徒花異譚 ちょこっと感想【ネタバレON/OFF有】

一般ゲーム

こんにちは、もちです!

今日は『徒花異譚』をプレイした感想を、作品紹介 → 本編感想 → 作品へ一言 → 総評 → まとめの順に書いて行きたいと思います。

・ネタバレを含む部分は、「続きを読む」ボタンでワンクッション置かせて頂きます。

本日もよろしくお願い致します。

スポンサーリンク

作品紹介

徒花異譚とは?

OPムービーなど

『徒花異譚』(あだばないたん)はライアーソフトさん制作の全年齢対象ノベルゲームです。

記憶喪失の白姫と相棒の黒筆が、歪んでしまった童話の世界を正すために旅をする物語。

独特なタッチで描かれるビジュアルがとにかく美しくて迫力があり…最高でした!

10時間程でフルコンプできるコンパクトさですが、スチルやイラストの多さと凝った演出に感動しっぱなしでした。

シナリオの方は割と鬱々しているので好みが分かれそうかなと思います。

エンディングの種類と見る順番のおすすめ

エンドは2つ+バッドエンドの3種類。

選択肢次第でエンドに至るまでの展開も大きく変わるため、最初にどちらを見たかで作品の印象も変わりそうです。

↓ おすすめ順はエンディング名を含むので一応伏せます。

続きを読む

エンディング名は夢エンドと現エンド。
現がTrueエンドにあたるので夢→現の順で見ることをおすすめします。

対応機種について

遊べる媒体はSwitch(ダウンロード版のみ)、Steam、スマホアプリ版が存在するほか、サウンドトラックの初回盤にPC版のディスクが付属しています。

価格はどの媒体でも大体1,800円位です。

私は最初サントラ初回盤を購入したのですが、遊びやすさからアプリ版をダウンロードし直しました。
やはり手元で遊びたい時に気軽に遊べるのは良いですね。

ストーリー概要

少女が気づくと、そこはどことも知れない暗い森の中だった。突如として現れた怪物に襲われた彼女は、筆を刀のように操ってものを斬る、謎の少年に救われる。

彼は「黒筆」(くろふで)と名乗り、慣れた声音で少女を「白姫」(しろひめ)と呼んだ。
しかし少女には、少年の顔にも呼ばれた名にも覚えはない。
というのも、彼女の頭からはすべての記憶が失われていたからだ。

黒筆いわく、ここは絵草子の中の世界である「徒花郷」(あだばなきょう)。
ありとあらゆる「おはなし」は、夢と同じように、どれほど深く溺れていても、覚めてしまえば何も残らない。
故にこの世界は、徒花──咲いても実を結ばない花に喩えて名づけられたのだという。
そしてふたりの役目は、ここにあるお伽話の世界を渡り歩き、話の筋に歪みが生まれていないかを見張ることらしい。

操り人形のように頼りない風情の白姫は、言われるがまま、手渡された一冊を開いた。
表題は――「花さかじいさん」。
虫食いが進み、朽ちる寸前のようなその絵草子が開かれると、紙面から眩い光が放たれ、少年少女はお伽話の世界へと連れ去られていった――。

引用元:https://adabanaitan.com/

レビューをチェック

本編感想 (ネタバレON/OFFボタンあり)

※ がっつりネタバレを含みますので、プレイされる予定の方はご注意下さい。

続きを読む

最初に見たエンドは夢エンドでした。

最初の頃は歪んだおとぎ話の世界を正しい形に戻すお話だと信じ切っていたので、花咲か爺さんが終わった時点で「アレ?」となりました。

実は夢ルートでは徒花荒らしになってしまった童話の登場人物達を救えないんですよね…

そのまま毎回バッドエンド的な終わりを迎えるので、何となく憂鬱な気持ちで進めていました。

次の浦島太郎でもしやこれは冒険譚ではないのでは?と気付き、何がなんだか分からないながらも瓜子姫で確信に変わりました。

じわじわと「こうなんじゃないか?」と予想させて、その次の桃太郎で全て明らかになる流れが上手いなー!と思いました。

これまで分からなかったことが一気に分かり、点と点が繋がる爽快感がすごい。

このお話は現実世界で病に苦しみ死の間際にいる白姫が思い描いた、空想の世界でのお話だったんですね…

モデルは昔黒筆と2人で作り上げた「徒花郷」のお話で、白姫が記憶喪失なのも黒筆が筆で戦うのも2人が考えた設定でした。

それでも逃れられない死への恐怖が徒花荒らしとなり、物語を歪めていたんですね。

現実の黒筆(書生さん)は彼女の看病をしながら、苦しみを和らげるために、隣で物語を紡ぎ続けていました。

その内に「彼女はこのまま夢の中で生きた方が幸せなんじゃないか」と考えるのですが、本当は目を覚まして自分を見てほしいと願う姿が切なくて…

夢エンドの終わりで書生さんが静かに涙を流すシーンを見て、これは絶対現エンドを迎えなくては…という使命感に燃えました。

現実でも夢でも懸命に白姫を守ろうとする黒筆の姿にぐっと来ました。

2周目を現ルートでプレイ開始した際、あまりのハッピーエンド感に驚きました…!
こっちはちゃんと御伽噺を正しい終わりに導いてる!と(笑

そして現エンドはこれ以上なく幸せな終わりを迎えて本当に良かった…

現実に戻ろうとする白姫が病気に苦しむくだりは見ていて辛くなりましたが、花咲か爺さんが助けに来てくれた時は泣きそうになりました。

家庭教師の先生は2人の時間を作ってくれた恩人ですし、姉思いの妹、同志のような婚約者にと白姫は本当に周りの方に恵まれていると思います。

そして現実で書生さんと再会できた時の感動といったら。

面白かった…
あの後長く生きられて、2人が幸せになってくれて本当に良かった…
といつまでも呟き続けられそうです(オイ

これは絶対に夢→現エンドの順に見るのがおすすめですね。

クリア後におまけから読める「徒花異譚・現」がストーリーをめちゃくちゃ細かくおさらいしてくれて分かりやすいのもGOODでした。

***

かなり余談ですが、私もかなりの妄想家なので、ここの文章に「分かるなぁ・・!」とものすごく共感しました。

理不尽な展開にお助けキャラを用意してみたり、好きなRPGの世界を自作キャラクターで冒険したりとか子供の頃しませんでしたか‥?(聞くな

思わずスクショを撮ってしまいました。

作品へ一言

・面白い!!
・真相が気になる系のお話
・最初の内は分からないことが多すぎて「??」という感じ。
・進めるごとに頭に?が増えていくと思いますが、是非ともそのまま進めて欲しい
・恋愛要素あり。
乙女ゲームでは無いので当然恋愛メインではありませんが、主役2人の関係が尊い。

総評

ストーリー  : 4 out of 5 stars (4 / 5)
グラフィック : 5 out of 5 stars (5 / 5)
音楽     : 4.5 out of 5 stars (4.5 / 5)

システム   : 3 out of 5 stars (3 / 5) 欲を言えば選択肢ジャンプが欲しかった。
ボリューム  : 4 out of 5 stars (4 / 5)

総合評価   : 4.2 out of 5 stars (4.2 / 5)

まとめ

最後に

余談ですが最初の頃、歪んだ童話の物語を正すというストーリーを聞いて、「月光条例?」と思ったのですが全然違いました(当たり前だ

月光条例:藤田和日郎先生の漫画 … 青い月の光でおかしくなった童話の世界を正すお話)

ライアーソフトさんの作品は初めてプレイしたのですが、これを機に気になっている他の作品も遊んでみたくなりました。

まずは購入したままになっている紫影のソナーニルと漆黒のシャルノス、それと同じイラストレーターさんのフェアリーテイル・シンフォニーが気になっています。

まだまだ遊びたい作品が沢山ある幸せですね…!

簡単にではありますが徒花異譚の感想でした。
本日もお付き合い下さりありがとうございました!

↓ランキングに参加しているのでよろしければポチッと応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村
ゆるっとTwitterに生息しているので、お声がけ頂けると飛んで喜びます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました