ハートの国のアリスシリーズはどれからプレイしたらいい?簡単な解説と作品紹介【Quinrose】

乙女ゲーム

こんにちは、もちです!
オトメイトパーティーで「スペードの国のアリス」が発表されたことで、アリスシリーズに興味を持たれた方も多いかなと思います。

Twitterで「プレイしたいけど、沢山出ていてどれからプレイしたらいいか分からない」というお声をちらほらお聞きするので、今日は発売された順やそれぞれの作品の簡単な紹介などを書かせて頂きたいと思います。

アリスシリーズは個人的に大好きな作品なので、プレイ検討中の方の参考になれば幸いです。:.゚ヽ(´∀`。)ノ゚.:。 ゜

スポンサーリンク

作品紹介

アリスシリーズとは?

Quinroseさんの看板作品。
不思議の国のアリスを題材にしながらも、「銃弾飛び交うワンダーランド」という物騒な世界観が魅力です。

・個人的に好きなポイント
何でもありのハチャメチャ具合と、主人公アリスのひねくれた性格が個人的にツボです(*´∀`)
ただ流血・暴力シーンが多々あり、糖度は高さ(むしろエロい)に好みが分かれそうかなと思います。

・個人的に残念なポイント
ロゼさん作品全般に言われることですが、文章が若干回りくどく、声優さんから「1行で済むことを3行くらい使って言っている」といったコメントを頂く程です。

あと重要なポイントですが、不思議の国ではちょくちょく地殻変動(引越し)が起こって住民が変わるので、作品ごとに攻略できるキャラクターが異なります。

・まとめ
ハマる人はものすごくハマるけど合わない人にはとことん合わないような、好みがはっきり分かれそうな作品です。

どれからプレイしたらいい?おすすめプレイ順

ずばり発売順に以下の通りです!
ある程度ストーリーが繋がっているので、途中からプレイするのは推奨しません。
とりあえず「ハートの国のアリス」をプレイしてみて楽しければ、続編を遊んでみると良いかもしれません。

① ハートの国のアリス ~Wonderful Wonder World~

② クローバーの国のアリス ~Wonderful Wonder World~

③ ジョーカーの国のアリス ~Wonderful Wonder World~

④ おもちゃ箱の国のアリス ~Wonderful Wonder World~

⑤ ダイヤの国のアリス ~Wonderful Wonder(Mirror) World~ ←2作品あるので両方

⑥ ハートの国のアリス ~Wonderful Twin World~

時系列的には以下のようになっています。

作品名 (古→新)
ハートクローバージョーカーダイヤ
 (おもちゃ箱) 
ハート(Twin)

おすすめの機種や簡単な内容については「アリスシリーズ紹介」の項で解説させて頂きますね。

!注意点!

アリスシリーズを遊ぶにあたっては一つ大きな注意点があります。
制作会社さんが倒産したことによりゲームソフトの供給が途絶え、全体的に高価であることです。

現時点では新品で入手することは難しいので、入手する際は「駿河屋」さんなどの中古ゲームショップ、フリマアプリなどを上手く活用されると良いかと思います。

アリスシリーズ紹介

以下発売順に記載します。

ダイヤの国のアリスは「wonder」と「Mirror」の二種類が発売されており、それぞれ攻略対象が異なります。ちょっと分かりづらいので注意が必要です。

ハートの国のアリス ~Wonderful Wonder World~

通称:ハトアリ
白ウサギのペーターによって不思議の国に連れて去られたアリスが、元の世界に戻るために奮闘するお話です。何度かリメイクされており、以下の3パターンが発売されています。

① ハートの国のアリス(PC,PS2,PSP)
1番最初に発売されたハトアリ。イラスト担当はひめりんごさん。
作業がすごく多い。

② ハートの国のアリス~アニバーサリーVer.(PC,PSP)
PC版はアニバーサリーの国のアリスというタイトルです。
①に大幅にイベントを追加した作品ですが、やっぱり作業が多い。

③ 新装版ハートの国のアリス(PSP,Vita)
イラスト担当は藤丸豆ノ介さん。
②から作業を撤廃し、ノベルゲーム形式にしたもの。

PC、PSP、Vitaなど色々なハードで発売されていますが、作業量の関係で今からプレイするなら「新装版ハートの国のアリス」一択です。

但しVita版は入手困難でものすごく高価なので、できればPSP版をおすすめします。

攻略キャラ

所属キャラクター名声優さん
帽子屋屋敷ブラッド=デュプレ(CV:小西克幸)
エリオット=マーチ(CV:最上嗣生)
トゥイードル=ディー・トゥイードル=ダム(CV:福山潤)
ハートの城ビバルディ(CV:甲斐田裕子)
ペーター=ホワイト(CV:宮田幸季)
エース(CV:平川大輔)
時計塔ユリウス=モンレー(CV:子安武人
遊園地メリー=ゴーランド(CV:堀内賢雄)
ボリス=エレイ(CV:杉山紀彰)
???ナイトメア=ゴットシャルク(CV:杉田智和)

作業について

最新作付近は物語を読み進めるノベルゲーム形式ですが、昔は「訪問形式」でした。

具体的には全200ターンほどのターン制になっています。
1ターン内で3回「朝」「昼」「夜」いずれかの時間帯が訪れ、誰に会いに行くかを選択し、選んだ相手の好感度が上昇します。

何度か会いに行き、一定の好感度が貯まるとイベントが発生します。
つまり恋愛イベントを進めるためには延々と、相手を選択→同じ会話を聞く→相手を選t(略 という作業を繰り返す必要があるんですね。

特定の時間帯にしか発生しないイベントも多いのですが、ハートの国は朝昼夜がめちゃくちゃに訪れるので、毎ターンにどの時間帯が来るかはランダムです。そのため思い通りに進められないこともしばしば。

更に攻略キャラ以外の好感度を上げる必要もあったりと、調整が大変です。
この流れを人数分+αこなすことになるという鬼畜さ大変さが伝われば幸いです・・

クローバーの国のアリス ~Wonderful Wonder World~

通称:クロアリ
ハートの国のアリスの続編。
アリスが前作で誰とも恋愛関係にならないまま不思議の国に留まったという設定でスタートします。

ハートの国に地殻変動が起こり、遊園地と時計塔が消失し、新しく森とクローバーの塔が出現。
その関係で、ゴーランドとユリウスが攻略不可になり、新しくピアスとグレイが追加されました。

以下の2パターンが発売されています。

① クローバーの国のアリス(PC,PS2,PSP)
イラスト担当はひめりんごさん。
訪問形式なので作業あり。

② 新装版クローバーの国のアリス(PSP)
イラスト担当は藤丸豆ノ介さん。
ハートと違い新装版はVitaでは発売されていません。

 システム的には作業の少ない新装版クロアリをおすすめしたいところですが、めちゃくちゃ高騰しているのでちょっと現実的ではありませんね(´・ω・`)

ということで、遊ぶならば作業は多いですが①のPSP版がおすすめかなと思います。
PC版はスチルコンプ不可・パソコン破壊バグがあるのでやめましょう(怖い

攻略キャラ

所属キャラクター名声優さん
帽子屋屋敷ブラッド=デュプレ(CV:小西克幸)
エリオット=マーチ(CV:最上嗣生)
トゥイードル=ディー・トゥイードル=ダム(CV:福山潤)
ハートの城ビバルディ(CV:甲斐田裕子)
ペーター=ホワイト(CV:宮田幸季)
エース(CV:平川大輔)
ボリス=エレイ(CV:杉山紀彰)
ピアス=ヴィリエ(CV:保志総一朗)
クローバーの塔ナイトメア=ゴットシャルク(CV:杉田智和)
グレイ=リングマーク(CV:中井和哉)

ジョーカーの国のアリス ~Wonderful Wonder World~

通称:ジョカアリ
クローバーの国のアリスの続編で、全員と親しい状態からスタートします。
不思議の国にジョーカー率いるサーカスと共に四季(エイプリル・シーズン)が訪れます。

クロアリで不在だったユリウスとゴーランドが復活したのが嬉しいところです(*´∀`)

作業あり。
しかも、他の領土を訪問するためには、真ん中にあるジョーカーさんのところでミニゲームに勝つ必要があり、少々作業が面倒になっていますw

本作は移植されておらず、イラスト担当ひめりんごさんのPC版とPSP版のみ発売されています。
PC版はバグが多く、認証コードがないとプレイできないという話も聞きますので、プレイするならPSP版が良いでしょう。

ジョーカーさんは今後の作品にも大きく関わってくるので、プレイしておくことをおすすめします。

攻略キャラ

所属キャラクター名声優さん
帽子屋屋敷ブラッド=デュプレ(CV:小西克幸)
エリオット=マーチ(CV:最上嗣生)
トゥイードル=ディー・トゥイードル=ダム(CV:福山潤)
ハートの城ビバルディ(CV:甲斐田裕子)
ペーター=ホワイト(CV:宮田幸季)
エース(CV:平川大輔)
遊園地メリー=ゴーランド(CV:堀内賢雄)
ボリス=エレイ(CV:杉山紀彰)
ピアス=ヴィリエ(CV:保志総一朗)
クローバーの塔ナイトメア=ゴットシャルク(CV:杉田智和)
グレイ=リングマーク(CV:中井和哉)
ユリウス=モンレー(CV:子安武人)
サーカスの森ジョーカー(CV:石田彰)

おもちゃ箱の国のアリス ~Wonderful Wonder World~

通称:箱アリ
ジョーカーの国のアリスを舞台としたIFシナリオと、ロゼさんの別作品である「魔法使いとご主人様」を舞台とした学園パロディが楽しめるファンディスクです。

私は魔法使いとご主人様未プレイですが、普通に楽しめました。
主に学園パロディの方の記憶が強いのですが、ほんわかパロと見せかけて地雷を投下してくるエンドが用意されていたりするので、シリーズがお好きなら是非プレイされることをおすすめします(笑

本作は移植されておらず、イラスト担当ひめりんごさんのPSP版のみ発売されています。

攻略キャラ

所属キャラクター名声優さん
帽子屋屋敷ブラッド=デュプレ(CV:小西克幸)
エリオット=マーチ(CV:最上嗣生)
トゥイードル=ディー・トゥイードル=ダム(CV:福山潤)
ハートの城ビバルディ(CV:甲斐田裕子)
ペーター=ホワイト(CV:宮田幸季)
エース(CV:平川大輔)
遊園地メリー=ゴーランド(CV:堀内賢雄)
ボリス=エレイ(CV:杉山紀彰)
ピアス=ヴィリエ(CV:保志総一朗)
クローバーの塔ナイトメア=ゴットシャルク(CV:杉田智和)
グレイ=リングマーク(CV:中井和哉)
ユリウス=モンレー(CV:子安武人)
サーカスの森ジョーカー(CV:石田彰)

ダイヤの国のアリス ~Wonderful Wonder World~

通称:ダイアリ

前作から突然ダイヤの国に飛ばされたアリス。
これまでは住民達とある程度親しい状態からのスタートでしたが、ダイヤの国ではなぜか皆がアリスを知らない状態でスタートするので、手厳しい扱いを受けることも。

ダイヤの国のアリスは「Wonder」と「Mirror」の2種類が発売されており、登場キャラは同じですが、メインとなる攻略対象や設定が若干異なります。(容量の関係で2つに分けたとのことでした)

キャラクターの過去に焦点を当てた、ややシリアスな物語が楽しめます。
個人的にかなり衝撃的な展開もありました。

本作からイラスト担当が藤丸豆ノ介さんに変更されました。PSP版のみ発売されています。

メインの攻略キャラ

所属キャラクター名声優さん
帽子屋屋敷ブラッド=デュプレ(CV:小西克幸)
エリオット=マーチ(CV:最上嗣生)
トゥイードル=ディー・トゥイードル=ダム(CV:福山潤)
ダイヤの城シドニー=ブラック(CV:鳥海浩輔)
墓守領ジェリコ=バミューダ(CV:小山力也)

ダイヤの国のアリス ~Wonderful Mirror World~

通称:ミラアリ

前述の通り、ダイアリと舞台は同じですが、メインとなる攻略対象・キャラクター設定が異なります。
細かい点はダイアリの方に記載させて頂いたので省略させて頂きますが、どちらからプレイしてもOKです。

ちなみにメインとなる攻略キャラクター以外のエンディングも多数存在します(*´∀`)

メインの攻略キャラ

所属キャラクター名声優さん
ボリス=エレイ(CV:杉山紀彰)
ナイトメア=ゴットシャルク(CV:杉田智和)
グレイ=リングマーク(CV:中井和哉)
ダイヤの城エース(CV:平川大輔)
墓守領ユリウス=モンレー(CV:子安武人)

ハートの国のアリス ~Wonderful Twin World~

通称:ツイアリ
タイトルは「ハートの国のアリス」ですが、よく見るとサブタイトルが「Wonderful Twin World」となっており、別作品です。

これまでありそうでなかった、アリスと攻略キャラクターが恋人になった後の話を描いたいわゆるファンディスクです。

「ハートの国のアリス」の続編にあたりますが、いつの間にか帽子屋屋敷に謎の双子がいたり、住民をおかしくする嵐が吹き荒れたりと波乱の展開が楽しめます。

甘さは申し分ないのですが、謎を散りばめつつも話がしっかり完結しておらず、プレイしながら若干モヤモヤした記憶があります(笑
次回スペードに期待ですね(´・ω・`)

攻略キャラ

所属キャラクター名声優さん
帽子屋屋敷ブラッド=デュプレ(CV:小西克幸)
エリオット=マーチ(CV:最上嗣生)
ハンプティ・ダンプティ(CV:岡本信彦
ハートの城ビバルディ(CV:甲斐田裕子)
ペーター=ホワイト(CV:宮田幸季)
エース(CV:平川大輔)
時計塔ユリウス=モンレー(CV:子安武人
遊園地メリー=ゴーランド(CV:堀内賢雄)
ボリス=エレイ(CV:杉山紀彰)
???ナイトメア=ゴットシャルク(CV:杉田智和)

まとめ

ざざっと書きましたがこんなところでしょうか。
違うわ!というところがありましたら本当に申し訳ありません。ご指摘頂ければ嬉しく思います(´・ω・`)

本日もお付き合い下さりありがとうございました!

↓ランキングに参加しているのでよろしければポチッと応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村
ゆるっとTwitterに生息しているので、お声がけ頂けると飛んで喜びます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました