作品でした(*´ω`)

スポンサーリンク

エフェメラルとは?

「エフェメラル -FANTASY ON DARK-」は、元々スマホアプリとして配信された女性向け恋愛ゲームで、2018年1月28日にPlaystation Vitaに移植されました。

アプリ原作のゲームというと、私的にはどうしても「薄い」印象を持ってしまいがちなのですが、本作はボリュームは控えめながら物語的には綺麗にまとまっており、物足りなさ等は感じませんでした。

ホロリと泣けるようなシーンもあり、エンディングは必ずしもハッピーエンドではありませんが、未だに強く印象に残っています。

次項から詳しい内容を書かせて頂きますね。

ストーリー概要

主人公・クロエの住む町は、金網が厳重にはられ、まるで檻のような場所だった。

そこは自分を含め、ゾンビしかいない町。

寿命を全うする前に自ら死んでしまう仲間が多いこと以外、日々平穏に過ごしていたある日……。

もっと外の世界を見たいと願うクロエの元に、優秀な生徒だけが行くことを許される
多種族が通う名門校の入学案内状が届く。

引用元:http://dramaticcreate.com/ephemeral/

世界観など

本作は闇の世界が舞台ということで、まず主人公がゾンビだったり、攻略キャラもオオカミ男・吸血鬼などなど人外しか登場しない、割と異色な設定となっています。

登場人物達『闇の種族』には階級があり、下の者は上の者に逆らえないようになっています。

よく登場するキャラの階級順としては、
マーメイド、吸血鬼 > オオカミ男 > 透明人間 > ミイラ、ゾンビ 位の順になっています。

評価やレビューをチェック

ヒロイン紹介

主人公:クロエ

好奇心旺盛な女の子。
閉鎖された環境にいたため、闇の階級制度については詳しくない。

外の世界に憧れ、他種族が通う学校に興味を持つ。

引用元: http://dramaticcreate.com/ephemeral/

彼女の容姿は他種族から見て、マーメイド並みに美しいとのことですが、ゾンビが美しいのは若い内だけで、やがては衰えて骨になってしまうのだそうです。

システム解説

プロローグ終了後に攻略キャラを選んだ後、エピソード(章)を順番に選択して見ていく形になります。

お話は「恋愛編」と「恋人編」があり、それぞれ全10章ずつ、全部で20章あります。

1章につき選択肢が1つ存在し、好感度が上がるものを5つ選ぶとグッドエンド

下がるものを5つ選ぶとノーマルエンドやバッドエンドが見られます。(章は何度でも読み返せるので簡単に調整可能です)

私のプレイしたことのある作品では、ディアラバ無印と同じシステムでした(´∀`)

1章1章は長くないのでサクッと読め、1人攻略するのに2時間あれば終わるかな、位のボリュームでした。

個人的レビュー

エフェメラルの良いところ

ダークな世界観が良い

主人公がゾンビでしかも美しい・・!?という時点で驚きですが、なかなか他では見られないようなダークな設定や、世界観がぶっ飛んでいて、興味津々で楽しくプレイさせて頂きました。

キャラ同士の掛け合いが楽しい

仲間達の賑やかな会話が本当に楽しい作品でした!

クラスメイトのシバ君、エリカちゃん、ナギ君の基本メンバーに、何だかんだレイ君とナツメ君も加わってくれるのが面白かったです。

主にシバ君がいじられた時の返しのツッコミや、ナツメ君のそっけない返しがすごく好きです(´∀`)

エフェメラルの悪いところ

主人公の性格は好みが分かれそう

主人公クロエちゃんの性格がですね…私的には正直少し地雷でした(爆

「やるな」と言われてることを平気でやった上で危険な目に遭い、泣き出したり開き直ったりする点に少々イライラしました(

(例:危険だと言われた所に近付く、やめとけと言われたことをやる 等々)

モヤッとする終わり方もあり

稀に「これ必要だったのかな?」というエピソードがあったり、ハッピーエンドなのにハッピーとは言い切れない、悲恋感やモヤモヤ感が残るルートがありました。

100%幸せな終わり方じゃないと嫌だな・・!という方には、少々おすすめできません・゚・(ノ∀`)・゚・

攻略キャラクターとおすすめ攻略順

おすすめ攻略順は『シバ → レイ → ナギ → ナツメ』です。

私は何も知らずナツメ君を最初に攻略してしまいましたが、割と物語の真相を含んだルートなので、初回はおすすめできません(´・ω・`)

しかし初回にナツメ君を攻略して、色々分かった上で以降のルートをプレイするのも、それはそれで楽しかったです\(^o^)/

シバCV:近藤 隆さん
ナギCV:堀江 瞬さん
レイCV:興津 和幸さん
ナツメCV:豊永 利行さん

 

個別ルート感想(ネタバレあり)

ナツメ(CV:豊永 利行さん)

続きを読む
種族:ミイラ
クールな態度で周りとは一線を引く目立つ存在。

ナツメ君やばい人だった!(語彙力
真相を含むルートだったので最初に攻略したのは失敗だったかな?と思います。

できれば後に回した方が良いかもしれません!
正直恋愛編は展開が急でしたが、恋人編は面白かったです。

・恋愛編
クロエちゃんに対し最初から「大嫌い、近付くな」とバッサリ。

冷たい態度をとったかと思いきや、一転してその後すぐに好意的になったり、裏では毒づいていたりとなかなかナツメ君の本心が見えません。

後にこれは「クロエちゃんを自分に溺れさせるゲームをしていた」のだと分かります。さ、最低だー!(;´-`)

しかしゲームのつもりが、いつの間にか彼女の純粋さに惹かれ、好きになってしまっていたナツメ君。紆余曲折を経て最後には晴れて恋人同士になります。

しかし彼の種族がミイラではなく、実は人魚(マーマン)だったのには驚きました。

しかし会って間もない相手に「ねぇその包帯の下どうなってるの!?ねぇねぇ」とか質問しまくった挙句、いざ見せてもらったら気絶するとかクロエちゃん失礼すぎぃ!

この主人公大丈夫か…?と若干心配になりましたが恋人編では普通にいい子でした。

・恋人編
恋人になってからクロエちゃんにべったりのナツメ君。ちょっと愛が重いものの微笑ましいです。

クロエちゃんが手作りクッキー(液状)を作ってきたエピソードには笑いましたw

どう見てもやばそうなのにちゃんと食べてあげる辺り、ナツメ君は意外と優しいなと思います\(^o^)/

ナツメ君ルートでは人魚を中心に物語が展開しました。

ゾンビが飲んでいる薬を作ったのはマーメイドで、『ゾンビ感染を防ぐ効果がある』と謳っているものの、その正体は実は老化促進剤。

身分の劣った種族が、自分達より美しい姿を持っていることが許せず、早く死ぬように飲ませていたという恐ろしい経緯がありました。

ゾンビを隔離していたのもそのためです。

ナツメ君はそれに気づいていながら、クロエちゃんが薬を飲むことを止めないのですが、その理由が「早く醜くなって周りから見られなくなればいいのに」というものだったのには、ヒィィとなりました。

美しい彼女が周りの目を惹くことに嫉妬しており、自分だけのものになればいいと思っていたんですね(´・ω・`)

しかしそれでは嫉妬深いマーメイド達と同じ。クロエちゃんは一緒に生きたいのだと彼を諭します。

・グッドエンド
ダンスパーティーで1番になり、マーメイドの権力者であるミスアマンダに、ゾンビの待遇改善を求める2人。

2人の、何よりマーマンであるナツメの言葉に動かされ、アマンダは必ず薬のことを何とかすると約束します。未来への希望に溢れたエンドでした。

・バッドエンド
ダンスパーティーで1番になれず、薬のことも訴えてきたものの変えられず、クロエちゃんは歳をとっていき骨だけの身体になっていました。

薬を辞めて2人で生きていくこともできたのに、それをしなかったのは自分の死後ナツメ君を1人にしないためでした。

ナツメ君と必ず再会を約束し、息をひきとるクロエちゃん。

切ない内容ですが、ナツメ君はクロエちゃんが美しい姿を無くしても、愛し続けたんだなと心が暖かくなったエンドでした。

とりあえずマーメイドは業が深すぎる…

余談ですがマーメイドのオリヴィアさんは絶対悪い人だと思っていました。

シャンデリア事件とかも、手下を使って巧妙に仕組んでいるのかと思ったらそんなことはなく…!
疑って申し訳ない気持ちになりました(

シバ(CV:近藤隆さん)

続きを読む
種族:オオカミ男
明るく面倒見の良いクラスの中心人物。悪戯が大好き。

ナツメ君のルートで出てきた「シバは狼の姿を決して人に見せない」という台詞が気になり、2人目はシバ君に行きました(´∀`)

・恋愛編
親切にクロエちゃんの世話を焼いてくれるシバ君。ナツメ君とは大違いだ…

狼男は満月になると理性を無くしてしまうので、狩場である裏の森には近付かないようにと警告されます。

しかしまさかシバ君の狼姿が子犬だとは思わず、初めて見たときは笑ってしまいましたw

子犬と一緒にお風呂に入ったり寝たりして、起きたら隣にシバ君が…というお約束の展開もちゃんとありました(笑

終始シバ君がクロエちゃんのことを好き好きな感じが出ていて、ものすごくわんこでした!
可愛らしかったです\(^o^)/

・恋人編
前半はシバ君が望みを叶える薬を飲んだり、学校に迷い込んだリスを探したりと、コメディなノリでお話が進みます。

挑発されたりおだてられると、すぐに話に乗ってしまう純粋なシバ君。そんな彼をうまく転がすナギ君はちょっと腹黒いなと思いました(笑

し か し 問題は後半です。

『惚れ薬入りの饅頭』をレイ君とナツメ君に食べさせようとしたシバ君ですが、見事に失敗し成り行きから片方をマーメイドのオリヴィアが食べてしまいます。

これを食べると身分の低い方が高い方に惚れてしまうということで、オリヴィアに惚れてしまうシバ君。

後からクロエちゃんに謝りに来ますがその時の言葉が…「お前のことは好きだが、同じ位オリヴィアのことが好きだ。惚れ薬の効果だと分かっていても止められない。俺と別れてくれクロエ」

( ゚д゚)・・・ポカーン

いや、うん・・惚れ薬。惚れ薬の効果だから仕方ないとはいえ、どうしてこうなった!!と叫びたくなる展開でした。

その心の隙に付け入られたクロエちゃんは、禁書の魔物によって夢の世界に囚われてしまいます。

そこは取り込まれた人の望む夢を見せる代わりに、命を吸い取る世界でした。

そこには王子様姿のシバ君が居て、クロエちゃんの望む言葉をかけてくれます。しかし王子様は魔物が作り出した偽物です。

・グットエンド
迎えに来たシバ君に対し思い切り怒った後、2人で現実に戻ります。

なんだかんだレイ君やナツメ君も心配して協力してくれていたのが微笑ましかったです。


・バッドエンド
迎えに来たシバ君を偽物だと拒絶し、王子様姿のシバ君と命ある限り一緒に生きていくという内容でした。

魔物がクロエちゃんの命を吸い尽くしたら、偽物と一緒に消える運命なので救いはありませんが、これもある意味1つの幸せの形なのかもな、と思ってしまいました。

***

前半のシバ君のかわいさ素敵さをぶち壊していく、後半のクソシナリオっぷりに私激怒。

エピソードとしてはあってもいいと思うのですが、1番大切な所にこのお話を持ってくるのはダメだろう・・と思ってしまいました。

シバ君が格好いい狼になった姿が見られるかなと期待していましたが、そんなことはなかった。

多くは語るまい。本当クソシナリオでした…

余談ですがシバ君の立ち絵に耳はないのですが、タイトル画面やプロフィールでは彼に耳が付いているのが非常に気になりました…!

レイ(CV:興津 和幸さん)

続きを読む
種族:吸血鬼
性格は俺様。
吸血鬼の性質として美しいものを傍に置きたいらしく、かなりの面食いです。

現状人魚がいない学園内において1番の権力者なので、周りから畏れられると同時に、女子達から人気があります。

・恋愛編
初めからクロエちゃんに対し「美しいからお前は今日から俺の女だ!」と、かなり横暴な台詞を吐きますが、血がまずいと分かるや否や撤回して去って行きます。

シバ君のルートでも出てきましたが、ゾンビは心臓の働きが弱いせいで血がまずいのだそうですε-(´∀`; )

それでもパートナーだからと冷たくされても諦めず、レイ君に食い下がるクロエちゃんを見る内に、血はまずいけれど真っ直ぐで面白いと再び俺のモノ認定してくれるように。

しかしレイ君の取り巻きに嫉妬され、クロエちゃんは顔に大きな傷を負わされてしまいます。

醜くなってしまった自分は、もうレイ君に会えないと落ち込み部屋に篭るクロエちゃんですが、扉を破壊して入ってきたレイ君は傷を見ても彼女を拒絶することなく、内面の美しさは変わらないと彼女を受け入れるのでした。

清々しいくらいに見た目の美しさにしか興味のなかったレイ君が、次第にクロエちゃんの内面を好きになっていく過程が良かったです(´∀`=)

・恋人編
編入生である人魚のオリヴィアが大きく関わってくる話でした。

同時に他ルートでは割と悪そうだけどいい人にも見える、彼女の本性が明らかになるルートでもありました。

転校早々レイ君をサポート役にしたがるオリヴィア。クロエちゃんとレイ君をめぐって争う展開になるのか…!?(´・ω・`)とハラハラしましたが、実は彼女はレイ君とは幼馴染兼ライバルでした。

美しいものを好む彼らは昔から好きになるものが被ってきたため、レイ君はクロエちゃんをオリヴィアに近付けないようにしていましたが、まんまと目を付けられてしまいます。

物語後半でレイ君に婚約者ができたと聞き動揺するクロエちゃん。予想はつきますが相手はオリヴィアでした。

レイ君を諦めきれないクロエちゃんにオリヴィアは寿命の話を持ち出し、レイ君を不幸にしない為に諦めるよう言います。(ゾンビが300年程度しか生きられないのに対し、吸血鬼は1000年以上生きます)

・グッドエンド
俺の幸せをお前が決めるな!とレイ君がオリヴィアを一喝し、クロエちゃんを魔女レインさんの家へ引っ張っていきます。

レインさんに対し取引を持ちかけるレイ君。

その内容はなんと「自分の寿命を1000年削る代わりに、クロエの寿命を100年伸ばして欲しい」というものでした。

せ、1000年…!も削ってしまったら少ししか生きられないのに、レイ君はクロエと一緒に生きられるならそれで良いのだと言います。

罪悪感で一杯になりながらも、嬉しいと涙を流すクロエちゃん。レイ君の寿命を考えると複雑ですが、彼の愛は本物なんだなと感じた終わり方でした。

・バッドエンド
オリヴィアさん大勝利の後味が悪いエンドでした(

昔からレイ君の見つけてくる美しいものが大好き、そしていくら奪われても高潔で美しいレイ君も好き。

そんなレイ君が心を許したクロエちゃんのことも欲しいけれど、自分のものにはならない上、レイ君を奪っていくのは許せない。

嫉妬深く執着心が強いという、人魚らしい本性が歪みきっていてヒィィ!となりました。

オリヴィアさん誰よりも狂っていましたよ…!本当に人魚は最低だな!(褒めてる

***

中盤でクロエちゃんを喜ばせる方法をレイ君が魔女のレインさんに相談した結果、強力な自白剤入りのマドレーヌを食べさせられて、心の声がだだ漏れになったのには笑いましたw

素直にクロエちゃんを褒めまくるレイ君が大変可愛かったです\(^o^)/

しかし自白剤を飲まされても、タダでは転ばないセクハラ発言の連続にキャー!となりました(笑

レイ君ではなくレイさんと呼ぼう…(何

愛が真っ直ぐなレイ君素敵でした!

しかしクロエちゃんは頰に大怪我をしたはずなのに、スチルでは傷一つないのが地味に毎回気になりました(オイ

ナギ(CV:堀江 瞬さん)

続きを読む
種族:透明人間
博識で穏やかな性格。

ナギ君は透明人間の能力で透明になることができますが、不思議なことにクロエちゃんは空気の流れで、ナギ君がどこにいるのか何となく分かります。(後に理由は判明します)

・恋愛編
ナギ君のルートはゾンビや透明人間の性質や恋愛について掘り下げられていて、とても切ないお話でした。

透明人間の寿命は500年程。しかし300年過ぎると姿が完全に見えなくなり、残りの200年は誰とも関われないまま孤独に生きるのだそうです(´・ω・`)

ナギ君が周りに優しいのには、いつか消える自分のことを覚えて欲しいという切ない思いもありました。

一緒に映画を観に行った際にクロエちゃんが、開始10分で寝てしまったことに気付いていたのに、ナギ君が嘘の内容を教えてからかうシーンは何か笑ってしまいました。

好きな子には意地悪したくなる…やっぱりナギ君は腹黒だなと再認識しました(´∀`)笑

後半クロエちゃんを育ててくれたお婆さんが危篤状態になり、ゾンビの村に戻ることに。

着いてきてくれたナギ君を見て、すぐにクロエちゃんの大切な存在だと気付いたお婆さんは、「クロエを任せても良いか、彼女がいずれ醜くなり骨になる瞬間を見ても、その思いは変わらないのか?」と問いますがナギ君は変わらないと即答します。

お婆さんの子供は人を愛した結果、醜くなる自分を見られることを恐れて自ら命を断ち、その子供もまた同じように命を断っていました。

最後に残ったひ孫のクロエだけは同じ目に遭わせないようにと、全てから遠ざけて育ててきたのだという経緯が本当に可哀想でした。

お婆さん自身も醜くなる自分を恐れて、愛する人を遠ざけてしまったのですが、その人は透明人間で、姿が消えてからもずっと傍にいたのだと分かるシーンでは、我慢できずに泣いてしまいました。・(ノД`)・。お婆さん…!

・恋人編
恋愛編でものすごく感動したのですが恋人編はものすごく後味が悪かった…!
最初の内はほのぼのしていたんですけどね!

人間科学の授業で、人間の遊びについて調べている皆の会話がどことなくずれていて面白かったです。シバ君の「鬼って豆で退治されるの!?やべークッソ弱いじゃん!」みたいな台詞に笑いましたw身も蓋もないなw

ナギ君が透明になって隠れても、クロエちゃんが見つけ出せるのはいいな…愛だなと思いました(*´-`)

しかしその幸せも、ゾンビの村の人から貰い受けた呪いの人形のせいで崩れ去ってしまいます…

呪いの人形は自分が愛されたいがために、持ち主の1番愛する人の記憶を奪ってしまいます。

それによりナギ君のことを忘れてしまったクロエちゃん。

呪いの力は強く、何度やり直そうとしてもナギ君のことを好きになった瞬間に、また記憶を消されてしまいます(´・ω・`)

・グッドエンド
クロエちゃんを救うためにナギ君がとった行動は、上級悪魔であるクラスメイトのエリカちゃんに魂を差し出して契約し、クロエちゃんが人形と出会う前まで時間を遡ることでした。

これによりクロエちゃんは呪いから救われますが、代わりにナギ君が転生できなくなってしまいます。

エリカちゃんの計らいで、死ぬまでは魂を取らないでいてくれるとのことですが、2人が幸せになってもどこか切なかったです(´・ω・`)

・バッドエンド
クロエちゃんが記憶を失う度、何度でもまた1からやり直すというエンド。

初めまして、僕の最愛の人。今度こそ必ず君を救うから…というナギ君が本当に可哀想でした(´;ω;`)

***

いいですか?言ってもいいですか??

村の人何を押し付けてくれてるんだよ馬鹿野郎ぉおおおぉぉ!!!

ナギ君が何をしたんだ!といった感じでグッドエンドも本当に可哀想でした。・(ノД`)・。

あんな人形私が燃やすから頼むから幸せになって下さいよ!と叫びたくなるような終わり方でした。

と思っていたら、キャストインタビューで声優さん(堀江さん)も同じようなこと言っていて笑いました。

ナギ君のお話は恋愛編で終わったのだ…恋人編なんて無かったんだと思いたい。うう。

優しくて少し腹黒い所もあるナギ君最高でした。
欲を言えばタイムカプセルを掘り起こすところも見たかったなと思います( ´ー`)

まとめ

総評

ということでエフェメラルのプレイ感想でした。

うーん?と思うような箇所もありましたが、私的にはかなり満足しております!

良かった点にも書きましたが、仲間達の賑やかな会話のやりとりが本当に面白かったです。

正直ナギ君ルートのシバ君はいじられすぎでは?と思いましたが、後からビシッと格好いい所を見せてくれたので「ああ、このためのフリだったのか…!」とまで思いました(笑

後はルート毎にお話の真相というか、核心部分が徐々に分かる仕組みになっており、どのルートにも見所があったのが良かったです。

1ルート2時間位とボリュームはありませんが、サクッと遊べるので個人的には良かったです。

人を選びそうな作品

地雷要素としては主人公クロエちゃんの性格でしょうか。

乙女ゲームの主人公に苛々することはあまりないのですが、ちょっと…いやかなり子供っぽいところがあり苦手でした(爆

2人攻略を終えた時点では、面白いな!と思ったり微妙!と思ったり、気持ちの乱高下が激しく、『面白いとは思うけれど人には勧めづらい』という感想だったのですが、正直4人終えても同じ感想でした(笑

最後に

公式サイトでキャラを見て「いいな」と思われた方や、キャラ達の楽しいやり取りが見たい!という方は楽しめるかなと思います。

ハマれる人はかなりハマる作品かなという印象でした。

クリア後のおまけはキャストインタビューのみですが、キャストの皆さんが内容に言及されており、聴いていて楽しかったです(´∀`)

結構皆さんかなり突っ込んだ話をされるので「そうだよなー!」とうんうん頷きながら聴かせて頂きました(笑

スピンオフ作品について

最後になりましたが、実は本作と世界観を同じくするスピンオフ作品もアプリで配信されているんですよね。

『EPHEMERAL -MINIATURE GARDEN- 』といって、こちらはマーメイドが主人公のお話です。

私は少しだけプレイしましたが、攻略キャラ達が実に癖がありそうで心惹かれました(*´ω`)笑

長くなりましたが本日もお読み頂きありがとうございました!

↓ランキングに参加しているのでよろしければポチッと応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村
ゆるっとTwitterに生息しているので、お声がけ頂けると飛んで喜びます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました