Blackish House ←sideZ 感想【ネタバレON/OFF有】

乙女ゲーム

こんにちは、もちです。
今日は「Blackish House ←sideZ」の感想をお送りします。
sideAも十分神ゲーでしたが、個人的にはこのsideZの方が好きです!(*´ω`)

良いところ、悪いところなどはsideAの方に記載しましたので、今回は個別ルートの感想がメインになりますが、お付き合い頂ければ幸いです。

sideAの感想はこちら⇒Blackish House sideA→ 感想【ネタバレON/OFF有】

スポンサーリンク

sideAとの違いは?

攻略キャラクターとおすすめ攻略順

まず攻略キャラが違い、sideZでは以下の4名を攻略可能です。
前作の攻略キャラ達もしっかり登場し、サブキャラとしてストーリーを盛り上げてくれますよ。

攻略順は、悠翔君のみ攻略制限があり最後になります。
個人的にはセラ→那由多→乃亜→悠翔の順をおすすめします。

私は特に調べず乃亜先輩から行ってしまいましたが、あまりのクオリティに燃え尽きそうになったので、彼は後半に残すことをおすすめします。
乃亜先輩ルートはヤヴァイです。沼です(黙れ

有村 乃亜CV:広瀬裕也さん
阿久根 セラCV:蒼井翔太さん
結城 那由多CV:木村良平さん
桜坂 悠翔CV:寺島拓篤さん

SideAよりも話が重め

sideAと比べるとしんどい展開が多めなので、覚悟して挑んだ方が良いと思います。
公式さんいわくsideZの4人はそれぞれ、「シリアス・バイオレンス・ダンス・サスペンス」がテーマとのことです。

・・ダンスを除いて物騒な言葉が並びますね(´・ω・`)
誰がどれにあたるのか想像しながらプレイしてみるのも楽しいかもしれません(笑

個別ルート感想

有村 乃亜(CV:広瀬裕也さん)


続きを読む
シリアス担当。

乃亜先輩のルートは、正直いい雰囲気になっていても本音がなかなか見えないので、雛ちゃん遊ばれてるんじゃないかと内心ビクビクしながら進めていました(苦笑

1週目はバッドエンド確定ということで、辛いエンドを見た後に途中セーブデータをロードすると、あちこちに雛ちゃんの回想や乃亜先輩視点の場面が追加されているんですね。

ここで「ああ、この時はこう思っていたんだなー」と知る事ができる演出はすごいなと思いました。ビクビクしながら進めていたのは杞憂だったんだなと(笑

辛いお話でした、でしたが!
終盤で乃亜先輩が絞り出すように言った「助けて…」と、先輩達に初めて見せた生きたいという本音が心から離れません。

その流れから手術に失敗するバッドエンドは本当にきつかったです…!が、そこを乗り越えてのグッドエンドで乃亜先輩と雛ちゃんには幸せになって欲しいなと思いました…!

辛い場面が多くなってしまいましたが笑える場面もちゃんとたくさんありまして!
南の島で4人で生活している場面は本当に楽しそうでもうずっとそこに居ればいいよ!と思ったり、乃亜先輩と姫崎先輩によるスパルタ勉強会は声に出して笑いましたw
「雛ちゃんはおバカさんなのかな?頭空っぽなのかな〜?」とか穏やかなのに言っている事が辛辣だったりw

あとsideAで色々とアレだった姫崎先輩がすごく良い人に見えました…!(失礼
宇賀神先輩もですが乃亜先輩の事をとても大切に思ってるのが伝わってきましたね٩( ‘ω’ )و

毎回サブキャラの皆さんが本当に良い活躍をしてくれるので、どんどん好感度が上がっていきます( ´∀`)

ちょこっと感想のつもりが少し長くなってしまいました…!
本当は咲乃さんの事とかも書きたかったんですが(苦笑

あと乃亜先輩の薬を隠した犯人は本気で悠翔君だと思っていてすみませんでした…(オイ

阿久根 セラ(CV:蒼井翔太さん)


続きを読む
バイオレンス担当。

セラ君のルートも乃亜先輩とはまた別の方向で辛かったです。
スパクルの2人を除いてセラ君に関わる人達がクズすぎて・・

しかもクズを1人更生させたと思ったら新たなクズが出てくるとは・・!
本当渡る世間はクズばかりでしたよ!(クズとしか言ってない

セラ君はともかく素直じゃない上、過去の出来事から人を信用できないので確実に信頼を築きつつも、3歩進んで2歩下がる的な感じでなかなか精神面で恋愛に発展しないのが何とも言えず切なかったです(´・ω・`)

ただこれまでのどのルートよりもイチャイチャしていたような気がする!(殴
中盤以降、セラ君の素直じゃない所を見抜けるようになってきた雛ちゃんのセラ君への扱いが上手になってて笑いましたw

「ヤキモチですか?嬉しいです!」→「そんな訳ないでしょ!バーカ!///」みたいなやりとりが大変可愛らしかったです(*´∀`)

しかしクズ2を一言で撃退したアキト君は一体何者だったのか・・
怪我人が多い家と言っていたのでヤクザなのか(´・ω・`)と勝手に納得することにしました(笑

セラ君が最後にアイドルについて<心の中で語るシーンが印象的でした。
ファン達を笑顔にして自分達もファン達からキラキラしたものをもらっている、みたいな所が最初とは正反対の考え方になっていて、彼は成長したんだなと感慨深い気持ちになりました。

スパクルの3人がわいわい話しているシーンはとても面白かったですし、
セラ君のルートでは椎葉さん、円君が大活躍でしたね!特に椎葉さん本当にいい人でした。
が、私服変装用のあのゴーグル?サングラス?は無いと思いました\(^o^)/笑

ライブのシーンでOPの歌が流れていて改めて思ったのですが、AもZもOPがとても好きです。

結城 那由多(CV:木村良平さん)


続きを読む
ダンス担当。

まず那由多君が本当に可愛かったです!
言動も行動も可愛いくて先の2ルートですさんだ心が大変癒されました(笑

雛ちゃん、那由多君、悠翔君は孤児院で一緒に育った幼馴染で、中学を卒業してからは孤児院を出て3人ボロアパートで支え合いながら生活してきました。そのため他のアパートメンバーとは違い最初から仲良しでとても優しいです。

家族として育ってきた2人なので、眠れない那由多君に雛ちゃんが添い寝したりと、圧倒的に距離は近いのですが、当然なかなか恋愛には発展しません。
(尚、添い寝2日目にして速攻悠翔君にばれてて何か笑いました)

まず恋愛感情に気付くまでに時間がかかり、気付いてからも家族としての関係を壊してはいけない…といった葛藤が出て、前に進めない内に恋のライバル登場!でお互い他の人と付き合ってしまったりと、こじれにこじれて若干もどかしい展開でしたε-(´∀`; )

普段の私なら恋のライバルとかが出てくるときっとモヤモヤするのですが、しかしこのライバルポジションの羅々ちゃんがとてもいい子で…!那由多君に振り向いてもらおうと一生懸命な姿勢に好感が持てました。

一悶着もふた悶着もあったものの最後はハッピーエンド!だったのですが羅々ちゃんは少し可哀想だったなと思いました。
村社さん大勝利のバッドエンドはとてもおいしかったです!(オイ

全体的にサブキャラに助けられたルートだったなという感想です。
面白かったシーンも沢山あり書ききれないのですが、アパートの皆が(あの先輩達でさえも!)那由多君に優しくて!

グッドエンドのわいわい感や、何かと相談に乗ってくれるセラ君や円君に「ぶい」とか報告したり那由多君はとても可愛かったです(*´ー`*)

あと宇賀神先輩を宇賀神と呼び捨てにするギャップに、地味にびっくりしました(笑
アイスの棒があたりじゃなくてがっかりする先輩はかわいかったです\(^o^)/

あと文化祭のお化け屋敷で座敷童子担当の那由多君が円君・椎葉さん・セラ君から似合いすぎと言われてて確かに!と笑いました!

そしてお兄ちゃん役の悠翔君怖すぎましたw
那由多君のルートは先の2人と比べてかなり微糖でしたが、この2人はほっこりこれ位でいいなーと思いました。
何というかニコニコと静かに見守りたい可愛い2人でした。

桜坂 悠翔(CV:寺島拓篤さん)


続きを読む
サスペンス担当。

このルートでは最初の頃、雛ちゃんが他ルートに輪をかけて内気&ネガティブで驚きましたが、多分悠翔君のせいかなと思いながら進めてました(割とその通りだった

序盤、雛ちゃんが個性的すぎるアパートメンバーとうまくやって行ける気がせず、がっくりしてるんですが、このままでは行けないと勇気を出して皆を悠翔君の誕生日パーティに誘う事に。

しかしそのシーンでは皆の反応(冷やかしたり押し倒したり)に「これはない…」と辛い気持ちになってしまいました。
円君と椎葉さんは止めようとしてくれてた気がしますが、雛ちゃんトラウマになるよ…(´・ω・`)
正直全員ボコられても仕方ないレベルだと思いました(椎葉さん以外

このルートでは色々あって宇賀神先輩が雛ちゃんの演技の師匠になってくれるため出番がとても多いのですが優しい!
本当に優しい!
序盤から中盤にかけて、これは宇賀神先輩ルートなんじゃないかと錯覚してしまうレベルの素敵さでした(笑

しかしそんな宇賀神先輩に、雛ちゃんが取られてしまう事を恐れた悠翔君はじわじわ追い詰められていき、マジキチ女子倉科さんの暗躍もあり遂に爆発してしまいます・・

途中言い知れぬ恐怖を感じていましたが、彼は相当切羽詰まっていたんだなと後から思いました。
悠翔君には「いいお兄ちゃん」を演じるために負の感情を引き受けてくれる存在である悠海君というもう1人の人格がいました。
彼の欠点の???は、二重人格か共依存だったのかなと思います。

悠翔君が爆発して閉じこもってしまってからは、ずっと悠海君が出ている状態なのですが、悠翔君の気持ちをズバッと言ってくれるので序盤分からなくてモヤモヤしていた事がどんどん解消されていってスッキリしました。

悠海君は口では皆嫌いだ!とか言ってるんですが、言葉の端々から悠翔君や雛ちゃんが大切だというのが伝わってきてああ、いい子だなと思いました。

最後は消えてしまうのですが、最後まで2人を気遣っているのが伝わってきて心の隅でそっと生きててくれたらなぁ…と思ってしまいました。
彼自身が演劇の題材でもあるファントムのようだなと少し思いました。

恋人になってからの悠翔君はうじうじしてめんどくさい子で大変そうですが、雛ちゃんがぐいぐい行く子なのできっと幸せになってくれるでしょう(笑

しかし悠翔君の重い愛を見てしまうと、申し訳なさすぎて他のルートに行けない気持ちになってしまい、残していた全員分の後日談を微妙な気持ちになりながら回収する事となりましたε-(´∀`; )

全体感想としてはこんな感じですが宇賀神先輩と悠海君との修羅場や昼ドラ並みのバッドエンド3など見所満載でしたよ!(オイ

バッドエンド3について書かずにいられないのでこっそり書かせて頂きますが…(´・ω・`)

宇賀神先輩の告白を受け入れ悠翔君から離れる決意をした雛ちゃんは、共に更生プログラムを脱退しアパートを借りひっそり暮らす事に。社長は見逃してくれたのかなと思ってましたがそんな事はなかった!

契約通り圧力をかけられ芸能界で仕事はもらえず苦しい生活に…( ;´Д`)
そんな中声をかけてくれた人の力を借り、プロダクション会社を立ち上げた宇賀神先輩。

これが成功し2人は子供もでき、幸せに家庭を持ち暮らせていました。
しかしそんなある日買い物に出た雛ちゃんの前方から悠翔君が歩いてきて、雛ちゃんはお腹をザックリ刺されてしまいます((((;゚Д゚)))))))

その後雛ちゃんは命を奪われてしまったのか、攫われてしまったのかは分かりませんが、居場所がバレていたことにもその執念にもヒィィ!となるバッドエンドでした。
ヤンデレ好きな私も真っ青ですよ(
やっと幸せを掴めた宇賀神先輩の事を思うと辛いですね…(´・ω・`)

まとめ

エピローグでは最後の一枚絵でとても幸せな気持ちになりました!
そしてクリア後のおまけインタビューでは爆笑してしまいました。・゚・(ノ∀`)・゚・。

好きなキャラは皆ですが1番は悠翔君です!この作品は彼のための話だなと感じました。

実は私は普段ファンタジーな作品を遊ぶことが多いので、現代を舞台とした本作が楽しめるか不安だったのですが、そんな心配は全くの杞憂で『Blackish House』本当にいい作品でした!

思わず関連CDまで聴きたくなってしまいました・・!笑
迷っている方がいたら迷わず手に取って頂きたい作品です。

本日もお付き合い下さりありがとうございました。

感想記事を書いておいてアレですが、現在sideZはsideAより更に入手困難のようですね・・(´・ω・`)
良い作品なのに本当に勿体無いです。移植は難しくてもせめて再販がありますように。

↓ランキングに参加しているのでよろしければポチッと応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村
ゆるっとTwitterに生息しているので、お声がけ頂けると飛んで喜びます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました