Dance With Devils 感想 【ネタバレON/OFF有】

乙女ゲーム

こんばんは、もちです!
今日はDance With Devilsの感想を書いて行きたいと思います。

Dance With Devils(通称:ダンデビ)はしんどさに定評のあるRejetさんの作品で、元々は2015年に放映されたアニメが原作のゲームです。
その後漫画やゲーム、舞台と展開していった人気作なんですね。

いつも通り個別ルート感想以降はがっつりネタバレを含みますので、これからプレイされる予定の方はご注意下さい。

スポンサーリンク

ストーリー紹介

ヒトか アクマか? 

四皇學園に通う高校2年生の少女、立華リツカ。 
ある日彼女は、生徒会長・鉤貫レムからの呼び出しを受け、生徒会の面々の集まる『第三図書館』で、彼らと不思議な出会いを果たす。 
『禁断のグリモワール』を巡り、あらゆる思惑が彼女を中心に動き始める——。

公式サイト様より引用 http://rejetweb.jp/dwd/

ヒロイン紹介

主人公:立華 リツカ
本作の主人公。高校2年生。美術部所属。自然な明るさを持った普通の少女。17歳の誕生日を前に、「禁断のグリモワール」を巡る争いに手がかりとして巻き込まれる。趣味は油絵。

リツカちゃんのアイコンが見つからず画像なしで申し訳ないです(´・ω・`)

雑記感想(ネタバレなし)

ヤンデレっていいよね

本作をプレイしたきっかけについてですが、ここ最近真っ当な作品が続いていたので久々に病んだ作品がプレイしたい!となりまして(!?)、Twitterでヤンデレ…ヤンデレ…( ゚д゚)と呟いていたところ、フォロワーさんがお勧めして下さいまして、ちょうど積んでいたこの作品をプレイする事に決めました(笑

どうみても怪しい呟きにドン引きするでもなく反応頂いたフォロワー様方には感謝しかありません・・!誤解のないように言いますと純愛もとても好きなんですよ!ただピュアなものが続くと反動で病みを求めてしまうとい(以下略

エンディングは1ルートにつき4種類

…という事で始めたこの作品、ダークな世界観が個人的にはとても好みです( ´∀`)!
ストーリーは何やらすごい力を持つ禁断のグリモワールというものを持つ、主人公のリツカちゃんがアクマ達に狙われるといったお話です。

選択肢でヒトルート、アクマルートへ分岐します。 ヒト・アクマ側にそれぞれ2種類ずつエンディングがあり、1人につき合計4種類のエンディングが楽しめる大ボリュームっぷりです。

アニメ原作とは思えない出来に驚く

実はダンデビは漫画を読んだ事があるので、シキ君がメインなのかと勝手に思っていたらそんな事はありませんでした(笑

↓その漫画版はこちら。

Dance with Devils -Blight- | 岩崎大介(Rejet)...他 | 電子コミックをお得にレンタル!Renta!
四皇學園(しこうがくえん)に通う普通の女子高生・立華(たちばな)リツカ。ある日、美しい羽根を持った男の子と出会い、運命が動き始める――。アクマ、エクソシスト、ヴァンパイア…あらゆる思惑が交錯するオリジナルミュージカルアニメ「Dance with Devils」。アニメ本編とは異なるオリジナルストーリーのコミカライズ、第...

失礼ながらアニメが原作と聞いてゲームは大丈夫なのかな…と、若干の不安を覚えながらプレイしたのですが、意外にも(失礼)かなりしっかり作られていて驚きました。

起動するや否やまず、リンド兄さん(cv羽多野さん)が歌うOPの歌が癖になり頭から離れなくなりましたw
( ゚∀゚)o彡゜アフロディーテもうらやむー
燃えてる月でーッ!(黙れ

そしてダミヘすごい!なんだこれ!
普段イヤホンでゲームをプレイしているので、最初右左から声が聴こえてきて「!?」となりました(笑)
ダミヘを使った乙女ゲーをプレイしたのはダンデビが初めてだったかもしれません(´°ω°`)すごい技術ですね!(語彙力ない

システム面も快適

システム面は快適でした。
スキップもなかなか早いし、選択肢ジャンプ機能があるのでエンディングの回収も楽々です。
(最初選択肢ジャンプがあるのに気付かず延々スキップしていたのは内緒です…)

おすすめ攻略順

これは難しいので正直好みで良いと思います。

強いて挙げるならばローエンは最後がお勧め、レムは王道、ウリエとメィジは比較的穏やか、リンドとシキは修羅の道(?)といった感じだったので、
レム →ウリエリンドメィジシキ → ローエン はどうかなと思います。(同じ色のところは変更可能)

かくいう私は特に前情報なしで、初回リツカちゃんの兄であるリンドのルートに特攻しましたがなかなかに強烈でした(笑

※いつも通りネタバレ含む上、やりたい放題書いていますのでダンデビ心から愛してる!という方は閲覧ご注意下さい。

個別ルート感想

立華 リンド(CV:羽多野渉さん)


続きを読む

リンドはリツカちゃんとは本当の兄妹ではなく従兄弟で実は吸血鬼とのハーフでした。更にリツカちゃんを守るために密かに昔からエクソシストの修行を積んでいました。

とにかくリツカちゃんを大切に思っていて、どんな時でも助けに駆けつけてくれる心強い…けどものすごく過保護な素敵な兄さんです。

逆を言えばリツカちゃんが心の支えなので彼女に信じてもらえないとどんどん不安定になっていきます。
根は真面目でいい人ですが一歩間違うとヤンデレ一直線になってしまう危ういキャラでしたねε-(´∀`; )

ヒトルートでは吸血鬼との狭間で苦悩しながらも自分を信じて支えてくれるリツカちゃんと共に人間として生きていく姿が描かれ、アクマルートでは追い詰められて吸血鬼になってしまう姿が描かれます。

追い詰められた時に兄さん時々病んでる目になるんですがこれが恐い。
更に急に低音ボイスになるのも本当に恐い。

登下校は勿論、お昼も一緒だったり廊下で壁ドンしていたりと、距離が近すぎるこの兄妹は学園内で周りからどう思われていたのか非常に気になります…w
所属していたエクソシスト教会に裏切られた際、リツカちゃんに死ねと言った教会の司祭達に対して「ならお前らが勝手に死ね!」と一片の迷いもなく言い切ったのには清々しくて笑いましたw

◆ヒトエンド1
結婚式ありのハッピーエンドでしたね!
最初に見たエンドがこれだったので、この時点では「今まで兄だったのにそんな簡単にいいのかリツカちゃん…!」と少し思ったのですが、後にアクマルートの方ではリンドを兄としか見られないリツカちゃんが描かれていたので、こちらはリンドはリンドであって吸血鬼とか関係なく、どんな彼でも受け入れられるといった感じの幸せ一杯なエンドで良かったなと思いました。
アクマエンドを見た後で最後に見た方がいいエンドですね…w

◆ヒトエンド2
リツカちゃんが窓から飛び降りてしまうバッドエンドですね(´・ω・`)
リツカちゃんは兄さんのために自分が犠牲になる、と言っていましたが最後の「全てを考えることを拒否した」、という一文がどうしようもない状況から逃避したのだと物語っていて切なかったです。
しかし1人残された兄さんがまともに生きていけるはずもなく…
ラストのスチルKOEEEE!

◆アクマエンド1
キタ━(゚∀゚)━!
リンドは吸血鬼達の王になってリツカちゃんは妃になって幸せに暮らそうぜというエンド。
こういうエンド好…嫌いじゃないですよ!ヽ( ・∀・)ノ┌┛Σ(ノ ゜Д゜)ノ
ただリツカちゃんは現実逃避してしまっているし、兄さんだけが大変幸せそうでしたね(

◆アクマエンド2
ぎりぎりのタイミングでリンドが自害してしまうエンド。切なかった…
けどお前は俺が守ると言う言葉は本当だったなと印象に残ったエンドでした(´・ω・`)
たとえ相手が自分であってもちゃんと守ったのね…

リンドルートなかなか面白かったです!が、いかんせん2人ともメンタルが弱すぎて終始不安な気持ちで見守りました…中盤はどちらかが病んだら確実に共倒れでしょう(苦笑

ヒトルートとアクマルートの展開が見事に両極端で、このゲームはこういう感じなのか…( ゚д゚)となりましたw
OKOKバッドもグッドも何でも来いですよ!

余談ですが吸血鬼バージョンのリンドがイナズマイレブンに出てきそうな格好をしていて毎回笑ってしまったのは内緒です(オイ
リンドルートクリア時点ではなぜリツカちゃんがグリモワールを持っているのかは分かりませんでした。

鉤貫レム (CV:斉藤壮馬さん)


続きを読む
レム様滅茶苦茶いい人だった…!悪魔だけど。
グリモワールを持っているリツカちゃんを無理矢理連れ去ればいいのにできない、何故なんだろうと自問自答するシーンが多く見られました。恋ですね。

リンドのルートでも思ったのですが親友のアズナちゃんが本当に良い子ですね。
レムのルートではリツカちゃんが悪魔であるレムに惹かれている事に気付いて、きっと複雑な心境だろうに一緒にいる機会をくれたりするんですよね…本当に優しいなと思います。
それだけに彼女が命を落とすシーンはなかなか辛かったです(´;ω;`)最後の最後まで励ましてくれていましたね。

このルートではリンドが何だかんだレムと手を組んで戦うシーンが多いのが印象的でした。
レムのルートではリツカちゃんの出生の謎について明かされました。そういえば父親がいないな、とこの時まで全く気付かなかったんですがまさか魔王だったとは…!
お母さんといい叔母さんといい相手がことごとく魔界の住人ですね立華家。

◆アクマエンド1
リンドのアクマルートがバッドっぽかったので今度はアクマから回収しよう!と突撃したのですがあれ…?ハッピーエンド…だと…?(´・ω・`)
もしや悪魔の人達はアクマルートがハッピー、ヒトルートがバッドになるんでしょうか?何てこった。
家や立場よりもリツカちゃんを選んだレムが助けに来てくれるシーンがとても格好良かったです。幸せな結婚式エンドでした!

◆アクマエンド2
親父ェ…(´・ω・`)
刺客として送られた仲間達を切り抜けてきたレムでしたがシキの毒にやられ、更に親父の幻術に倒れてしまいます。
リツカちゃんも死んでしまうのですが、最期にせめてレムの幻を見せてくれるあたり意外と慈悲深い親父だなと思ってしまいました(命名:親父エンド

◆ヒトエンド1
グッドなのかバッドなのか分からず、ラスト付近の展開にすごくハラハラしました…心臓に悪い…
上述の通りこちらはバッドなのだろうと身構えていましたがまさかの仲間達とわいわいハッピーエンドでした!
レムを邪魔しにきてシキとメィジに引きずられていくリンドに笑いました。仲良くなってるw

◆ヒトエンド2
絶対死亡エンド来るぞーと身構えていたのですがそんな事はなかった。
無事生還するものの、魔界の混乱を収めるためレムが帰ってしまうエンドでした。
少し切ないですがまた会えるかもと希望の持てる終わり方になっています。

レムルートは以上です。
レム様正統派イケメンでした…!

リンドルートを始めに持ってきたためか、ダークな展開を予想していましたが何だかヒーロー的な展開でした。リンドルートが異質だったんでしょうか!\(^o^)/
まだ2人目なのではっきりとは言えませんが最初に攻略するのもおすすめかもしれませんね。

楚神ウリエ (CV:近藤隆さん)

続きを読む
ウリエルートのシナリオ良かった…!
ウリエさんかわいすぎました…!

最初から優しいですが、その裏ではレムの為にゲーム感覚でリツカちゃんの事を落とそうとしてきます。
心の声がちょいちょい口に出すぎていて、リツカちゃんがあれ?と疑うパターンが多かったのでその辺り黙っていればもう少しすんなりいったのでは…と思ってしまいましたw

「レムより先に」などちょくちょくレムと自分を比較するような言葉が出てくるウリエさん。
自分より優れているレムを幼馴染として誇らしく思いつつ、劣等感を感じているようです。
そしていざ悪魔の力を使ってリツカちゃんを落としても心は自分に向いてない、しかもいずれはレムに渡さないといけない、で結局満たされず寂しそうなんですよね…

何1つ持っておらず手にも入らない孤独を抱えていた彼ですが、そこに気付いて真っ直ぐにぶつかってきてくれるリツカちゃんに惹かれ、彼女に振り向いて欲しくて必死になっていきます。序盤の余裕たっぷりな感じとのギャップが良かったですね(´ー`*)

ダンスパーティでレムからリツカちゃんをかっさらっての告白「僕を、好きになってくれませんか?」には大変萌えました。
若干弱気なのがもうずるいなと!

◆アクマエンド1
アクマルートでは悪魔とのハーフであるリツカちゃんを完全に悪魔にする事でグリモワールを消滅させる事に成功したものの、肝心のリツカちゃんが抜け殻のようになってしまいます。
彼女を元に戻そうと必死で奮闘するウリエが健気でした。
最後の最後に踊ったダンスで記憶が戻り、正にDance with Devilsなハッピーエンドでした( ´∀`)イイネ!

◆アクマエンド2
記憶が戻らないリツカちゃん。
それでも一緒に生きて行こうね、と魔界に帰ろうとした所に吸血鬼の方の親父が降臨しリツカちゃんが殺されてしまいます…
ウリエの叫びが辛かったです。ウリエがどれだけ彼女を大切に思ってたか分かるエンドでしたね…(つД`)

◆ヒトエンド1
リツカちゃんの誕生日が過ぎればグリモワールは無効化されるので、ヒトルートでは時間切れまで逃げ切ろうという流れになります。

追ってくるレム達と戦う事になるのですが少しの躊躇いもなく全力で攻撃してくるのでウリエがどんどん負傷して行き、もうやめてー(つД`)となりました。
血みどろの立ち絵で大丈夫!と言われても超不安だよ!

ダンデビの追い詰められてる時の展開はガチで生死の瀬戸際なのでハラハラします(
最終的にレムが見逃してくれて無事逃げ切り、ハッピーエンドとなりました。

最初から逃がしてくれる予定だったのかは分かりませんがレムさん、容赦無さすぎでしょう…w
その後ラストで普通にウリエと将棋さしてて笑いました(

けれどそんなツッコミはウリエの超幸せそうな満面の笑顔スチルで全て飛んで行きました(これが本当に幸せそうなんですよ!笑

◆ヒトエンド2
時間を稼ぐためリツカちゃんを眠らせてウリエは戦いに行き…
リツカちゃんは生きているけど目覚めない、ウリエがいない現実より幸せな夢を選んだのかな(´・ω・`)切ないエンドでした。
誰でもいい、僕に少しだけ時間を下さい…!という台詞で泣きそうになりました。ウリエのバッドはどれも辛いですね。

女の子は皆んな可愛い蝶々さとか言うし、取り巻きも沢山いるので失礼ながらチャラ男か…(´・ω・`)と思っていましたが純愛で…!
こういうチャラっぽいキャラが見せる純愛がたまらなく好きな今日この頃です。未良子先輩とか!
ウリエルート、大変面白かったです!
彼女ができて嬉しそうなウリエさんかわいいw
あと糖度も高かったです(笑

南那城メィジ (CV:木村昴さん)

続きを読む

メィジさんマジ兄貴。

個別ルートに入るや否やウリエとシキに「彼女にキスすればグリモワールが手に入るよ!」と騙されてリツカちゃんを追いかけ回すようになるのに笑いましたw
メィジはオレ様気質で一見怖いですが、基本真っ直ぐな性格で人が嫌がる事は絶対にしないので見ていて清々しいですね。
人間より人間らしいですよメィジさん…(リンドの方を見ながら

このルートではメィジの活躍で何とリツカちゃんのお母さんが途中で救出されます。
基本他のルートではエンディングでの救出だったり、眠ったままだったりするので元気に生活してるお母さんが見られるのは胸熱です。
メィジさんが性格イケメンすぎてこれは恋に落ちても仕方ない(真顔

ダンスパーティーのくだりも本当に良かったです!
一緒に踊る約束をしていたリツカちゃんがエクソシスト達に攫われてしまい、絶体絶命!という時に真っ先に駆けつけてくれます。
その後間に合わなかったダンスを誰もいない会場で2人で踊るシーンが素敵でした。

しかもここでの告白が格好良かった!グリモワールを手に入れるとリツカちゃんを失うと知ったメィジは「そんなもんいらねぇ!お前が死なないと手に入らないようなもんはいらねぇよ!」と一喝します。
これは恋に落ちても仕方な(2回目

うん、本当に純愛ですね!
これまでのルートで1番乙女ゲーっぽい気がします!しかし問題もあって…
リツカちゃんが魔王の娘だという事実がお母さんから告げられます。

メィジさんの家族と家は魔王によって滅ぼされています。
oh…リツカちゃんは憎き仇の娘という事になってしまうんですね(´・ω・`)

しかしメィジならきっとそんな事気にせずお前はお前だ!とか言ってくれるだろうと信じていました!そしてその読みに間違いはなかった…!
メィジはきっとダンデビで1番メンタルが強いと思う!!

◆アクマエンド1
アクマルートではレム父達貴族の命令で魔界に連れて行かれてしまったリツカちゃんを単身メィジが助けに行きます。レム達は敵と見せかけて実は裏で協力してくれていました。

最後にリツカちゃんとメィジが協力してグリモワールの力でレム父を吹っ飛ばす展開がアツかったです!しかしレム父、魔界最強という肩書きの割に弱すぎませんか…w

魔界の貴族達に喧嘩を売ってしまってレム達どうなるんだろう…と思っていたらエンディングではメィジを筆頭に魔王を倒した期待の新勢力として活動していました。新しい魔王という事になるのかな?

事務系一切ダメそうなメィジに全ての雑用を押し付けられてるウリエに笑いましたw
シキやレムはすんなり従わないし!
けれどリツカちゃんを含めみんな何だかんだ働いていてわいわい楽しそうでした。ハッピーエンドですね(*´∀`)

◆アクマエンド2
メィジが守り切ってくれるものの力尽きてしまうエンド。リツカちゃんは1人生き残りますが、通りかかったローエンに自分を殺して欲しいと頼み後を追ってしまうバッドエンドでした。

◆ヒトエンド1
ヒトルートでは魔王の娘だという事をメィジにどう告げるかが掘り下げられていました。
アクマルートでは意外とさらっと流されていたのでこっちで来たかー!といった感じでした。それも無事に解決し、エクソシスト達に騙されたリンドとも和解し、協力してエクソシスト達を撃退して無事にエンディングでした。

何だかんだ言ってメィジがリンドやアズナに認められていて仲良さげで良かったです。
エンディングでさらっと立華家に混ざっているのにも笑いましたw
リンドとメィジが家の中にいると喧嘩で家が壊れそうですよね(苦笑

◆ヒトエンド2
リンドの命と引き替えにしたエクソシスト達の猛攻で全員…(´・ω・`)本当あいつらクソだな
リツカちゃんが最後にグリモワールの力を託したメィジだけは生き残りました。
「力なんかいらなかったんだ、お前がいてくれれば…」という台詞が辛かったですね。
最初の頃の力が全てだった彼から変わったんだな…と改めて感じるエンディングでした?

メィジルートも面白かったです!
最初は俺様ですが、騙されやすかったり恥ずかしがり屋だったりと少しずつ可愛らしい面が見られるようになってくると印象が大きく変わりました。

その恥ずかしがり屋エピソードの1つですが、リツカちゃんに花束を買って来ても「拾った!」とか言って渡すんですよw
「花束が落ちてる訳ないのに・・(*´∀`)」としっかりリツカちゃんに伝わってて、この2人可愛いなーとほっこりしました。
これまで攻略した4人の中で1番リツカちゃんを幸せにしてくれそうだなと個人的には思います。

余談ですが、実はリンド・レムルートクリア時点では、リツカちゃんの迂闊な所とウジウジしまくる所が苦手だったんですが、こちらのウリエ・メィジルートでは前向きで割とハッキリ思った事を言うので好感が持てました。
ルートによってこうまで違うのかと驚いています…w

閑話休題 – ウリエ・メィジルートの雑記感想

続きを読む
まず最初に言いたいのがこの2人のルート、
超純愛でした!!

先に攻略した2人の展開が不穏だったのでまさかこのゲームでピュア?なラブを見られるとは想像できなかった…!
3キャラ目にして気付いたのがリンド・レム・ローエンとウリエ・メィジ・シキとで共通ルートが違うという事でした。

展開的には同じ場所に行ったりと近いところがありますが、こちらはウリエ・メィジ・シキの3人組の微妙に噛み合っていない会話が面白くて、どこか明るい雰囲気でお話が進みます。
この3人が部下とかレムは苦労してるんだろうなぁと容易に想像できますね…(笑

リツカちゃんもあちらのルートよりも前向きで活き活きしているように見えますね、私は断然こちらの方が好きです(°∀°)
海に行くイベントでは悪魔3人と砂浜でお城を作ってるシュールな光景を想像して笑いましたw

しかし3人と仲良くしていたらナチュラルにリンドに自宅軟禁され、ぶれない兄貴にも笑いました…(笑
しかしその後吸血鬼達に家に火を点けられて脱出も電話もできない、という展開には震え上がりました。これは笑えない(((;゚Д゚)))))))
窓の柵とか気付けよ吸血鬼達…

棗坂シキ (CV:平川大輔さん)

続きを読む
ぴょこっと跳ねてる髪の毛が耳みたいでかわいいシキ君。
しかしルートの内容は極めて上級者向けでした。

歴戦の乙女ゲーマー(?)なら問題ないと思いますが、アニメを観てシキ君攻略したい!となったお嬢さん方には辛いであろう展開でRejetさんは本当に鬼畜だなと思いました(オイ

他ルートで痛め付けたり痛め付けられたりすると喜ぶ姿を見てきたのでヤバイ人という認識でしたが大体間違いありません(

喋り方がとてもねっとりしています。
うまく表現できませんが…うん、ねっとりしていますw
CVの平川さんの演技が本当に素晴らしいなと思いました。

堕天使なので漫画の方だとレム達からめちゃくちゃ嫌われてたような気がするんですが、ゲームではそうでもなく、関心を持たれていない程度で済んでいます。(実は漫画の展開はあまり覚えていませんがハッピーエンドではなかった気がしますε-(´∀`; )

シキは堕天使であるため天界にも戻れず魔界にもなじめない孤独な存在で、グリモワールを持っている事で周りに理解されない孤独を抱えるリツカちゃんを「似た者同士」と考え、自分と同じにしようと執着してきます。

心の隙につけこむのがうまく、何だかんだいい人が多い悪魔達の中でシキが1番悪魔っぽいです。
さてさてストーリーの方は、シキがうまい事リツカちゃんを孤立させて自分に依存させようとしてきます。更に裏で動き回って吸血鬼達と手を組んでいるようで、信用させておいてポイするんじゃないか…!とか超不安になりました(´・ω・`)

学園祭中もシキがちょくちょく不穏な事を言うので私の不安度がMAX。リツカちゃんはそんなシキに信頼度MAX。
そして迎えたダンスパーティー。ポイはされませんでしたが、ああーやっぱりきた…となりました(´・ω・`)

シキの手引きで吸血鬼とエクソシストが突入してきて阿鼻叫喚の大地獄になります。
親友のアズナもリンドを庇って重症、リツカちゃんは自分がシキを信じたせいで・・と抜け殻状態になってしまいます。

そんなリツカちゃんを見て超嬉しそうなシキ。
それにしてもシキはグリモワールには全く興味がなくて、ただリツカちゃんが自分好みに壊れて近くに居てくれればいいんですね。
歪んでますね!

アズナの留守電を聞いて「これじゃいけない!」とリツカちゃんが立ち直り、シキに立ち向かいます。その中でシキが抱える孤独に気付いて行動を起こします。
この辺りからヒトルート、アクマルートに分岐します。

◇アクマルート
その流れからシキが愛に目覚めて更生する…のかと思いきや、リツカちゃんの事が好きだから絶望させたい、苦しめたいとむしろひどくなってて救いようがないなと思いました…w
そしてリツカちゃんを慰めていたレムやウリエ、メィジまで殺してしまいます(´・ω・`)
彼なりの愛情表現のようですがリツカちゃんから言わせれば理解不能でした。

◆アクマエンド1
これ以上自分の周りの人達を傷付けさせないよう、旅行という名目で長野のおじいちゃんの家にシキを連れて行くリツカちゃん。
でもシキはそんな考えお見通しでエクソシスト協会へ行きリンドを殺してお土産と称して連れ帰ります。
更にお母さんまで殺そうとした所でリツカちゃんがアズナの遺品のナイフでシキを刺してしまいます。

シキは自分の事を愛している、愛する人に殺される事が幸せだと言いながら嬉しそうに息を引き取りました。リツカちゃんも一生忘れられないでしょうしね。
…何というか全部シキの掌の上でしたね(´・ω・`)

お母さんを残してくれたのは彼なりの思いやりだったのか。後味の悪いエンドでした。
エンド1という事はこれがアクマルートのグッド扱いなのがまた恐ろしい…(

◆アクマエンド2
スーパー皆殺しエンド。
リンドを殺された時点で考える事を放棄したリツカちゃん。ローエンがやってきてグリモワールを奪うためリツカちゃんを謎空間へ連れ去りますが、シキから離れられるならと無抵抗です。しかしそんな事ではシキは止められず、ローエンも…(´・ω・`)

その後もリツカちゃんを絶望させるためにお母さんやクラスメイト等、どんどん屍が積まれていくのでした。
後味が悪すぎて(略

◇ヒトルート
ヒトルートでは「考え方が違ってもそばに居られる」というリツカちゃんの説得によりシキが更生します(笑
想いが通じて良かった。シキルートではラブラブな展開は諦めていましたよ(´∀`)笑

しかし悪魔、吸血鬼、エクソシストとここに来て今度は新たな勢力として天使が登場します。
天使達はグリモワールを滅ぼし、更に浄化と称して世界を壊そうとして来ます(´・ω・`)とんでもないのが来たな

レム達はグリモワールを手にして天使に対抗しようとしますが、シキが全力で守ってくれます。
たった1人で何ができる?というウリエの問いに対して「僕はずっと1人ぼっちだった、今更何も怖くない。世界中が彼女の敵になっても僕が傍にいる」と返したシキが格好良かったです。・゚・(ノ∀`)・゚・。
シキ変わったね。アクマルートとは別人のようだ…!(泣笑

◆ヒトエンド1
天界に直接交渉に乗り込み、グリモワールも世界も守ってみせるから手を出すな!と啖呵を切ります。天使達はそれを受け入れ2人を地上に戻します。

そしてグリモワールの暴走をシキが受け止めてリツカちゃんは救われましたがシキは命を落としてしまいます。この辺りで少し泣きました(ノД`)
が!その後天界の慈悲でシキが天使として再び生をもらえて生き返ったあたりで涙が引っこみました(笑

でも天使に戻ったシキとはもう一緒には暮らせない、けれどずっとどこかで見守っていてくれるという切ないエンド…かと思いきや天使らしからぬ行動をして天界追放されてた\(^o^)/
そして人間になってたw

何というご都合主義!しかしこれまでシキがやってきた事を考えると充分すぎる位のハッピーエンドでしたね。まず同胞殺してるのに天使に戻してもらえるとかゴフッヽ( ・∀・)ノ┌┛Σ(ノ ゜Д゜)ノ
むしろハッピーエンドがあった事に少し安心しました…(笑
余談ですがエンディングでシキの声がねっとりしていない事にようやく気付きました(笑
いつからだったのかなー!と確認したくなりました。

◆ヒトエンド2
リツカちゃんがグリモワールを暴走させてリンドやアズナを死なせてしまいます。
その結果全部壊れちゃえ!みたいになってしまうんですが、このリツカちゃんが最初の頃のシキを彷彿とさせて…懸命に止めようとするシキが切なかったです。
こういう考えさせられるバッドエンドは特に辛いですね。

シキルートはアクマルートが強烈でしたが嫌いじゃなかったです。あれが本来の彼じゃないかなと思うのでむしろドン引きするような内容をしっかり描いたなー…と感心してしまいます。(偉そうにすみません…
あちらを先に終わらせてしまったのでヒトルートでシキが更生したのがにわかに信じられず、しばらくは本当に?…本当に??となりました(笑

ローエン (CV:鈴木達央さん)

続きを読む
ローエンだけ公式さんにアイコンが見当たらなかったので別アイコンにて失礼します(´・ω・`)
ポメラニアンの姿かわいい…!
犬の姿の時に毛をむしったりしてくるのでシキが苦手、というのが可哀想ですがちょっと笑いましたw

あと時々早口になる話し方が何だか曲者感があり良かったです(笑
ローエンは他ルートでは大体敵だったのでどんな話になるのか楽しみでした。

魔王は絶対、でもリツカちゃんも死なせたくないという葛藤が丁寧に描かれていました。
リツカちゃんはマキシスの娘なので仕えてくれれば解決じゃないか!…なんて思っていたけど、すれ違いの連続でそこまでの道のりはそう甘くはなかった…!

ローエンはお母さんの居場所を教える代わりに、リツカちゃんはグリモワールの力が満ちるまで誰にも捕まらない事を約束します。
利害関係の一致で協力している感じですが、
リツカちゃんを狙ってくるレム達から何度も守ってくれます。

途中力を使い過ぎてポメラニアンの姿で過ごす事になるのですが、この時ローエン視点で犬扱いするリツカちゃんに対して内心でブツブツ言っているのが面白かったです(*´∀`)

ドッグフードは嫌だけどミルクは飲んだり、ブラッシングしてもらったり(笑
と和やかなシーンもありますが、魔王復活にはリツカちゃんの命が必要である事、時が来ればローエンはためらわずリツカちゃんの命を奪う事を告げられて以降ぎくしゃくしてしまいます。

いつの間にかローエンを大切に思っていたリツカちゃんには辛いお話でした。
とはいえいつの間にかリツカちゃんに情が湧いていたローエンも辛くて突き放すためにあえてキツイ事を言っていたりと2人とも可哀想でした(´・ω・`)

◇アクマルート
襲ってきたエクソシスト達からリツカちゃんをかばいアズナが死んでしまいます。
奴らはどのルートでも安定してクソですね(
その憎しみからリツカちゃんはやや自暴自棄になってしまいます。

お母さんを助けだしたらグリモワールをローエンに渡すと約束します。命を失う事を少しも迷わなくなったリツカちゃんを「あの時手を払わなければこうならなかっただろうか…」と悲しく思いつつもお供するローエン。

◆アクマエンド1
お母さんの救出に向かった2人ですが吸血鬼の王(ネスタ)は強く絶対絶命のピンチに。
そんな時精神世界のマキシスに声をかけられ、力を貸すからグリモワールを自分に捧げるようローエンに命令しますが、ローエンはリツカちゃんが大切だからできないと断ります。

あんなにマキシス第一だったローエンがですよ…!
でもマキシスもローエンがそう答えるのを分かっていて言わせたような印象を受けました。
マキシスは笑いながらローエンにリツカちゃんとお母さんを守るよう命じるのでした。
父さんいい人だな…!(

ネスタを倒した後のリツカちゃんは、お母さんやリンドと共に人間の世界では暮らすのではなく、ローエンと一緒に魔界に行き悪魔として生きる事に。
600年以上も先の次のグリモワールの出現を2人で待ち、お父さんの復活を誓うエンドでした。

◆アクマエンド2
スーパー魔王エンド。実はこういうエンディングないかなとちょっと待ってました…!(゚∀゚)(オイ
憎しみ大爆発でグリモワールの力を取り込んで冷酷非道な魔王になってしまったリツカちゃんですが、ローエンだけは忠誠を誓い傍にいてくれるというエンドでした。
アクマルートは形は違えどどちらも愛のある主従関係でしたね。

◇ヒトルート
こちらはエクソシストではなく吸血鬼に攫われたリツカちゃんをローエンが助けに来てくれます。その流れでお母さんも救出。
そしてお母さんからマキシスとの関係が語られます。

マキシスは封印される間際、ローエンに「地上に大切なものを残したから守れ」と命令していて、ローエンはそれをグリモワールの事だと思っていました。
ですがお母さんの話を聞いてそれはリツカちゃんの事だったと気付きます。
マキシス復活のためだけに行動していたローエンはどうしていいか分からなくなってしまいます。

◆ヒトエンド1
行き場を失っていたローエンに、好きだから傍にいて欲しいと気持ちを伝えたリツカちゃん。ローエンも今後はお母さんとリツカちゃんを守る事で生きて行く、と受け入れてくれます。尚そこにリンドは入っていません(笑

兄さん母さんローエンと一緒に生活するハッピーエンド。
下僕から恋人にクラスチェンジするくだりは和みました。幸せそうで良かったです(*´∀`)
リンドについて言及はありませんが仲悪そうですよね。

◆ヒトエンド2
時間切れ間際にアーロンド家の当主が襲来し、リツカちゃんのグリモワールは奪われてしまいます。残ったのはリツカちゃんの身体だけですが、ローエンはずっと傍にいるというエンド。切ないですね(´・ω・`)

しかしレムはどのルートでも見逃してくれたりと安定して優しかったですね。次期当主としてはダメだと思うけれど…(笑
人物紹介欄にある冷酷無比は削除していいんじゃないかなと思いました(コラ

ローエンルートは攻略制限がかかっているだけあり、他ルートではあまり出なかったお父さんの話が出て来て読み応えがありました!

まとめ

アニメ原作と侮るなかれ!超絶ボリュームに大満足

さてダンデビが無事に終了した訳ですが、全13章+エンディング4つとボリュームがある上、人物の心の動きも丁寧に描かれていたと思います。
アニメ原作だから軽めの作品かな?というのは大いなる勘違いで骨太の作品でしたw

好みが分かれそうなポイント

欠点があるとすれば、以下の三点くらいでしょうか?

・アニメ調の絵が好き嫌いが分かれそう
・シキリンドのアクマルートがバッドエンド一直線
・リツカちゃんの性格が好み分かれそう

アニメ調の絵とリツカちゃんの性格は慣れました(笑
シキとリンドに関しては…覚悟して挑むしかないですよねε-(´∀`; )
ウリエorメィジの純愛コンビを間に挟みつつ攻略されることをお勧めします。

結構流血シーンが多めで、エンドによっては死屍累々なので苦手な方は注意が必要かもです。

アニメも面白いよ!

ダンデビ気になったよーという方はまずアニメを観てみることもお勧めします。
アニメの方はまさかのミュージカルアニメでして、声優の皆様本当に歌がお上手です!

しかし、こう・・突然歌い出したりするのでなかなかシュールと言いますか、生徒会室の扉を開けるとアクマ4人が歌いながら歓迎してくれたり、家の前で兄さんが熱唱していたりするので、私は大分腹筋が鍛えられましたw

公開されている映画もマルチエンドだとか!!観る前に誰のエンディングか分かるんですかね?
これまた斬新だなと思いましたw

こんな方にお勧め

・ダークファンタジーが好き
・人外(主に悪魔)に狙われたり愛されたりするスリリングな恋を楽しみたい
・アニメを見て気になった

以上のような方にお勧めしたい作品でした!

残酷な表現も多いので、万人にお勧めとは言いがたい作品ですが、
私的には最近プレイしたゲームの中でも1、2を争うくらい面白かったです!

おすすめして下さった皆様本当にありがとうございました!(*´∀`)

個人的総評:(MAX★5)
Dance with Devils ★★★★☆(4.5)
兄さんが駆けつけてくれた時の安心度★★★☆☆
レムが駆けつけてくれた時の安心度★★★★★|★(オイ

↓ランキングに参加しているのでよろしければポチッと応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

コメント

  1. もち より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    いつもコメントありがとうございます!
    3バカトリオw本当にあの3人の掛け合い面白いです!
    いまウリエ、メィジルートが終わったのですが私もこちらのルートの方が楽しめました。ダンデビ本当に面白いですね♪( ´▽`)
    ローエンが推しとの事!
    最後にしようと思っているのでとても楽しみです。
    拙い文ですがいつも読んで頂き感謝感謝です。
    引き続き楽しんで参りますね(´∀`)!

タイトルとURLをコピーしました